60歳を過ぎたら5年毎に老後のキャリアを見直す - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳、65歳、70歳、75歳と5年間隔で老後のキャリアを見直す必要がある。健康状態にもよるが、自分の仕事が自分でコントロールできるならば、仕事を辞めたいと思った時が辞め時だ。雇用されるキャリアならば、65歳から70歳が限界だ。その後をどう過ごすかは、考えて準備したほうが良い。

5年間隔で老後の節目があるようだ。60歳で定年退職、65歳で会社組織から卒業(追い出される)、70歳で起業するしかお金を稼ぐ道が見当たらなくなる、75歳で健康面での問題をどう解決するかで仕事が続けられるかが決まる。 

老後のキャリアで生活に困らないようにするには!

仕事熱心な会社員が引退して仕事から離れると寿命を短くすると言われる。多分、寿命よりも認知症に成り易くする。肉体と精神の健康を維持するには、長年働き続けた環境を自分で作りだすしかない。今までは、誰かの会社環境に自分を合わせて働いてきたが、これからは自分の都合を優先して仕事環境を作り出す。

60歳から65歳までは、本格的に自分のビジネスを立ち上げるためのトレーニング期間だ。

意識する事は、65歳以降は他人に雇用されて仕事をするのではなく、自分のビジネスで仕事をすることだ。どんなに頑張っても年齢の壁は老いて行く度に高くなって行く。仕事を続け、快適な暮らしと健康を確保したいならば、自分のビジネスを作り出すしかない。

5年毎に目標とするビジネスを立ち上げるための計画を立てる。最初の挑戦で自分が求めたビジネスの可能性が分かる。自分のビジネスの終着点を明確にして、繻着点からビジネスの展開を考える。

例えば、

75歳でビジネスをやめる > 70歳の時点でビジネスの規模を縮小してお客さんに迷惑が行かない準備をする > 65歳で稼げるビジネスに集中する > 60歳で色々な可能性を試す

60歳から起業するシニアが、なぜ、一人社長でビジネスを始めるのか。その理由は、ビジネスの継承が後で問題になるからだ。老いて行く度に稼いだお金の価値が下がって行く事実を知っている。お金が沢山あっても買うものが無い。健康状態が悪くなれば、美味しい料理もたくさん食べられなくなる。老化の影響がお金を使う意味を変えてしまう。

シニアの起業は、(1)老後の生活費を稼ぐ、(2)余生を仕事で楽しむ、(3)社会につながって自分の存在感を維持する、(4)肉体的、精神的な健康を働く事で維持する。こんな目的で起業するシニアが多い。60歳過ぎて大金持ちになってどうするの?という疑問がある。お金は必要以上いらないと考えるのがシニアではないか。

お金を稼いで使う目的が明確であれば、その目的を達成する金額をターゲットにした計画を立てるのも良い。

老後の生活を有意義にするには、人生に目標を持つことだ。目標が見えていれば、やるべきことも見えてくる。60歳以降の人生は、自分が設定した目標に向かって生活をする人生なのだ。それが出来ないと時間に自分の人生を任せるようになる。世の中の流れに流されながら、老化して行く自分の体と健康に悩まされる。

やるべきことが見えてくると年齢に関係なく目が輝き始め、体の奥底から新しいエネルギーが生まれてくる。余生のキャリアは、そんな所にあるのではないか。

この記事「60歳を過ぎたら5年毎に老後のキャリアを見直す」のポイントは、

  • 60歳、65歳、70歳、75歳と5年間隔で老後のキャリアを見直す必要がある。
  • 60歳から65歳までは、本格的に自分のビジネスを立ち上げるためのトレーニング期間だ。
  •  シニアの起業は、(1)老後の生活費を稼ぐ、(2)余生を仕事で楽しむ、(3)社会につながって自分の存在感を維持する、(4)肉体的、精神的な健康を働く事で維持する。

 

goyat.biz