65歳を過ぎて仕事が見つからない、やりたい仕事を夢見るシニア - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

二人の知人がいる。一人は、60歳で会社を退職。もう一人は、65歳で雇い止め。二人とも健康で体力もあるシニアだ。世の中は、人不足とか、人材不足とか言って騒いでいるが、それはごく一部の業界だけだ。新聞やテレビでは、そんな業界のことを取り上げて如何にも日本全体の会社がそうであるかのように物事を大きく言う。

現実は、個人差はあるが年齢による雇用差別が実在している。メディアは、自分たちの都合の良いように情報操作をする事を忘れてはならない。そんな情報操作を信じて仕事を探しても面接にも届かない。殆どが、書類審査で落とされるという現実。年齢の壁はまだまた高い。

65歳を過ぎたシニアにとって求められる仕事は何なんだろうか。確かに65歳という年齢から来る体とやる気の衰えは否定できない。若いものと比較すれば、体力は確かに落ちている。違いは、その人が持つ仕事への忠誠心かもしれない。

65歳を過ぎて求める仕事は一体何なんだろうか?

65歳を過ぎたシニアは、年金を受給している。年金額が生活費を十分カバーできるならばお金を求めて働くという理由はない。65歳を過ぎたシニアは、お金よりも自分の経験や興味を活かしてくれる仕事を探しているのかもしれない。私が知っている70歳過ぎの老人たちは、自分たちの専門知識や過去の人脈を使って中小企業の製品を大企業につなげている。

自分のリソースを使う仕事をNPO組織の中で活かしている。お金は小遣い程度しかならないが、社会とのつながりを維持できるし、同じことをしている仲間たちとのつながりも生まれる。それが、自分の存在を確認させてくれるからだ。自分がこの世に生きている価値を何処かに求めようとしている。

新しい事を学ぶよりも過去の経験や知識を使った仕事のほうが楽であり、直ぐに成果を出すことが出来る。ただ、変化の激しいビジネスでは、過去の知識や経験が生きないという現実もある。特にIT業界はその変化が激しい。開発業務は65歳を過ぎたエンジニアには対応できない。大型コンピューターで動くソフトウエア開発よりもスマホで動くゲームアプリが求められる。スマホも上手く使えないシニアにゲームアプリを開発させることは出来ない。

65歳を過ぎて働きたいと思っている全てのシニアの望みを叶えることは無理だ。どうしても何か尖っている専門分野が求められる。会社を定年退職しても自分の専門分野で仕事を続けているシニアは、65歳を過ぎてもその道の専門家として活躍できる機会がある。その機会は、自分で起業する機会だ。特定分野の専門コンサルタントとして営業が出来れば、自分の専門を商品として売ることが出来る。

私の知人は、会社に雇用されて働いている人が少ない。多くは、起業(個人事業主)している。65歳という年齢の壁は、60歳の壁よりも高い。誰にでもできるようなアルバイトやパートで満足するならば、そのような仕事を見つければ良い。自分の余生をもっと、もっと楽しみたいならば、自分の専門知識や得意を仕事ととして作り上げることだ。

過去の専門的な経験と知識+公的な資格+営業力があれば、いつでも起業ができる。起業で生活費を稼げるように成れれば、自分を雇ってくれる会社を探すのが馬鹿らしくなる。違った世界があることを発見するのだ。やりたい仕事があるならば、その仕事でお金を稼ぐ仕組みを自分で考え、開拓することである。

誰かに頼る人生から自分で自分の人生を開拓する方向に希望を見出すべきだ。

この記事「65歳を過ぎて仕事が見つからない、やりたい仕事を夢見るシニア」のポイントは、

  • 確かに65歳という年齢から来る体とやる気の衰えは否定できない。
  • 自分のリソースを使う仕事をNPO組織の中で活かしている。
  • 過去の専門的な経験と知識+公的な資格+営業力があれば、いつでも起業ができる。

 

goyat.biz