シニア起業は65歳になる前に! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

私は、51歳の時に起業した。62歳の今、51歳の時に起業していて良かったと思っている。これが65歳以降であったら、躊躇するかもしれない。65歳以降に起業する高齢者も多いが、体あってのビジネスであるので体力、健康、そして、情熱が問われる。

もし、時間を戻れるならば私はきっと社会人生活を3年から5年経験した後に起業に挑戦するだろう。最初から成功すれば良いが、失敗してもかまない。むしろ、失敗経験から成功するコツを学べると思っている。

何故、65歳前がシニア起業で最適なのか?

一言でいって、「失敗しても再挑戦する時間が作れる」からだ。失敗か、成功かの判断は、ビジネスをスタートして1年目、2年目で分かってくる。多くのスタートアップは、運転資金がなくなって終りとなる。シニア起業家は、退職金の一部を運転資金にするため若い人たちよりもお金があり、赤字が少し続いても何とかやれる。

ただ、

65歳を過ぎる頃から年金受給が有り、多少、経済面で余裕が生まれ始める。人間は、尻に火がついていないと必死になれない性質がある。65歳前であるシニアは、年金を受給できない場合が多いので起業で売上を立てることに必死になる

65歳以上のシニア起業家には、年金というクッションが谷から落ちても置かれているので起業への本気度が和らいでしまうのだ。同時に老化による健康障害が体の所々に出始める。ビジネスを展開する上でのマイナス要因が表面化し始める。

年齢の若さは、シニアが起業する上で重要な要素だ。気力の面で65歳未満と65歳以上では明らかに違う。起業したての1年目は、誰もテンションが高い。気力もある。2年目、3年目になると起業という経験が身に付き、自分をいつもモチベートする気力が落ち始める。

体力と気力、そして、健康は、シニア起業でのリスク要因である。その意味合いで老いる悪影響をできるだけ小さくするため、65歳未満から起業することを私は勧める。若い起業家も自分をセフルモチベートすることに悩んでいる。

期待と違った結果に遭遇することで凹む回数が増える。そんな時に気力で立ち上がる精神力が必要だ。体力が年齢で落ち、健康面で不調が発生すれば、シニア起業は頓挫する。そんなマイナス要因をビジネスプランに織り込んで始める起業であれば、年齢を気にする必要はない。

シニアの起業は、若者の起業と同じであってはならない!若者とシニアは、ビジネスを始める時点で落差がある。シニアの強みは、人生経験と自分の得意である。自分が持っているリソースを最大限に活用できるかどうかだ。知恵があるシニアは、知恵で若者と勝負する。技術力があれば、職人的なスキルで勝負する。

シニアが持つ強味と弱味を十分分析して自分が今どの位置でビジネスを始めようとしているかを理解すべきだ。65歳以降に始めたビジネスは、自分の寿命と健康に左右されやすい。それを忘れないことだ!


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。