上手く行く、行かないで判断せずシニアはフリーランスに挑戦すべきだ! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

65歳になると多くの会社員は会社組織を卒業する。これから、65歳で卒業した元会社員がフリーランスとして働き始める時代になる。フリーランスは、個人事業主のことだ。税務署に1枚の個人事業主になる申請用紙を提出し、青色申告申込用紙を添えるだけだ。お金は一銭もかからない。

残りの人生を自分が望むように過ごすには、フリーランスで働くほうが自由度と満足度も高い。成功する、失敗するは時の運。やってみないと分からない世界だ。仮に70歳まで何処かの会社で働くことが出来てもそこで雇い止めになる。誰もが分かっている現実だ。

収入が年金以外にある生活は、豊かだ。精神的な満足度も高い。自分の生活のリズムで毎日を仕事中心に組み立てられる。誰も指図するやつはいない。する人は奥さんぐらいだろう!

私は、61歳から特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)を受給している。全額受給が出来るように合同会社を解散させて個人事業主になった。会社からの収入が28万円以上あると年金が減額される。それが嫌なので合同会社を解散させた。ビジネスへの影響はない。一人社長であるからだ。

フリーランスとして起業するメリットは大きい!

フリーランスになるべき対象者は、こんな人達だ。

1.仕事が趣味の人
2.仕事中心に生活をしてきた人
3.仕事が生きがいの人
4.自分でお金を稼いでみたい人
5.監視された仕事環境から抜け出したい人
6.年金以外に収入を得たい人

もし、あなたがこんなニーズの対象者であるならば、フリーランスとして起業することに挑戦すべきだ。起業すれば成功するわけではない。特に元会社員の方は、99%失敗する可能性がある。ビジネスは、失敗して成功する。失敗の経験が成功に結びつくからだ。失敗を恐れてはだめだ。

失敗することを前提に計画を立てる必要がある。

そのための準備と助走する時間と予算を用意する必要がある。フリランサーとして生活が成り立てば、最大のメリット:暇に殺されなくなる。

老後の生活は、自分が描いた生活をすることに「生きがい」が生まれる。経済的に自立してやりたい仕事をするフリーランサーは精神的な充実感が高い。雇用されて仕事をする人よりも時間の使い方で満足度が多い。

今、65歳以前・以後の方ならば、こんな準備をすると良い。

  1. 何で起業するかを決める。これが分からない人は、これから起業する人達が集まるセミナーや勉強会に参加して耳学をして決める。
  2. ビジネスモデル(収益モデル)を3つ考える。お金を稼ぐ仕組みを3つ作れば、どれかが当たる可能性が高くなるからだ。
  3. 頭で考えたビジネスモデルが現実の世界で機能するかを検証する。テスト・マーケティングを期間と予算限定で行う
  4. 考えたビジネスモデルでお金を稼ぐことが少しでも出来たならば、売上を増やす方法を考える。もし、出来なかったら(多くは出来ない)もう一度2に戻ってやり直し。

小さな失敗をたくさん経験すると自分の弱点が見えてくる。弱点を直しながら再挑戦してみる。この繰り返しの過程である日ある時成功し始める。強い意志、起業するための運転資金、失敗を楽しみながら成功を夢見る精神力が必要だ。

会社に雇われて毎月給与を頂く生活はもう止めにしよう。残り少ない人生で自分に挑戦してみてはどうか。挑戦できるタイミングは今しか無い。この時期を逃すと死ぬ時に後悔する。あの時にやっておけば良かったと。

時代の流れは、確実に特定分野に精通しているフリーランスに向かっている。シニアは、誰かに雇われるチャンスを自然と失う。出来ることは、フリーランスとして仕事を作ることだ。

この記事「上手く行く、行かないで判断せずシニアはフリーランスに挑戦すべきだ!」のポイントは、

  • 収入が年金以外にある生活は、豊かだ。精神的な満足度も高い。フリーランスになればこれが得られる。
  • フリーランスになるべき対象者は、こんな人達だ。

    1.仕事が趣味の人
    2.仕事中心に生活をしてきた人
    3.仕事が生きがいの人
    4.自分でお金を稼いでみたい人
    5.監視された仕事環境から抜け出したい人
    6.年金以外に収入を得たい人

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。