困難に挑戦して老後生活を意味あるものにするシニアたち - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

このサイトのブログ記事を読んで共感したシニアたちがコンタクトページからメールを送ってくれた。私と同じように自分のビジネスを立ち上げている。自分の白いキャンパスに絵を描きながら老後の生活に挑戦している方々だ。そんなシニアの共通点は、「ピンチはチャンス」の状態を経験して勇気を出して自分の人生に挑戦している姿勢である。

シニアは、働く上で年齢制限がある。自分でビジネスを作らない限り年齢制限でお金を稼げなくなる。60歳のシニアは65歳まで会社が定年延長をしてくれるから安心だと思っているが、その後をどうするかの回答が出ていない。65歳からの雇用は、60歳からの雇用よりもさらに難しい。その現実をまだ知らない。

シニアがビジネスを始める上で必須な道具

1.自分のビジネスを紹介、説明、365日営業するスマホ対応ホームページ

インターネットが広まった現在、ホームページがない会社は50%以上の潜在顧客を見逃している。スマホ利用が広がっている今、お客は直ぐにスマホでウエブ検索をする。ホームページが無いとこの検索にヒットしない。この時点でビジネス損失が生まれる。

起業する時は、自分でコンテンツページを編集するのが簡単なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で構築されたホームページに投資をすると良い。そのための雑学を出来るだけ早いうちからするべきだ。このウエブサイトは、Joomla(ジュームラ)というCMSで構築されている。ページ編集はWordのような感じで文章を書くだけですぐにページとして公開される。システムはポータルサイトとして利用されているので大量のページを複数人で情報発信ができる仕組みになっている。

スマホ対応ホームページは、出来るだけ最新の情報をウエブで発信することで検索にヒットしやすくなる。それを容易にしてくれるCMSサイトはビジネス支援で重要な道具である。

2.どこでも、いつでもインターネットにつながるモバイルルーター

mobile routerNEC

Aterm MR05LN

モバイルルーターがあると自宅でも外出先でもインターネットに接続が出来る。PC、スマホ、タブレットのWi-Fi機能でモバイルルーターにつながりインターネット接続が出来る。営業先でインターネット接続をしたい時に重宝である。これがないと情報戦争に勝てない。

3.カバンやリュックに入れて持ち運び可能なノートブックパソコン

私が愛用しているThinkPad X260ノートブックパソコン(最新モデルはX270)は、ビジネス用途で人気がある。私のように1日8時間以上パソコンを使う人にとっては大型バッテリー搭載で多少重くなるがリュックに入れておけば運ぶ上で問題がない。

ノートブックパソコンは、人それぞれの好みがあるので一番使い易いと感じたパソコンを購入してビジネスに使うべきだろう。その時に注意することは、最低でも10時間以上稼働するバッテリーを搭載している事。SSDの記憶装置を搭載している事。12インチから13インチぐらいのサイズ。重さが、1キロから1.5キロ以内。

上記説明の3つの道具は、これからシニアが起業する上で習得しておく必要がある。自分のビジネスを知らしめる上でインターネットなしでは営業告知が出来ない。ビジネスは、自分のビジネスを出来るだけ多くの潜在顧客に知ら閉められるかで決まるからだ。

自分で告知宣伝できれば、コストが発生しない。ホームページはその意味合いで貴重な宣伝ツールになる。