64歳になったら65歳雇い止め後の生活をこうする - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

64歳になると65歳で会社を退職する後のことが気になる。65歳まで働き続けられたことも幸せだが、65歳以降の老後が心配になる。イメージできないことだ。65歳以降の老後の生活はどんな生活なのだろうか?先輩たちの老後はどうなっているのだろうか?一体何をして老後を楽しんでいるのだろうか?

このような疑問は、誰もが味わう。誰もがその正解を持っていない。人それぞれの人生があるからだ。隣の人と同じ老後が待っているわけではない。64歳のシニアは、まだ見ぬ世界に困惑している。

65歳になる前までに自分の老後イメージを作っておくと不安が期待に変わる!

自分の老後イメージを作るには、こんな事から始めることだ。

1.老後にやりたい事リストを作成する

65歳になったら仕事や組織から離れられる。今まで味わってきた精神的なストレスから開放される。毎日の通勤の苦労からも解き放たれる。今まで自分を縛ってきた制約から解放される時間が待てる。働いている時は、心の中でやりたい事がいくつか浮かんでいるはずだ。その欲望を紙に書いてみることが最初のステップだ。

2.65歳から引退するのは早いので年金以外の収入を得る仕事を探す

65歳になってから半年間ぐらい自由な時間を思いっきり楽しむ。楽しみながら年金以外の収入を得る仕事を探すことだ。再就職の会社にするのか、派遣会社にするのか、パートやアルバイトにするのか、それとも、起業を考えるのかを決めておく。年金以外の収入を得る仕事を見つけるのに時間がかかる。65歳以上のシニアを雇用する会社は、専門スキルがないシニアにとって厳しい。運悪ければ、3Kの仕事しか見つからない。

3.次の仕事が見つかるまでの間に日中のコア時間をどうのように使うかを決めておく

私は70歳までは最低限働くべきだと思っている。65歳から70歳まではまだ健康と体力面で問題が少ない。十分働ける体だからだ。この5年間の間に貯蓄額を増やすことだ。働ける内に働けなく成った時に役に立つお金を貯蓄する。80歳から働こうと思っても体も仕事もついていかない。体を動かしてお金を稼ぐには、出来るだけ若いうちしかチャンスはない。毎日ハローワークに顔を出して再就職先を探す生活も良いが次第につまらなくなるはずだ。

お勧めなのは日中の時間(3~5時間)は直ぐに仕事が見つかるパートやアルバイトをすることだ。小遣い稼ぎをしながら本命の再就職先を探す。

4.老後の生活で一番重要なことは運動習慣を身につけることだ

70歳の声を聞き始める頃から体の弱い部位から病気が発症する。体の免疫力が急激に低下するからだ。長生きしたければ、健康予防として免疫力と筋力を向上する運動を習慣化する必要がある。70歳になってから運動を始めるのではなく、今から運動を習慣化することだ。早ければ早いほど免疫力と筋力を向上できる。

運動習慣を身につけていないシニアは、時間をかけて試行錯誤を繰り返しながら自分のペースで免疫力と体力を向上させる運動を身につけることだ。一般的にシニアになると体の筋力全体が落ちてくる。筋トレ運動がシニアの間で流行に成っている理由がそこにある。特に足の筋肉が衰えやすい。

筋トレ運動は、加齢で失われていく筋肉を維持できる。筋肉痛を味わうまで筋肉を刺激すれば、傷ついた筋肉を修復する過程で成長ホルモンが分泌される。その時、免疫力も強化される。新陳代謝も活発に成り、健康促進が始まる。シニアが筋トレを始める時は、筋トレ教室に通いながら自分に合った筋トレを習慣づけることだ。理想は、スポーツジムでトレーナーによる筋トレトレーニングを受けることだ。当然、有料サービスだが、一度運動習慣が身につけばあとは自分で出来るようになる。

64歳の時点で65歳に成った時にやるべきことがわかっていれば、不安が期待に変貌する。自分で老後生活を築けるという自信が生まれる。何をしたら良いか戸惑っている他人を尻目にマイペースで自分の老後を追求できる。 

この記事「64歳になったら65歳雇い止め後の生活をこうする」のポイントは、

  • 65歳になる前までに自分の老後イメージを作っておくと不安が期待に変わる!
  • 老後にやりたい事リストを作成する
  • 65歳で引退するのは早いので年金以外の収入を得る仕事を探す
  • 次の仕事が見つかる間まで日中のコア時間をどのように過ごすかを決めておく

 

goyat.biz