60歳の時、70歳の時、80歳の時に出来る仕事を考える - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

work for life

歳は必ず取っていく。今、私は60歳。60歳から70歳までにどのような仕事が出来るかを考えて準備している。70歳になったら、80歳までにやれる仕事があるかを考え実行する。80歳になったら、長生きするための仕事を考え実行する。

10年ごとにやれる仕事が変ってくる!

60歳から65歳までは、何とか雇用にありつける可能性が高い。政府が会社に義務付けをしているからだ。体力もあり、まだ、社会について行ける年齢だ。

65歳から70歳までは、パートタイムやアルバイト、幸運であれば、派遣労働者として働ける可能性がある。政府からの後押しはないので自分で探すしかない。

70歳以降は、全て自分でお金を稼ぐ手立てを考えるしかない。

年齢で制限がなく働けるようにするには、自営業者になるしかない。自営業を始めるならば、60歳代頃から始めるべきだろう。ビジネスを自分で作るのは、試行錯誤と時間がかかるからだ。最初から上手くいかない。

しかし、

上手く自営業者としてお金を稼げるようになれば、年齢による制限が自分次第となる。自分でリスクが取れるからだ。

元会社員の思考で65歳以降も雇われ続けると思っているならば、それは甘い現実となる。雇われ続けるには、ちゃんとしたその理由が必要だ。あなたの経験や知識が無いとその会社が上手く回らないとか。

社会の目やシニアへの期待感は、年齢ごとに違ってくる。雇用主は、いつまでも60歳としてあなたを見ていない。年齢から来る健康や体力、そして、時代への適応などで問題が起きると見ている。雇われている人は、雇用主が出来る事を代わりにやってもらうためにいる。それが出来なくなるのではという不安が雇用主にはある。ならば、若い人を雇った方が良いと考える。

60歳から65歳までは、自営を計画しながら雇用先を探し自営のための資金を蓄える。65歳になったら、自営のための試行錯誤を週末ビジネスとして実験する。その間は、パートタイマーやアルバイトで日銭を稼ぐ。70歳になる事には、自営ビジネスが上手く立ち上がっている。

失敗しても、挑戦し続けるしかない。70歳のシニアを雇う会社はない。自分で自分を雇うしかオプションがないからだ。人生70年以上も人間をしてきたならば、それまでの英知を使って自分の生活を維持する冒険をしても良いのではないか。他界するのが先か、生き続けるのが先かの選択しかない。

今、新しい仕事が見つかって働き始めても数年先は元の木阿弥になっている可能性が高い。歳を取れば取るほど再雇用の道は細く険しくなる。それが現実であり、避けられない。そうであれば、他人に頼るのではなく自分に頼る道を開拓するしかない。