65歳のシニアが目的を持った仕事をするにはどうしたら良いのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

65歳のシニアが仕事を探す時、自分の好みや希望を満たす仕事は99%以上見つからない。この現実を考慮して65歳のシニアが仕事から生きがいを得るには、なぜ、自分が働くのかの目的を持つことである。

自宅にいると家内が嫌がるとか、暇に押し殺される感じがするとか、小遣い稼ぎをしたいからとか、体を動かして健康を維持したいとか、色々な目的が考えられる。

目的がはっきりすれば、その目的を達成させる仕事(非正規社員、パートタイム、アルバイト、起業)を探すだけである。仕事を探す視点を目的で変えることで新しい仕事が見つかりやすくなる。

65歳のシニアにとってプラスになる目的

仕事を探すときの視点が、変わると今まで探していなかった仕事が魅力的に見えてくる。自分が働く目的が満たせる仕事であれば探す範囲が広まるからだ。例えば、働く目的を健康維持のためとするならば、足腰を鍛える仕事を探すことになる。体を積極的に使う仕事になる。お勧めは、ショッピングモールやスーパーのカート回収アルバイトになる。

カート回収アルバイトは、一人で黙々とカートを回収する仕事で足腰を使う。足腰の筋肉を鍛えることで健康寿命を伸ばせる。漠然とした今までの仕事探しではなく、もっと具体的な恩恵を受ける目的で仕事を探すと見つかりやすくなる。

社会につながるという目的

65歳で再雇用契約が切れて自分で新しい仕事場を探すことになる。仕事を失うと社会との接点とつながりも失う。この損失感は、65歳で仕事を失った人でないとわからない。長年の通勤生活のリズムがなくなり、自宅でブラブラする生活に耐えられなくなる。気分転換で一人旅や夫婦旅行をしても一時的でしかない。

そんな状況にいる65歳のシニア男性は、社会に繋がれる仕事を目的として探せば良い。社会と繋がる仕事は沢山ある。通勤生活を復活させたければ、通勤生活が生まれる仕事を探せば良い。具体的な働く目的がはっきり見えてくると今まで見えていなかった仕事が足元に転がっているのに気がつく。

週5日間社会に繋がりたいのか、週2日間繋がりたいかで探せる仕事の数も変わってくる。どのような働き方を自分が求めているのかをまずはっきりさせることである。正社員的な働き方を忘れて、今の自分と10年先の自分のニーズを満たせる仕事を探す。

週3日間午前中だけの仕事ならば、アルバイトになる。アルバイトは需要がある限り年齢に関係なく仕事さえ問題なければ続けられる。どんな仕事も現実の社会とつながっている。

年金を補填する収入を得るという目的

年金を補填する収入をできるだけ長く得たいという目的であれば、長期的に働ける仕事を探すことになる。時給の金額で探さない。与えられた仕事が問題なくできていれば年齢制限で雇用が終わる可能性が少ない仕事を探すことになる。その仕事は好き、嫌い、得意でない、個人の要望を満たす仕事を探すのではなく、確実に長期的にお金を稼ぐ仕事を探す。

体が健康で普通に仕事ができるならば、探せる仕事は沢山ある。介護分野、飲食業、農業、ビルの警備と清掃など人手不足が問題になっているので需要はある。体力次第という制約条件がつく。

一番良いのは、肉体労働でお金を継続的に稼ぐのではなく頭で稼ぐ仕事である。頭でお金を稼ぐには専門的な知識と経験が必要になる。インターネットとパソコンやスマホを自由に使えるシニアならば、頭でお金を稼ぐ仕事が見つけやすい。私のお勧めは、Quora(クオーラ)というウエブサービスである。

クオーラの仕事は、隙間時間を有効に使う仕事というか、遊びというか、学びの仕事である。具体的には、このページで説明している。

起業準備になる経験を得るという目的

65歳はまだ若い。あと10年ぐらいは現役で働きたいという希望があるならば、自分でビジネスを作るという挑戦をしてみることである。目的は、起業準備の経験ができる仕事を探すこと。賃金の金額を気にしないで自分でビジネスを始めるときに役に立つ知識と経験が求められる仕事である。

一番手っ取り早い仕事の見つけ方は、ベンチャー企業(起業1年目)に半年から1年の期間でインターンとして丁稚奉公することである。賃金は、ベンチャー企業に任せる。無償という条件ならば、3ヶ月間ぐらい頑張ってみる。得るものは、お金ではなく自分の起業準備に役に立つ知識と経験である。

65歳のシニアが仕事を探すときは、今までの仕事の延長線を探すのではなく、自分が設定した目的で探す。

この記事「65歳のシニアが目的を持った仕事をするにはどうしたら良いのか?」のポイントは、

  • 仕事を探す視点を具体的な目的で探す。65歳は通常の職を探せない年齢である。正社員、非正規社員、パートタイム、アルバイトに拘らないで自分の目的を達成できる仕事を探す。社会に繋がりたい、年金を補填するお金を稼ぎたい、起業したいといった具体的な目的を設定する。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。