65歳からの仕事探しと起業(個人事業主として)はリスクが少ない - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

new era

今年65歳になる高齢者は、国民年金を受け取れる年齢になる。既に、厚生年金を受け取っている方は、国民年金が上乗せされる。その意味合いで働かなくてもお金が年金として降ってくる。

65歳の老人は、仕事を探す上でもビジネスを始める上でも精神的に余裕がある。年金という最低収入が確保されているからだ。その金額が少ないか、多いかは個人差がある。多くの老人は、働いて生活費を稼がなければならない状態かもしれない。 

自分の仕事がある=生活ができる

私の知人に65歳になる事を心待ちにしていた方がいる。厚生年金と国民年金で経済的に生活ができる金額を受け取られると言う。60歳から65歳までパートやアルバイトをして厚生年金で満たされない生活費を稼いでいた。それが、国民年金の受け取れる年齢になって働かねばならないというストレスから解放されたという。

最近、この方と会って話を聞いた。65歳になって生活は変わりましたかと?

表面上は、好きな事を自分で組み立てて毎日を暮らしていると言っているが、何か物足りない表情をしていた。生活のリズムでコアになる時間の使い方がないからだと感じた。

パートやアルバイトをしていたときは、働くというコアがあった。それが生活のリズムの大部分を占めていた。その部分がなくなったことで大きな空間ができてしまったのだ。その穴を埋めるものがないため、生活の張りがないようだ。年金のおかげで経済的に安心して生活ができるようになったが、精神的に新しい生活のリズムを作れていないと言う印象だ。

私は彼にこんな助言をした。

定期的に外で仕事やボランティア活動をする生活のリズムに組み替えた方が良いよと。生活の上でお金に困っていないならば、生活のコアな時間を作れる定期的な活動が必要ではないかと。

過去に起業で上手く行かなかった経験がある方であるのだが、もう一度挑戦して見てはどうかと話をした。起業は、失敗することで成功に近づくからだ。今なら、生活費で困っていないので余裕を持って小さな起業に挑戦できる。個人事業主であれば、税務署に申請書1枚を提出するだけだ。登録料金もいらない。

これを株式会社とか合同会社などの組織にすると金銭的な負担がぐっと増える。ビジネス以外にお金が自動的に出て行ってしまう。65歳からは大きなビジネスを狙うのではなく、小さなビジネス(ニッチビジネス)でお金を稼ぎ、毎日の生活で張りを取り戻す。

65歳ならば、あと5年ぐらいパートやアルバイトの口があるだろう。パートやアルバイトをしながら個人事業主として始められる小さなビジネスを企画する。70歳を過ぎれば、パートもアルバイトも難しくなる。

個人事業主として自分の仕事を持てば、残った人生に生活の張りが生まれる。これが一番重要なのだ。生活費を稼ぐにしても、生活の張りを取り戻すにしても仕事を持って社会で動き回る事で生き生きした生活が作れるようになる。

引退なんて考えないことだ。年金をもらい始めたら、それが自由な世界に飛び込むための切符になる。

私の友人でビジネスに成功してアーリーリタイアメント(Early Retirement)早期引退した若者がいる、1年間ハワイで毎日サーフィンをする生活をしていたそうだ。好きな事を好きなだけお金に困らない生活をハワイのリゾート地でしていた。そんな彼が、1年後に仕事をくれ!と帰国した。

人生に挑戦がない生活は、人間の寿命を縮めるし生きがいをも失う。65歳からやってみたいことに挑戦できる。お金のためにやるのではなく、自分が心から求めていた事をやる。