60歳を過ぎても働ける仕事は65歳までが限度:65歳後も働ける仕事を最初から探す、作る - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳を過ぎて正社員の職を探すのは100%難しい。特別なスキルや経験が無い限り良くて年次更新契約社員だ。良くて非正社員の職を得るぐらいだろう。それがもう見えている。

そうであるならば、最初からアルバイトやパートで65歳以上の高齢者が働き続ける職場を探したほうが良い。それか、まだ元気で体力があるうちにこんな生活を65歳までやって65歳から自分の仕事で生計を立て、老後を楽しく暮らす。

こんな生活とは、・・・

社長になって遣り甲斐がある仕事をするためのステップ

60歳が過ぎても就職を求めているシニアは、自分を雇用してくれる経営者の立場と考え方を想像してもらいたい。あなたが中小企業の社長で社員を新たに雇いたいとしたならば、60歳過ぎのシニアを雇う理由があるのだろうか。若い人を雇えないからその代わりにシニアを雇うほど人材不足なのだろうか。

自分より年上の社員を雇うには、その社員に何か特別な能力や経験が無いと雇い難いはずだ。人間であれば誰でも良いという仕事ならば、年齢よりも人手が重要という事だ。仕事は誰でもが出来る面白くない仕事が多いだろう。第二のキャリアを見出すのは難しい。 

経営者は、60歳過ぎのシニアよりも40歳代、50歳代の中高年を優先するだろう。それは、誰もが考える選択だ。誰もが寄り付かない会社で働くのは、リスクが高い。離職率が高いという裏には、何か理由がある。そうまでして雇用される仕事を探す理由があるのだろうかと私は思う。

私がお勧めする60歳過ぎの仕事探しは、こんなやり方だ!

1日の半分を生活費を稼ぐアルバイトやパートの仕事を自宅近くで見つけて働き始める。残りの半分の時間を自分がやって見たいというビジネスの準備に使う事だ。起業は、試行錯誤と失敗の連続だ。やりながら学ぶべき事が多い。時間がかかる。65歳で起業に挑戦するよりも60歳過ぎで始めたほうが断然有利だ。

起業は、シニアの最終的な就職場だ。

65歳以降も働き続けたければそれが確実に出来る自分が作ったビジネスをするしかない。他人が作ったビジネスを助ける人材としてあなたを評価すると年齢的にも体力的にも不適合になる。他人である経営者は、あなたを単純な労働者としか見ていないからだ。自分に都合が良い人材だけを雇って利益を上げる。それが出来るシニアであれば、可能性はある。

もし、利益をもたらす実力が確実に自分にあると思っているならば、他人のためではなく自分のビジネスのためにその能力を使ったほうが良い。もう、他人が作ったビジネスの中で自分の時間と労働を切り売りする事を止めよう。

起業すれば、経営者の心理と考え方を直ぐに分かるようになる。その時、起業を選択して良かったと思うはずだ。私の知人(65歳)は、経理の専門家だ。彼は、55歳でリストラされて会社を転々と転職してきた。経理の専門家であるため、中小企業の経営者からオファーが65歳まで続いた。

ただ、

オファーをくれた中小企業の経営者の大部分がワンマン社長で決して楽しい仕事ではなかったようだ。無理難題が多く、正論が全然通らない会社経営であったという。65歳の時に会社勤めを諦めざるを得なかった。経理の専門家でも年齢の壁は厚く高かったようだ。今は、自宅で学研の英語教室を開いている。

経理の専門家でも最終的には自分でビジネスを始めるしか選択肢が無くなったという事だ。私に言わせれば、フランチャイズは損だ!フランチャイズに依存するならば、自分でビジネスモデルを考えて始めたほうが儲けが大きい。利益の50%以上がフランチャイズ側に取られるだろう。

そんなビジネスを始めるくらいならば、1日の半分をアルバイトやパートで生活費を稼いで、残りの時間で自分でビジネスを始めるための試行錯誤をやった方が遣り甲斐がある。

この記事「60歳を過ぎても働ける仕事は65歳までが限度:65歳後も働ける仕事を最初から探す、作る」のポイントは、

  • 最初からアルバイトやパートで65歳以上の高齢者が働き続ける職場を探したほうが良い。それか、まだ元気で体力があるうちにこんな生活を65歳までやって65歳から自分の仕事で生計を立て、老後を楽しく暮らす。
  • 1日の半分を生活費を稼ぐアルバイトやパートの仕事を自宅近くで見つけて働き始める。残りの半分の時間を自分がやって見たいというビジネスの準備に使う事だ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。