65歳で年金をもらってから稼ぎ続けられる仕事 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

65歳になって年金をもらう。その額に驚く。事前に知らされていた金額なのだが、老後の生活費には足りない。誰もがそう思っている。この心理状態が65歳になったシニアたちに共通する。多くの65歳のシニアは、足りない生活費を補足する仕事を探し出す。自分ができるパートやアルバイトしか選択がないことが分かる。過去の職務経歴や経験が生きる仕事があっても年齢でお断りになる場合が多い。これが65歳で年金を受け取り始めるシニアの現実だ。

国民年金だけならば、満額で6万5000円前後だろう。厚生年金がプラスされれば、18万円前後になるかもしれない。20年先まで生きることを考えると将来の生活に不安が募る。20年先は、85歳だ。85歳までパートやアルバイトが出来るのだろうか。健康問題や雇用面で加齢による弊害が出てくる。生き続けるためには足りない生活費を稼ぎ続けなければならない。

20年先の政府による生活保護機能は、十分に機能しない可能性がある。多くのシニアが生活保護下に落ち込んでしまうからだ。長生きの弊害と呼ぶのだろうか。北欧のように安心して老後の生活を送れない日本の生活環境だ。それは、今よりも酷くなると私は予想している。

だからこそ、

85歳になってもお金を稼ぎ続けられるビジネスの仕組みを考えている

まだ若いうち(62歳)に20年先でもお金が稼げるようなビジネスの仕組みを試行錯誤で考えて試している。私のような試みは、今60歳代のシニアにとって必須だと思う。対象は、年金だけでは生活が出来ないシニアたちだ。多くのシニアは、今まで貯めてきた貯蓄の取り崩しと年金だけで老後を送っている。貯蓄額が少なければ、そして、生活保護が受けられなければ、生きて行くのが本当に難しくなる。それは誰もが予測できる未来図だ。

体が資本だ。元気で普通に自分の体を動かせるだけの体力と健康を20年先でも維持しなければ体を使った仕事はできない。人生100年に向かっている日本人は、老後の生活を快適に過ごすための準備を若いうちからしなければ老後の生活は酷いものになる。

今80歳代の老人にインターネットビジネスを教えてお金を稼ぐようにしようと思っても無理がある。70歳代の高齢者も同様に無理がある。60歳代ならば、まだ、可能性がある。60歳代のシニアは、若い。努力次第で体力も知識も得られる

インターネットビジネスは、シニア向きであると私は思っている。体力をあまり要求しない。年齢制限もない。いつでも、どこでもインターネットに接続できればビジネスが出来る。ビジネスチャンスを上手く見つけることができれば、小学生でも老人でもお金を稼げる。健康障害で入院していてもやり方次第でお金を稼げる(実際に入院しているシニアがインターネットでお金を稼いでいる人を知っている)。

求められるのは

  1. インターネットの仕組みとビジネスモデルの知識と理解力
  2. 地道な試行錯誤から学ぶ実際のビジネス経験(失敗経験から学ぶ姿勢)
  3. 強い意志

この3つだ。インターネットで1円でも良いからお金を稼ぐ経験をすることだ。その経験から多くのことを学べる。シニアが1円をインターネットから稼ぐのは大変だ。実際に稼げるようになるまで分からないことだらけだ。その困難を乗り越えられるシニアならば、80歳代になってもインターネットからお金を稼ぎ続けられると私は思っている。

インターネットビジネスと言っても幅がある。多くのシニアは、オンラインショップを思い浮かべる。私のように法人向け、個人向けのホームページ制作をする仕事もインターネットビジネスである。インターネット経由でお客を見つけ、サービスや物販をするビジネスがインターネットビジネスと呼ばれる。

シニアの利点は、若いものたち以上に人生を経験していることだ。自分の人生経験が若者たちにプラスになる「人生相談&コンサルティング」などは、どのシニアでも可能なビジネスである。問題は、お客さんになってくれる若者をどう見つけるかだ。

現実のビジネスでもインターネットビジネスでもお客を探せるかどうかがポイントだ。インターネットの場合、ターゲットのお客を集客できるホームページがあれば、お客を探す必要はない。魚が集まっているポイントで竿で釣るだけだ。

インターネットビジネスで一番難しいことは、自分のホームページをターゲット客層の集客サイトに育て上げることだ!

これができれば、90%以上ビジネスは成功したと言って良い。