「好きな仕事」は老人を青年のように若々しくするという不思議な力がある - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

自分をもう一度若い時のように若返らせたい!そんな欲望を誰もが持っている。肉体は、筋トレを定期的にやり続けないと若返らせる事が出来ないが、やれば老人でない肉体美を作れる。精神面の若さは、やりたい事に情熱をもって時間を注いでいれば自然と顔が輝きだす。仕事に老後の生き甲斐を見いだそうとしているシニアは、自分で仕事を作り出すことしか道はないのだが・・・!

60歳代の時に70歳以降の老後の生活をイメージする必要がある。

「好きな仕事」を作り出せば、または、見つければ、苦労が苦労と感じないで顔が輝き出す!

70歳過ぎのシニアが経営支援NPOクラブで第二のキャリアを楽しんでいる。活発にNPOの仕事をやっているシニアは、70歳代が多い。中小企業の販売支援が主な仕事になるが、過去の人脈を使った中小企業の販路開拓支援になる。彼らは、NPOが支給する日当を当てにして働いてはいない。日当は、本当に雀の涙ぐらいの金額だからだ。

彼らは、自分の職務経験が生きる仕事をNPOで見つけてその仕事を楽しんでいるだけだ。

全国各地の地方自治体が中小企業を支援している。その手足としてNPOの活動がある。そのため、北海道から九州、沖縄まで支援活動をしている。70歳を過ぎても自分が好きな分野で仕事を続けられるNPOの仕事は、組織の中で活躍してきたシニアに生き甲斐を与えている。営業が好きなシニアならば、中小企業支援のNPO団体に所属する事で過去の経験を活かせる事が出来る。

今日も北海道の中小企業を支援するための打ち合わせがあった。参加したシニアは、確実に私よりも年上の方々だ。70歳は越えているシニアである。70歳を越えていても顔は若々しく見える。やるべき仕事があり、グループ活動でお互いを助け合いながら仕事ができるからだ。会社のような上下関係はなく、自分の裁量で与えられた仕事を遂行する。

今回は、札幌までグループで1泊2日のビジネス出張になる。仕事が終われば、北海道の美味しい海産物や農産物を味わいに行く。そんな楽しみもある。自分の過去の経験が生きる仕事は、社会とのつながりを維持させてくれる。世の中の流れに付いて行けるようになる。会社員時代のように給与のために働いていない。好きな仕事だけをやっているシニアたちだ。

好きな仕事があるシニアは、精神的に充実する生活を送る。自然と活動が活発になる。自宅でテレビを見ている暇はあまりない。中小企業を支援のために情報収集をしたり、支援企業を訪問して助言をしたりする。中小企業を支援のために働くのだが、実際は自分の生きがいのために働いている。

誰でも自分の力で誰かを助ける事が出来ると知れば、支援の手を差し出すだろう。それが好きな仕事であれば、猶更、その仕事を生き甲斐にする。自分の得意が何かのお役に立つとなれば、70歳を過ぎても力が入る。やる気が出てくる。やる気は新しいエネルギーを体の奥底から作り出す。それが若さとして表面化するのだ。

好きな仕事を見つけてお金のためではなく、自分の生きがいのために働く。その活動が老人の人生を実りある人生にする。

この記事「「好きな仕事」は老人を青年のように若々しくするという不思議な力がある」のポイントは、

  • 自分をもう一度若い時のように若返らせたい!そんな欲望を誰もが持っている。
  • 好きな仕事がやれる環境に自分の身を置けば、誰もが遣り甲斐を感じ始める。
  • NPO団体の仕事に生き甲斐を感じて働いている70歳過ぎのシニアがいる。好きな仕事は、その人の人生に新しい明かりを灯す。

 

goyat.biz