シニアが仕事をする時に考慮すべき点 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

future

60歳を越えて自分で仕事を始めるとこんなリスクも考慮しなくてはならない。

突然の不幸というのは誰にでもやって来るが、加齢による体調不良や病気などでお客さんに迷惑をかけない仕事にすることだ。

自己完結型の仕事がお勧めだ!

B2Bのビジネスを展開するとお客さんがあなたに依存する形になる。あなた一人でビジネスを展開していると体調を崩した時に対応が出来ずお客さんに迷惑がかかる。

B2Cのビジネスでは、ビジネスが自己完結型になる場合が多い。もし、オンラインショップをインターネットで運営しているならば、ちょっと難しい。自分一人で完結できないからだ。

自己完結型のビジネスの一例としてホームページでの広告収益ビジネスがある。

売り上げ規模は、その人の腕によるが時間とコンテンツの累積である程度の売り上げは確保できる。そして、第三者に迷惑が行かない。ホームページは、自動操業の状態が365日24時間続くからだ。

広告収益を展開する上でアフィリエイトを考える人が居るだろう。アフィリエイトの魅力は、GoogleのAdsense(広告クリック収益)よりも高収入である点である。一方でクライアントの広告に期限があるためメンテ作業がどうしても伴う。これを行わないと自動操業ができない。

低収益で始まるGoogleのAdsenseクリック広告ではあるが、アクセスが増えるに従って収益は増加する傾向がある。アクセスを増やすには、コンテンツページ数を増やす、魅力的な内容のコンテンツを継続的に公開するしかない。知的なビジネスを考えているシニアならば、確実に自動操業が出来るクリック広告ビジネスを今から実践した方が良いだろう。

ただし、

色々と試行錯誤がある。直ぐには1円も広告収益を稼げない。多くの人は、数ヶ月やっても広告収益がないためあきらめてしまう。普通は、1年以上継続してコンテンツとページ数を増やす。このことを認識していない人は上手くいかない。当たり前と言えば当たり前である。お金を稼ぐのは簡単ではない。初めは誰でも苦労する。

理想は、収益が大きい仕事と確実で低収入な仕事をバランス良く行うことである。そして、第三者(お客さんや仕事仲間)に迷惑が行かないような仕組みで仕事を展開すべきだろう。

私が属する経営支援NPOクラブでは、案件をグループで担当している。複数人で仕事をこなすので体調が悪くなって活動が出来なくなった方がいても代わりの方が代行してくれる。組織でのビジネスはそれがあるからお客も安心する。

60歳を越えて新しく自営をするならば、自分に不幸が起きても他人に迷惑があまり及ばない仕組みのビジネスを考える必要がある。インターネットビジネスで自己完結形のものはそれが出来る。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。