人材不足と言いながらリストラが多い現実 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

ニュースメディアでは、人材不足という記事が多い。同時に、銀行業界、製薬業界、電機業界などでリストラが発生している。一言でいえば、人材不足なのは、特定業界(建設業界、飲食業界、サービス業界、IT業界)などでその他の業界はそれほど人材不足になっていないのではないか。

最近のリストラニュースは、NEC、大手銀行、富士フィルム&ゼロックスなどのリストラだ。リストラを行う企業にはそれぞれの理由があるだろうが、社員にとっては迷惑な話だ。経営者の失敗が原因であるのにそのツケを社員のリストラでカバーしようとする。理不尽なリストラは社員にとって納得が行かないだろう。

保守的な会社に勤める会社員はリストラに注意!

2000年の頃から大きな時代の変化が起きている。異常気象、各国の政治不安、金融資産の格差、技術革新などから企業の経営も変化に適応しようとする。今まで安定していた業界で突然地震が起きたりする。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などの大手銀行から地方銀行までフィンテックを導入して非効率的な経営を効率化しようとしている。効率化=人減らしだ。

今まで銀行は安定した職場と言う認識であったが、その常識が常識で無くなってきた。大きな変化がそうさせている。安心と安定を求めて大企業に就職した人たちは、時代の変化に翻弄される。「寄らば大樹」の言葉は、変化の少ない時代でしか通用しない!

生活環境の変化には、リスクとチャンスが同居している。人間は、そんな環境で生き方の選択を求められる。変化を自分の味方にしてチャンスをつかもうとする人たち変化から逃げてリスクを避ける人たちだ。多くの人たちは、後者を選択する。リストラが少ない公務員に若者たちが殺到する。殺到しても人数が限定されている。結局、多くの人は変化に翻弄させられる。

変化と言う波の中で生きて行くには、変化をチャンスとして受け入れて自分にとってチャンスがある仕事を見つけるしかない。今の東芝を見てほしい。あんな大企業が危ない。優秀で勇気がある社員は既に転職している。転職出来ない社員だけが社内で生き残りの道を探している。同僚を蹴落として自分だけ会社に残れるよう動き出す。醜い戦いが社内で起きる。

私は思う。この大きな変化は、まだ、まだ、続く。自動運転技術が成熟してくれば、自動車教習所ビジネスは無くなる。タクシー業界もなくなるだろう。ちょっとした大きな技術革新で企業や業界が消滅してしまう時代に私たちはいる。もし、今、自分がリストラの対象者になっているならば、それをチャンスと受け止めるべきだ。時代の変化に適応しろ!と言う神があなたにチャンスを与えたのだ。

大きな変化が起きている世界では、自分の特技や興味で新しい人生に挑戦せざるを得ない。試行錯誤は日常茶飯事になる。リスクとチャンスが見えたり消えたりしている。目の前にあるチャンスを掴む勇気があるかどうかで人生が変わってくる。あなたの勇気が試される

定年退職前のリストラで嘆いているシニアがいるかもしれないが、私はそれをチャンスとして捉えるべきだと思っている。リストラに付き物の早期退職優遇制度で大金を手にする事が出来る。通常の退職金の何倍ものお金が手に入る。それは何で生きて行くかを探すための旅行資金だ。新しいスキルを身に付けるための教育に使っても良いし、自分が得意とする分野で起業を考えても良い。

もし、住宅ローンを抱えているならばその大金でローンを返済する事だ。精神的なストレスをお金で解決すると身軽に動けるようになる。40歳代、50歳代でリストラにあっているならば、まだまだ、気が付いていない新しい道が残されている。新しい道は、やってみたいという気持ちに隠れている。

今の会社に安住している社員は、危機意識が無い。突然、会社が倒産、大きなリストラを始める時がやってくる。そのための対策を準備しておかないと不幸な時期を過ごす事になる。沈みかけている船から素早く浮かんでいる船に飛び移る準備を常に用意すべきだ。その意識が無い人は、残念ながら時代の変化に適応できない。適応できない人は、それなりの人生を送る事になる。

時代の変化の波にうまく乗るための試行錯誤を今から行うべきだ!

この記事「人材不足と言いながらリストラが多い現実」のポイントは、

  • 人材不足は特定の業界だけ。他の業界では時代の変化に適応するために人減らしが始まっている。
  • 「寄らば大樹」の言葉は、変化の少ない時代でしか通用しない!
  • 変化と言う波の中で生きて行くには、変化をチャンスとして受け入れて自分にとってチャンスがある仕事を見つけるしかない。

goyat.biz