12年間以上一人で仕事をしてきたシニアが思うこと - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

51歳に起業してずっと一人社長&社員で生計を立ててきた。63歳になってまた会社員に戻り仕事をすることはもう精神的にできないと感じている。一人で自由にスケジュールを立ててお金を稼ぎ出すと上司の管理下で与えられた仕事をする環境に苦痛を感じると思うからだ。10年以上、会社という何らかの組織で働く環境から離れると組織で働くという感覚が失われる。

組織で働くという感覚は、定年退職をしたシニアも年数が立つに連れて弱くなってくる。コレは確かだ。この感覚が強くなると会社に再就職、または、派遣社員で働くということに精神的な苦痛を味わう。

私は、NPO団体のメンバーに成っているが自主参加を原則にしているので気持ち的に楽だ。これが義務になると続かないと思う。パートやアルバイトは、働く時間が短いし、自分の都合が多少反映しやすい自由がある。これを考えるとシニアの仕事は、上司からの管理や義務のストレスが多い職場では上手く行かないのではと思う。

自由を知った小鳥は元の鳥かごに帰る選択はしない!

組織に依存する生活を長年送ってくると行動が制約された環境でないと安心、安全を感じられないというシニアが多い。そんなシニアが起業すると一人でいる事自体が不安そのものになる。そのため、2、3年一人で仕事をしていないと組織に依存するという感覚から逃れられない。

組織の中でないと仕事ができないと感じるシニアは、自然と会社勤めを求めて再就職活動を続けるのだが、片思いの恋は相手(会社)には通じない。一度組織を離れたシニアは、本来あるべき姿に強制的に置かれる。会社に務めなくても自分でお金が稼げれば、自分のために労力が使われ、第三者に収益を奪われない。

問題は、会社に入社する時の年齢と人生経験から一人でお金を稼ぐというトレーニングなされていないため、誰かの庇護の下で自分の時間をお金に換えるしか選択が無くなる現実だ。

定年退職する前に副業でお金を稼ぐという経験をシニアの人たちがしていると独立しやすい。組織に頼らなくても自分でお金を稼げるという自信が副業経験から得られるからだ。60歳で退職をして第二の職場を探しているシニアは、再就職よりも起業を選択したほうが後々の不安対策になる。

そのような考えに自分を向けさせるには、まだ、定年を迎えていない年齢の内に副業を始めることだ。例えば、定年を意識し始める年齢(50歳から55歳、または、55歳から59歳)になった時に副業を試す。試しながら色々な問題にぶつかるが、起業時にその問題を解決した経験が役に立つ。副業でお金を稼げるようになれば、それだけでも心の支えになる。

本来の姿は、自分の力で生計を立てることだ。自営業が出来れば、自分をとやかく言う上司もいないし、自分の考えややり方で仕事を展開できる。そんな生活をすることで組織に頼らない仕事のやり方やワークライフを作れる。会社組織に長年お世話になるのは、一見安心と安全があるようにみえるのだが、今の時代はリストラが合法的に出来る時代だ。

会社の中で安心、安全を求めすぎないことだ。

大きな変化が起きている時代は、自分の力で自分を支える経験が一番重要だ。65歳以上のシニアは、使い捨てのような仕事しか与えられない。そんな会社ばかりがシニアを求めている。人生は一度しか無い。もう、会社に頼る生活を離れて自分の翼で空を自由に飛び回る経験を味わっても良いのではないだろうか。

元気で健康な内に本来のあるべき姿の仕事を自分で作り出す。そんな挑戦を一度味わってみて欲しい。失敗は当たり前。諦めなければ失敗はない。失敗から色々な見えていない知識を学べる。会社を起こした創業者の気持ちを理解し始めるはずだ。勇気がいる。リスクを取る勇気だ。何をやるにしても勇気がないと始められない。

定年退職後のシニアの生活は、残された人生の時間で自分の勇気を試すためにある。会社で学んだ職歴がどれほど世の中で実用的であるかが分かる。大学で学んだ知識が会社組織でどれだけ生かされただろうか。今までの人生経験、労働から自分が自活できるスキルや知識を取り出して挑戦する。

誰かに頼る生活から誰かに頼られる生活に成ってはどうか。自分のスキルや知識がお客さんの人生を良くするということが実感できれば、それに値する報酬が自分の力で得られる。その報酬をもらう時の味は美味しい。

この記事「12年間以上一人で仕事をしてきたシニアが思うこと」のポイントは、

  • 一人で12年間生計を立ててくるともう二度と組織に頼る生活が精神的にできなくなる。
  • 自活が出来る力が身に付くと世の中の仕組みがもっとはっきり見えてくる。経営者側のものの考え方が自然と分かってくる。
  • 人生は一度しか無い。今まで生きてきた知識と経験を自営業者として活かして見る選択がある。

 

goyat.biz