年金だけでは生活が出来ないという高齢者シニアの現実 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

自宅から出て友を作る場所に行く

仮に65歳まで継続雇用されたとしてもその後はどうなるのか。60歳定年の時に悩んだ事が再来する。年齢だけが加算されて直面する問題は変らない。

多くの定年退職者は、必ず、この問題に直面する。

頂く年金の額を見て将来を危ぶむ

60歳代の年金平均額が月額20万から22万円だという。これよりも低い額の年金受給者も大勢いるだろう。

今の生活が月額20万で収まっているならば、何とか生活が出来るかもしれない。

だが、

毎年、年金額が下がっていく事は予想できる。65歳を越えた高齢者が生活費を求めて働く仕事を求め始める。いや、既に求めている。

現実は、好き嫌いをしなければ介護の仕事が沢山ある。介護の仕事は、3K以上に苦しい仕事であるという。多くの人が挑戦し辞めて行っている。でも、誰かがやらねばならない時代になっている。

介護の仕事環境が改善されれば、多くの定年退職者たちがその分野で働けるだろう。

自分が望む仕事をするには!

体力を使う仕事は定年退職者にとって無理がある。高齢者の強みを生かす仕事を選びその分野で目立つ必要がある。高齢者が起業するのは、自分に何らかの強みと専門性があるからだろう。普通の人が起業したくても誰もがやっている仕事では勝ち目がない。

自分で仕事を作るという選択がある。

好きな事が仕事になればそれが一番成功する。人脈がある人は、営業支援というサービスで中小企業相手にビジネスが出来る。機械やシステムの保守経験があり、市場が見えていれば特定分野で専門の保守サービスを展開できる。

つまり、

自分の能力の棚卸しをしてその中から好きな事をリストしてみる。好きな事が見つかれば、それをビジネスにするにはどのような前提条件が必要であるかを考える。

その前提条件さえ作り上げれば、あなたは好きな事でビジネスを展開できるようになる。

残りの人生を好きな事だけをやって生きていきたいと思っているはずだ。もう、会社という監獄に囲まれた生き方をしたくないと思っているはずだ。

ここに、現実とのギャップがある。

好きな事でビジネスが出来なければ、自分の意志にそぐわない仕事をして生活費を稼ぐ事になる。定年退職した人たちのほとんどは、背に腹は代えられないという状況で仕事を探す。それでも見つからない場合が多い。

■お勧め

とにかく自宅に綴じ込まっていないで外に出て何かをするという習慣を身につける必要がある。そのためには、最初だけであるが、いやな仕事でもやってみるのである。アルバイトでもパートでも良い。社会とのつながりを維持しながら自分が出来る仕事を作り出す事である。

自宅に常駐し始めると社会から隔離されてしまう。自分の檻に入ってしまう。精神的に不安定になりポジティブな人生を送る事が出来なくなる。

子会社の顧問をやっている元重役などがこのジレンマに陥る。会社に行かなくても顧問料金が入ってくる。でも、社会とは切れてしまう。1,2年後に顧問契約も切れて何をしたら良いかが分からなくなる。

ビジネスの分野で自分の経験や知識を生かしたい人は、同じような問題を抱えた人たちが大勢いる経営支援NPOクラブに問い合わせをしてみると良い。

悩みを共有でき自分が出来る仕事が見つかる場合が多い。ただし、生活費の足しにはならない。小遣いぐらいしか稼げない事を了解してほしい。

精神的な葛藤はこのNPOクラブに参加すれば、解決できると思う。仲間がいて実社会とのつながりを作る仕事があり、会話をする友を作れる場である。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。