起業したいという強い思いが続けばビジネスの種が見つかりやすい - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

私が起業できたのは、ソニー株式会社でインターネットのベンチャービジネスを始めてからだ。自分でも事業を作れるのだという自覚が持てたのがきっかけであった。それまでは、ビジネスを始めている人たちは違う人種のように思っていた。組織で働いていると上司から指示された仕事をやっていれば良い。それで生活費が銀行口座に振り込まれる。サラリーマンは楽な家業となっていた。

会社に勤めて出世するのが人生のキャリアのように周りから教え込まれていた。自分でビジネスを始めるなんて、毛頭なかった。その意味で創業者は偉大であったとその当時は思っていた。起業してみれは、必ずしもそうではない事が分かる。偉大なんて言う感覚は、起業を経験していない人が抱く妄想でしかない。会社の部長になるよりも起業して社長になる方が断然早い。

死ぬ前までに一度は起業を経験してみる価値がある!

大手会社の社員でいると自営業者のビジネスを見下したように思え始める。実は、自営業者は大企業の社長よりもえらい!自営業者はビジネスの創業者だからだ。大企業の社長は雇われた会社員だ。直ぐに首が替えられてしまう。創業者が行っているビジネスは、そうはならない。どんなに小さなビジネスでも創業者である限り、大企業の社長よりもえらいのだ。

会社組織の中で優れた社員であっても歯車の一つだ。一つの歯車でビジネスは成り立たない。会社内で自分は実力があると思っている会社員は、直ぐに会社を退職して起業すべきだ。そしたら、本当の実力が分かる。それが出来ない社員は、実力が無いと同じだ。会社に就職するのは、すでに出来上がっているビジネスの集合体で仕事をすることだ。仕事は既に流れている。社員は、仕事の流れをスムーズに広く大きくする事に時間を使う。

起業家は、0から1を作り出す。 

起業したいという強い思いが続くと自然と目がビジネスの種をいつも探し始めているのに気が付く。その思いが続かない人は、起業しようとしても隣百姓的なビジネスしかできないし、失敗する可能性が非常に高い。

ビジネスの種は、遠くの森を見ても見つからない。足元の草を見ると見つかりやすい。ビジネスの種は、自分が一番困っている事を解決するソリューションを見つけることだ。

自分が困っている事は、他の人も困っている可能性が高い。困っている人を助けるのがビジネスだ。人が出来ない事をあなたがやってあげるところにお金が生まれる。

多くの起業家志望者は、米国で発生した新しいビジネスを参考にコピー版を国内で始める。誰もが考え付くやり方だ。これは先手必勝のビジネスになる。競争が激しい。レッドオーシャンでビジネスをするよりも競争が無いブルーオーシャンで起業したほうが生き残る可能性が大きい。ブルーオーシャンのビジネスは、誰もが気が付かないビジネスニーズをチャンスとして捉えてお金に変えて行く仕組みを作ることから始まる。

そこには独創性がある。そのビジネスを作り上げた人しか分からない要素が多い。直ぐにはマネする人は出てこない。成功して評判が聞こえ始めてからマネをする競合社が生まれる。

シニアが起業する場合は、若者が気が付かないシニアのニーズを取り上げたほうが良い。競争は、同じシニアからやってくる。その数は、少ない。シニアはシニアのニーズを肌で知っている。若者はそれを感じる事が出来ない。全てが頭の中での想像でしかないからだ。

誰もが起業して成功するわけではない。失敗しても良いと思っている。あなたは起業に挑戦してその経験から何かを学ぶはずだからだ。一度も経験しないで他界するのは機会損失である。起業は、雇われ社員よりもエキサイティングだ。今まで見えていなかった世界の仕組みが自然と見えてくる。

自分が得意とする分野、好きな分野、情熱をもって探求してみたい分野などでビジネスの種を探し続けることだ。その時、遠くの森ではなく足元の草を探してみる。起業したいという強い思いがビジネスチャンスをもたらす。この世の中は、不思議な世界だから頭で考えられない事が頻繁に起きる。起業するとそんな体験をたくさんするはずだ。それが面白い。 

この記事「起業したいという強い思いが続けばビジネスの種が見つかりやすい」のポイントは、

  • 会社の部長になるよりも起業して社長になる方が断然早い。
  • 死ぬ前に一度は起業を経験してみる価値がある。
  • 遠くの森ではなく足元の草を探して起業する種を見つけるほうが独創的なビジネスを作れる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。