お金がほしい年金受給者は65歳から何をすべきか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

お金が欲しい人は大勢いる。子供も大人も老人もだ。お金は労働に対する対価である。年金受給者になった65歳の高齢者は、受け取る年金額では生活できないと感じたら、2つに1つのアクションを選択するしか無い。誰もが思い付く当たり前の選択だ。

  1. 年金額で生活が出来る生活水準に下げて生活をする
  2. 足りない金額を働いて稼ぐ

多くの高齢者は、健康で元気ならば働き口を探すだろう。今の生活水準を下げて質素な生活にライフスタイルを変える人は、私から言えば、凄く賢い。

お金が欲しい年金受給者はいつまで働けるかを想像して対策を準備する

肉体労働でお金を稼げるのは限界がある。何歳まで働き続けられるかを自分で決めておくことだ。目標を75歳としたならば、75歳まで働けるアルバイト・パートを確保する。

同時に、

夫婦二人で生活をするときに発生する最低限度の生活費を計算する。

  1. 住居費
  2. 食費
  3. 公共料金(電気、水道、ガス)
  4. 通信(電話やインターネット)
  5. 困ったときに使う予備費

上記の項目で自分たち夫婦は毎月いくらぐらいで最低限度の生活を営んで行けるかを試算する。この試算額を頭に入れて老後の生活を考えるべきである。働けない体になった時や仕事が見つからない時、受給年金額だけで生活が出来るようにしないと貯蓄を切る崩す生活に入る。貯蓄には自ずと限度がある。

受給年金額が試算額よりも多ければ、一安心だ。生活水準は、酷く下がるが生きていける。そんな安心感を手に入れられる。試算額がどうしても年金受給額よりも大きい場合は、今から知恵を働かせて対策を準備する。

今、健康で元気ならば、働くことで稼いだお金の50%を老後の貯蓄に回すことだ。これは基本の基本だ。これをやりながら、別の稼ぎ方を考える。肉体労働が辛くて忍耐の限度に来ていた時にどうするかだ。持病で体が言うことを聞かなくなったら、どうするかだ。肉体労働が出来なくなるならば、知的労働に切り替えてお金を稼ぐしか無い。

 知的労働は、専門的なスキルか、独自のアイデア(または知恵)が求められる。誰にでも出来る労働ではない。やろうとするならば、それなりの準備が必要だ。

自宅を離れないでお金を稼ぐには、インターネット上でビジネスをするしか無い。インターネットでビジネスをするには、インターネットの仕組みとビジネスについて勉強する必要がある。勉強しながら、自分ができるビジネスモデルで試行錯誤をして経験値を得る必要がある。

私の今のビジネスは、全てインターネット経由で完結している。知的労働を実践している。自宅で仕事はご法度になっている(家内が嫌がるので)のでスタバに行って仕事をしている。

インターネットで知的労働をするには、自宅にインターネット接続環境があることが大前提になる。パソコンが有り、キーボードで入力ができるスキルが必要だ。最低限、この2つがないとインターネットで知的な労働は出来ない。65歳代の高齢者ならば、パソコンやインターネットについて学ぶ力がある。

どんな知的労働がインターネットで出来るのか?

私は、いつも、シニアの知人にこんな助言をしている。自分の得意でお金を稼ぐ事が出来るかどうかを検証できる「ココナラ」というウエブサービスサイトでサービスを登録してお客さんからお金を頂けるかどうかだ。

私は、こんなサービスを登録してお金を稼いでいる。この仕事は、いつも、ボーナス的に発生するので小遣い稼ぎのような位置づけである。

【インターネットビジネスで独立】ノマド仕事スタイルに必要な物と場所を助言します!  

新規インターネットビジネスのビジネスモデルについて助言します。   

【リストラされた中高年向き】50歳以上で起業される方の相談相手になります。  

あなたのホームページを改善する助言を一つ教えます  

 【英会話が出来ない方へ】1年間で日常英会話、ビジネス会話が出来るようになる方法

【女性に話しかけられない男性】楽しみながら女性と会話ができる方法を教えます!

まずは、「ココナラ」で自分の得意を棚卸して下さい。

この記事「お金がほしい年金受給者は65歳から何をすべきか?」のポイントは、

  • 多くの高齢者は、健康で元気ならば働き口を探すだろう。今の生活水準を下げて質素な生活にライフスタイルを変える人は、私から言えば、凄く賢い。 
  • 肉体労働でお金を稼げるのは限界がある。何歳まで働き続けられるかを自分で決めておくことだ
  • 肉体労働が出来なくなるならば、知的労働に切り替えてお金を稼ぐしか無い。

 

goyat.biz