シニア夫婦の老後資金運用方法:積み立てNISA - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

2018年1月から証券会社で「積み立てNISA」の受付が開始される。

「積み立てNISA」のメリットは、

1.一定金額を毎月積み立て投資が出来る(毎年最大40万円まで)
2.利益に所得税が発生しない期間が20年間
3.最大40万×20年で合計800万円まで投資できて発生した利益が無税!

途中解約して投資したお金と利益を受け取れるので利便性が良い。私たち夫婦(60歳代)は、毎月少額を積み立てるよう計画をしている。

積み立てNISAは老後の負担が無い余裕資金運用に最適!

20年間という長期投資ならば、月額5000円で毎年6万円「積み立てNISA」に投資しても月々の生活で負担はない。

考え方は、こうだ。お金をギャンブルのように稼ぐという意識を取り除く事で知らないうちに少額資金運用が出来る事だ。私たち夫婦は、生命保険も医療保険も解約した。その理由は、毎月の保険料の50%以上が保険会社の利益になっている事と自分たちが生きて行く上で生命保険の必要性が無くなったこと、そして、国民健康保険で十分医療保障が出来ると考えたからだ。

毎月5000円、保険にお金を支払うならば、「積み立てNISA」に毎月5000円を投資して長期の運用できる。低額な手数料と安全性が高い投資信託の中から選択するのでリスクは低い。

私たち夫婦は、マネックス証券を使っている。「積み立てNISA」の取り扱いは、どの証券会社でも受け付けているのでお好みの証券会社で申し込みをすると良い。

一つ注意する事は、マイナンバーの番号を証券会社に伝える必要がある。マイナンバーカードをまだ取得していないシニアは、その手続きをしないと「積み立てNISA」の口座開設手続きが完了しない。

こちらのページに積み立てNISAについて詳しく説明しているので参考にしてほしい。株や投資信託は、余裕資金で行うのが基本である。大きなお金を投資するのは、シニアにとってリスクがあるのでまずは少額で投資信託から始めるのが無難だ。「積み立てNISA」は発生した利益に対して課税が無い。シニア夫婦にとって余裕資金の運用に適していると私は考えている。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。