60歳定年退職でこれから起業の準備をしたいので助言を!と聞かれたら - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

給与が現在の60%まで下げられ同じ仕事を65歳までするという選択がある人が、起業という選択を考えている。彼は、人生100年ということを考慮して65歳以降の仕事を心配していた。今の会社が65歳まで雇用を延期してくれるのはありがたいが、待遇面と65歳以降の雇用で不安があるという。

どっちみち、65歳になれば雇用延長されたシニアは雇い止めになるのでは。それが見えているので起業という選択を真剣に考えたいという。私は今63歳である。63歳のシニアが今から起業をしようとすると色々なハンディが肩にのしかかって来る。

起業の準備は気力と情熱を如何にして高めるかだ!

起業して12年間が経つと気力も情熱も薄れ始める。ビジネスの屈曲を経験しながら、老いていく自分を見ると12年前と同じエネルギーをビジネスに投入できるか分からない。私は、起業体験をしているのでそう思うのかもしれないこれから起業するシニアは、何を自分のビジネスに求めるかだ。

お金儲けだけを目的にする、動機付けとする起業は100%1年以内に失敗する。そんな現実の事例を何人もの起業家に見ている。起業の動機をお金儲けだけにしないことだ。起業準備での助言は、これからやろうとするビジネスが自分の心の琴線に響いているかどうかだ。在り来たりの事業で起業するならば、やらないほうが良いだろう。新しい社会のニーズを感じ、そのニーズを満たせるのは自分だけだと感じる事業ならば挑戦する価値がある

気力と情熱は、自分が起こすビジネスに惚れ込んでいないと高まらない自分だけしかこのビジネスをやっていないという独創的な起業であるならば、面白い体験が出来る。仮に失敗してもその経験に価値が残る。人生は一度限りだからだ。やった人しかそれは分からない。

事業計画を起業の参考書を見ながら皆作るのだが、現実、あまり意味を持たない。事業計画で作った数字は100%当たらない。願望を計画書に描いただけになる。そんな事業計画書に時間を投資するならば、もっと役に立つことに自分の時間を使ったほうが良い。事業計画書は、A4 1枚の白い紙にビジネスモデル(収益モデル)を3つぐらい書いてそれをテストマーケティングしてみることだ。

そのビジネスモデルを実行して当たりが少しでもあれば、面白くなる。もっと追求すれば、もっとビジネスが広がるかもしれないという好奇心と楽しさが見えてくる。自分のアイデアでお金を稼げるという感激が気力と情熱にエネルギーとなって行く。

起業はまず起業という体験をすることから始まる。未経験の世界に一歩足を踏み込んでどんな世界なのかを経験することから始まる。この段階では、ビジネスの成功、失敗の評価はいらない。起業経験こそが成果だからだ。失敗経験であればあるほど、学ぶべき貴重な経験になる。

だから、

深傷を負わないテストマーケティングに限定する。予算と期間を限定することでビジネスモデルに脈が有るか、ないかを探る。3つのビジネスモデルがあれば、3回テストマーケティングが出来る予算を時間を確保することだ。1000万円あれば、300万円x3回でやれる。予算がなければ、最低でも1回のテストマーケティングを行うことだ。

多くの起業家は、ビジネスモデルを一つしか考えない。そのため、そのモデルがうまくいかないとそこで終わる。3つあれば、他の可能性を追求できる。追求しながら失敗経験を応用できるようになる。

この記事「60歳定年退職でこれから起業の準備をしたいので助言を!と聞かれたら」のポイントは、

起業準備は、(1)ビジネスモデルをA4用紙一枚に3つ書く、(2)テストマーケティングを行う予算と時間を確保する、(3)自分が見つけた独創的なニーズを満たすビジネスでなければ面白くない。(4)お金儲けだけで起業しないこと。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。