老人は自分の居場所を1つ見つけると良い! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

friday

さまよい歩く高齢者が大勢いる。横浜の街中でシニアを見かける。観察しているとあてども無くゆっくりと捜しながら歩いている様子がうかがえる。今日の自分の居場所を探しているようだ。一人寂しく自宅にいるのは耐えられない。そんな老人が外の世界に自分の居場所を探す。

行きつけの居酒屋が夜の居場所ならば、昼はどこだ?

女性の老人が行く場所は決まっている。大手のデパートである。デパートには、階段の近くに休息場がある。朝、10時開店の正面入り口に大勢の老人が待っている。そのほとんどがお婆さんたちだ。お婆さんたちは、いつも自分が座って休めるイスを探す。イスに座ったら、その日の生活が始まる。

イスに座って行き交いするお客の姿を眺めている。時には、雑誌を読んだり、編み物をしたりする。お婆さんにとってデパートの休憩場所は、自宅以外の生活の場所である。人の往来を見ていると寂しさが紛れる。同じような真理で独り者のお爺さんもデパートの休憩場所を利用する。

デパートの休憩場所は、老人たちの居場所になっている。

一日中デパートに入られない。変化を求めてCafeに行く。横浜駅近くには、沢山のCafeがある。スターバックス、ドトールコーヒー、シャノアール、プロントなどのチェーン店から個人経営の喫茶店まで。多くのご老人たちは、値段が安いカフェに集まる。

朝9時前とランチタイム以外の時間帯は、老人たちがカフェの席を埋める。カフェにとって老人のお客さんは無視できなくなっている。カフェは、喉に潤いをもたらす。デパートで見る人たちとは違ってまた別の世界が楽しめる。米国でもヨーロッパでも退役した老人たちの集まる場所は、Cafeである。日本もそんな光景になっていく。

私は、シニアのノマドワーカーである。仕事をする場所はインターネットが繋がる場所であればどこでも良い。そのため、Cafeが私の仕事の場所になっている。スターバックスが定番のCafeだ。スターバックスにも私と違った理由でシニアが定期的にコーヒーを飲みにやって来る。パソコンを持って仕事はしていないシニアたちだ。

彼らは、いつもの席に座って1~2時間何もすることも無くコーヒーを飲みながら立ち去っていく。いつも同じ時間帯にやってくる。私もその時間帯にカフェで仕事をしているのでそれが分かる。彼らはCafeに立ち寄って一服するのが生活の一部になっているのだ。

私は自宅で仕事をしない。自宅で仕事をやり始めると孤独な世界に入る。家内からは目障りだ!と言われる。その2つの理由だけで無く外に出ることで色々な出来事を経験できるからだ。スタバでは、毎日会うアルバイトの店員が愛想良く話しかけてくれる。注文をする前に私の好みを知っているのでいつものコーヒーを出してくれる。私はお金を支払うだけだ。

お金を使いたくない老人は、公共の施設、図書館に行く。図書館では、新聞や雑誌を読んで昼寝する。その光景は、貴重な時間を無駄に使っているという光景だ。私の価値観では、一言、もったいない!だ。まだ健康で働こうと思えば社会で働ける年齢の人が多い。

私は仕事をすることで自分の居場所を作っている。自分が好む場所を選べる。それが良い。

自分の居場所は、探せば見つかるし、目的があれば自然と作れる。NPO団体に参加すれば、定期的に団体組織の中に身を置ける。捜せば、自分の身を置く場所はある。捜さないで街中を歩くだけでは見つからない。犬や猫では無い。考える葦の人間である。

 生きる目的がある老人は、自ずと自分の居場所を見つけられるし、作れる。最終的には、生きる目的なのだろう。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。