75歳以降は、何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組みを作るのが重要だ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

「お金持ちになりたければ、何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組みを作る」のが誰も望むことだ。私もそんな仕組みを作ろうと頑張っている。70歳を過ぎても働けるシニアは、労働収入+年金で経済的な生活面で余裕が生まれる。誰もが健康で働ける体を望むが、叶えられないシニアが多い。

誰かに雇用される労働形態では、限度がある。一番良いのが、簡単ではないが、自営業をすることだ。自分でビジネスをすることで自分を雇用する。これであれば、生涯現役を叶えられる。

理想を言えば、「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」知恵と努力で作り上げることだ。この仕組を追い求めるシニアであれば、チャンスは有る。今、60歳代ならば、10年かけてその仕組みを作る挑戦をしてみると良い。最初から出来ないと思わないことだ。

体が弱くなってくる年齢75歳頃を目標にお金が苦労せずに入ってくる仕組みを作る

私は63歳で自営業者である。健康で体力があれば、生涯現役で仕事を続けられる。65歳から年金を受給し始める。自営からの売り上げ+年金で生活の余裕は広がる。

でも、

万が一、自営が出来なくなる体やビジネス環境になったら年金だけが頼りになる。そんな時がやってくるのを予測して今から対策を準備する必要があると強く思っている。年金の額は、年々減少して行く。嫌だと思っても避けられない。嫌な事が将来やってくるのが分かっているならば、今から対策を立てて準備するのが人間ではないか。

何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組みは、あるのだが作れる人と作れない人がいるだけだ。作れる人は、早い時期からそんな仕組みを作るための努力をしてきた人たちだ。時間と労力が要求される。

誰にでも簡単に作れる方法は、銀行にお金を預けることだ。銀行は口座に利子を振り込んでくれる。何もせずに自動的にお金が増えて行くのだが、金額が違う。自動的にお金が入ってくるという仕組みの身近な事例として取り上げた。一般的に知られている方法や仕組みでは、旨味がない。

誰にも知られていない方法を自分で作りだすか、見つけるしかない。

その仕組みを作り出す、見つけ出すために時間と労力が発生するのだ。簡単ではない。簡単ならば、誰もがやっている。難しいから価値がある。挑戦するか、しないかで道が開けるか、開けないかだ。

体が弱々しくなった75歳の老人では、遅いかもしれない。冒険が出来る60歳代に挑戦すべきだろう。私は、目に見えないインターネットビジネスにそのチャンスを期待している。インターネットは、真っ暗な世界だ。ビジネスチャンスは先にやって見た人だけに微笑む。二番手は、成功しない。知恵と工夫が要求される。

75歳まであと12年間ある。12年という時間を投資する。色々挑戦しながら、失敗経験から上手く行く仕組みを見出したいと考えている。今は、大きな社会的変化が動き出している。変化はチャンスである。自分のリソースを味方にして有効活用するしかない。強い意志を持って求め続けないと「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」は作れない。

75歳になって働きたくても働けない体になった自分を想像してもらいたい。収入は減少して行く年金と取り崩しされる貯蓄だけだ。そんな自分にならないために今から「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」を開拓する。できると信じて挑戦する。

苦労を苦労と感じない時は、好きな事をやっている時だ。これがヒントになるかもしれない。好きな事をしてお金を作り出す事が年齢を問わずに出来れば良いだけだ。「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」は、色々な解釈で派生する。

年金が期待できないシニアは、生きて行けない社会になるかもしれない。生活保護受給者に成りたくてもなれない社会になったら、生きて行けない。生きるよりも死を選ぶ老人が増えるだろう。歳を取ればとるほど一人になり、頼れる家族や親族が居なくなる。長生きをするとそんな状況に直面する。自分が強くならないと生存できない。

「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」を作る、見つける時間と努力を惜しまない。

この記事「75歳以降は、何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組みを作るのが重要だ」のポイントは、

  • 「お金持ちになりたければ、何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組みを作る」のが誰もが望むことだ。
  • 「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」知恵と努力で作り上げることだ。この仕組を追い求めるシニアであれば、チャンスは有る。

 

goyat.biz