「人生を軽くする生き方」を気付かせてくれる本:人生資産帳を作る - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

みなとみらいの蔦屋スターバックスでコーヒーを飲みながら一冊の本を読んでいた。軽くなる生き方written by 松浦弥太郎。「暮らしの手帳」の編集長が書いた本だ。1時間ぐらいで軽く読んでしまうほど軽い。200ページ以内の本だ。

life is something

この本を読んで気が付かせてくれたことは、「私は知らないうちに本当に必要ないものまで必要であると思い込んで人生のリュックに詰め込んでいた!」という事だ。人生のリュックはこれも必要、あれも必要と思い込んで人生を送りながら重くなっていく。知らないうちに不必要なものまで必要だと思い込んで心の荷を重くしているのだ。

自分の人生で本当に大事なものを見つけ出す!

著者の松浦弥太郎氏は、「人生の資産帳」を作ることを勧めている。自分自身を法人と仮定すると、株式会社松浦弥太郎という会社はどのような歴史があり、どのような強みと弱みがあるかを資産帳にメモる事だという。所謂、棚卸をすることで自分の人生で本当に大事なものを見つけ出しやすくすることだ。

自分の人生の資産を目に見える形にして置く事で資産運用が出来るようになる。特に定年退職をしたシニアにとっては、人生の資産運用は必須だ。

自分の人生に無駄はない。無駄と思う人生の時間があっても決して無駄な時間と経験ではない。一人の人間が経験したものは、その人の資産になっている。ポイントは、経験となった人生の資産をうまく運用できるかどうかだ。

定年退職後、自分を見失っているシニアが多い。そんな人ほど、自分の人生資産帳を作ることだ。 やり方はこうだ!

  1. 得意な事をリストする
  2. 苦手な事をリストする
  3. 好きな事をリストする
  4. 嫌いな事をリストする
  5. 何が余剰かをリストする
  6. 何が足りないかをリストする

自分の人生資産を運用するのは、1、3、5の3項目だ。この3つを明確にして具体的に何が出来るかを突き詰めていく。

人生で不安を感じることがある。不安は、知らない事から生まれる。自分の将来に不安を覚えるならば、自分の強みと弱みを知らないからだと思う。

今までこんな感じで生きてきたのだから、これからもこんな感じで生きて行けるだろうと思うのも精神的な強みではないか。

60年以上の人生経験で他人と違うユニークな経験が沢山あるはずだ。他人と違う経験や知識、スキルは資産運用で宝物になる。自分が乗船している船は、向かうべき舵方向が定まっていない。その方向を定めるために人生資産帳を作り、どの資産をどの様に運用すれば行き先が定まるようになる。