好きな事でお金を稼ぎ、それを仕事にするための第一歩 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

into wood

会社という組織の呪縛から解かれた60歳代のシニア。君は自由だよ。何でもやって良いよと言われても何を始めて良いかが分からない。東芝やシャープの社員は、リストラで新しい仕事を探す状態にいる。何人かは、自分でビジネスを始める人もいるだろう。

どうせ、起業するならば好きな事でお金を稼ぎたい!そう思うのは、私だけではないだろう。

起業は簡単ではないが、第一歩はアイデアを第三者にぶつけることだ!

会社設立は誰にでも出来る。お金を払えば、3週間以内に会社は登記される。それが起業とは言わない。起業は、お金を稼ぐビジネスが走っていることが大前提だ。

他人のビジネスを真似して始めるビジネスは失敗する。お金を稼ぎたいという思いだけで始めるからだ。お金を稼ぐ前にその仕事が好きでなければならない。この要素は、起業する上で最も重要な要素だ。お金を稼ぐのは、その後から付いてくる。ここでボタンの掛け違いが起こる。

転職が難しいシニアは自営業を始めるしか道はない。時間的に余裕が必要だ。

やりたい事があるならば、まず、やりたい事でお金が稼げる機会があるかどうか検討してみる。一人で考えてもビジネスモデルは思い付かないかもしれない。そんな時は、自分が思っているビジネスを第三者に話して助言を求めた方が良い。第三者に話すことで色々なアイデアが相手から頂ける。

自分で話している最中に自分が素晴らしいアイデアを話している場合がある。アイデアは誰かにぶつけてはじけて洗練される

相談した相手がコメントする内容は、あくまでも参考でしかない。重要なことは、相談している最中にアイデアを発展させることだ。アイデアのブラッシュアップを相談者と一緒にする!これが、好きな事でビジネスを始める第一歩である。

ビジネスを始めるうえで最低限必要なものは、

  • 好きな事で始めるビジネスアイデア
  • 1年間売り上げが無くても活動できる運転資金(資本金)
  • 上手く行かなかった時期に直ぐに撤退する勇気(傷を負う前に仕切り直しをするため)

私は、ビジネスモデルを作ることが好きだ。作っては、インターネットでテストマーケティングしている。ビジネスモデルに関して助言するサービスもしている。好きだから助言ができる。ビジネスは自分の足元に落ちている。落ちているのだが、目に見えていない。

これがビジネスになるとは思わなかったというビジネスが多い。常識を疑うからそこにビジネスチャンスがある。誰もやったことがないからだ。競争が激しい市場でビジネスを展開するのはチャンスがない。競争がない新しい市場で自分だけの努力で市場を開拓するほうがチャンスがある。

好きな事でビジネスアイデアを作ることだ。それを第三者にぶつけてアイデアのブラッシュアップをする。ビジネスのアイデア基盤はここから始まる。