スターバックス無料Wi-Fiの制限を回避するには(ノマドワーカー向け) - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

star Bucks wifi

シニアノマドの私は、横浜のスターバックスを活用して仕事をインターネットでしている。スターバックスの良さは、禁煙である。長居しても追い出されない。電源が無料で提供される。お代りのコーヒーが108円で頂ける。そして、無料Wifiサービスがある。

無料WiFiに制限がある

「接続制限があります」というメッセージが出始めるとスターバックスの無料WiFiは使えなくなる。その兆候としてアクセスが止まってしまう。最近までStarbucksで無料WiFiを使うには、サイトで登録が必要であった。メールアドレスとパスワードを登録するという手順になっていたが2016年10月26に以降は、利用規約への同意だけで使えるようになっている。インターネットへの接続ボタンを押してログインしないと無料WiFiは使えない。

スターバックス店でログインして無料WiFiを使うと無料WiFiサービス側で利用ユーザーの利用時間を記録し始める。接続制限が1時間になっている。

登録ユーザー単位である一定の利用時間を越えると自動的に制限がかかるように設定にしているのでノマドユーザーや長時間利用する利用客は、スターバックスで無料WiFiが1時間しか使えなくなる

私は、この変更に伴いWi2の有料サービスを利用している。BIC SIM(3G bytes)を購入してWi2(ワイツー) 300の有料公衆無線LANサービスを無料で使っている。BIC SIMは、モバイルルーターに差し込んでカフェでない場所で使うので利便性が良い。

いづれにしても今後は公衆無線LANサービスに制限が生まれて無料という形が増えてくる。7SPOTの無料公衆無線LANも1時間しかつけない。長時間使用する利用者を排除して多くの利用者に使ってもらおうという方針だ。

スターバックスの常連者で仕事場として使っているノマドワーカーであるならば、もう無料で公衆無線LANを使うのを止めてちゃんとお金を支払って暗号化されたサービスを使う時期になった。