自分の経験と知識を生かしたいシニアの募集 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

time

定年退職したシニアで何か物足りない人が大勢いるのでは無いだろうか。自分がこれまでやってきた仕事、経験、知識を有益に使いたいと思っている人が必ずいると思う。

生活費を稼ぐ目的では無く、自分の経験と知識を社会に還元して自分の存在価値を認識したいと思っているシニアは、是非、経営支援NPOクラブのドアを叩いて頂きたい。

シニアの居場所

私は、本業の傍らこのNPO団体で自分が出来ることをやっている。インターネット関連が詳しい人材がいないのでその部分を支援している。いくつかのグループがあり、私は海外支援グループとIT関連グループに所属して新しいビジネスモデルを提案している。

海外支援グループでは、海外向けポータルサイトをツールにして中小企業の製品やサービスを海外に紹介するサービスと海外ビジネス支援を行っている。現在、海外ビジネス経験者、日本語を英語に翻訳できる人、海外への輸出入業務に詳しい人などの参加を求めている。

経営支援NPOクラブのメンバーであれば、誰でも海外支援グループに参画できる。

もう一つ私がこれからやろうとしている事は、ビザスクという企業と連携してスポットコンサルサービスを法人企業に提供する事だ。これは、これから始まるがいろいろな問い合わせに答えられる企業OBの参加を求めている。

経営支援NPOクラブでの活動は、依頼された仕事をこなせば謝金と交通費が支払われる。金額は小遣い程度だがNPO団体でこれが出来ているところは少ない。三井物産のOBが10年前に設立した団体である。黒字経営で運営が成り立っているので安心して活動が出来る。

自宅で腐っているシニアで自分の能力を発揮できる場を探している方は、是非、経営支援NPOクラブのドアを叩いて頂きたい。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。