60歳を過ぎて楽な仕事を探すのは無理!得意を伸ばすしてビジネスを作る - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

これから定年退職を迎えるシニア、または、リストラ対象になっているシニアは65歳以降にどのような仕事で生計を立てたいかを考え今から準備する事だ。60歳という年齢は、雇用する側から見て魅力を感じなくなる年齢だ。特別な能力、技術力、資格、魅力をアピールできるシニアならば雇用されるチャンスはある。

今の会社の仕事より楽な仕事は60歳以降は無いと思うべきだ。好きな仕事であれば、辛くても楽に感じるかもしれない。好きだから夢中になり辛さが辛さで無くなるからだ。ここに60歳以降に探す仕事のヒントがある。

現実を受け入れて5年先(65歳になる時)に好きな仕事でお金を稼げるようにする計画を立てて実行するのが60歳のシニアがやるべきことだ。

65歳以降は好きな仕事でお金を稼ぎ、老後を楽しむ!

人に雇ってもらってお金を稼ぐという考えをやめる年齢が60歳だ。会社員の生活が長いと雇われ慣れの頭脳になってしまう。自分で仕事を作るという発想が頭から出なくなる。私も社内ベンチャー事業を始める前までは、仕事は会社が与えてくれてそれをやれば良いと思っていた。自分でビジネスを作るという発想が無かったというか、考えられなかった。

1円でも良いから自分で考えたビジネスモデルでお金を稼いでみると「自分でもビジネスが作れるのだ!」という気付きが生まれる

成功するビジネスは直ぐに作れない。どうしても、試行錯誤で失敗を沢山経験する必要がある。時間をかけながら小さい失敗を沢山経験する事でビジネスの起こし方のコツを学ぶ。失敗の原因を解決しながら、挑戦し続ける事で成功するビジネスを作り出せる。60歳はそんな挑戦を始める年齢だ。65歳になった時に自活が出来る程度のビジネスが作れれば成功と言って良い。

好きな事は得意な事だ。得意な分野でビジネスを見つける。得意な分野で試行錯誤をする。得意な分野で挑戦して自分に足りない経験をする。60歳で楽な仕事を探す苦労よりも得意な分野で自分の才能を延ばす試行錯誤をした方が将来性がある。

思いっきり自分を試してみる機会は、60歳代しかない。70歳の声を聞いたら、体力も気力も衰える。老後は好きな事でお金を稼ぎ、そのお金で余裕がある生活をする。年金プラス自営業の売り上げで生活に余裕を持たせる。自分の老後にどんな人生が待っていようと辿り着く先は、誰も一つしかない。

自分が得意とする分野でお金を稼げるという経験が老後の人生に潤いを与える。失敗しても後悔はしないだろう。失敗は、諦めた時に失敗であると自分が認める時だ。諦めなければ、失敗にならない。辛い仕事でも好きな事であれば、辛く感じないと同じだ。60歳以降の起業は、自分が得意としている分野、好きな分野で追い求めることだ。

最初から成功しないので失敗から学ぶことを目標にする。小さな失敗をたくさんして出来るだけ多くの失敗経験を学ぶことだ。ギャンブルをしない。赤字になる前にビジネスを閉める勇気を持つ。先にお金が出るような投資家型ビジネスは止める。働けばお金が自然と稼げるビジネスをすることだ。

ビジネスを始めようとする人たちとの交流から刺激を受けながら自分の得意で勝負をする。シニアは手堅く地道な挑戦が良い。一攫千金的な事は考えない事だ。世の中にはシニア起業家を獲物にして詐欺ビジネスをする人が多い。上手い話を吹き込んでくる。性善説ではなく、性悪説でリスクを事前に回避する姿勢が必要だ。

知らない人、知っている人を含めてお金が動く時は、その人の言動と行動が一致しているかどうかを調べることだ。口だけの人が多いのがビジネスの世界だ。安易に人を信用すると馬鹿を見る。背景が分からない人とは絶対に付き合わない。人を見る目を育てる必要がある。

この記事「60歳を過ぎて楽な仕事を探すのは無理!得意を伸ばすしてビジネスを作る」のポイントは、

  • 60歳のシニアは、65歳以降にどのような仕事で生計を立てたいかを考え今から準備する事だ。
  • 現実を受け入れて5年先(65歳になる時)に好きな仕事でお金を稼げるようにする計画を立てて実行するのが60歳のシニアがやるべきことだ。
  • 最初から成功しないので失敗から学ぶことを目標にする。小さな失敗をたくさんして出来るだけ多くの失敗経験を学ぶことだ

 

goyat.biz