70歳を越えて仕事をしたいシニアは専門的なスキルを身に付ける準備をすべきだ! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

70歳を越えて仕事をしたいシニアならば、年齢ごとに雇用状況が変わることを認識すべきだ。60歳、65歳、70歳で雇用する側が雇用対象者を絞り込む。誰もが70歳まで働ける仕事はない。限られたシニアしか仕事は提供されない。仕事を続けたいシニアは、70歳まで働くために必要なスキルを身に付ける必要がある。

求められるスキルは、専門分野のスキルが多い。それは、匠の技術だ。または、長年の経験値が強みになる分野である。身近な事例では、特許の翻訳などがある。私の知人が技術系の特許事務所で翻訳の仕事をやっている。その仕事場では、定年がない。自分がもう働けないと感じたらその時が定年になるという。技術系であるので専門分野の知識や経験がないと翻訳が出来ない。年収は1000万円近いと聞いた。

需要があるが出来る人が少ないと言われる専門分野を狙う!

自分の得意な分野で将来的に需要が強いならば、その分野の専門知識と経験を継続して得られる環境に自分を置くことだ。または、自分の専門分野の知識を応用出来る分野を探してその分野で尖る経験を積むことである。私の専門分野は、インターネットのビジネスモデル作りだ。インターネットでビジネスをしたい起業予備軍にビジネスモデルの助言とコンサルティングをする。

面白いもので自分のビジネスモデルよりも他人が考えたビジネスモデルのほうが客観的に分析ができる。自分のインターネットビジネスの起業経験が生きるからだ。インターネットビジネスで生活が出来る人は限られている。その中の一人だから、失敗する人の欠点が見つけやすい。インターネットビジネスでお金を稼ぐまで色々な失敗を経験している。試行錯誤の経験が豊富だからだ。

インターネットビジネスのコツは、誰も考えたことがない、やったことがないビジネスモデルを考え出して最初に実験することだ。先手必勝がインターネットビジネスのコツだ。二番煎じは競争に勝てない。

私がJoomlaと言うオープンソースソフトウェアを使ってポータルサイト構築サービスを始めた時、私よりも技術力があるエンジニアは賢すぎてリスクが高いオープンソースソフトウェアを使ったビジネスを始められなかった。私は、Joomla CMSの素晴らしさに盲目になりオープンソフトウェアのリスクが見えていなかった。これは後でそのリスクに気が付いた!その時は既に気づくには遅かった。

だが、それが成功する基盤となった。

オープンソースCMSでビジネスをする競争相手が少なかったからだ。自分が市場を開拓していけば良いだけだった。競争が激しいレッドオーシャンよりも競争がないブルーオーシャンのほうがビジネスを立ち上げやすい。

どんな分野でも良いから競争相手が少ない、参入できていない市場で先にビジネス経験を積むことがその分野の専門家に成れる。

今は需要が少ないが、将来的に需要が強くなるという分野で誰よりも先にビジネス経験を積むことが自分のセールスポイントになる。今、60歳代ならば新しい分野に自分のスキルを応用できるならば先に経験をすることだ。海に飛び込む最初のペンギンになって誰も知らない経験をする。その経験を基盤にしてビジネスの機会を探す。自分を特定分野の専門家になるには、誰もが経験したことがない分野で先に経験を積むしか方法が無い。

1990年代には、ウェブデザイナーという職業はなかった。今は、誰もが知っている職業になっている。1990年代にホームページ制作サービスを始めた先駆者は、多くの人が成功している。需要が最初は細かったが、2000年代に突入するとウエブデザイナーの重要がうなぎ登りになってウエブデザイナー育成学校が乱立した。

時代の流れの先を感じられるシニアならば、自分の感性を信じて新しい分野の先駆者になる準備を始めることだ。これが一番手っ取り早い。当然、リスクは高い。リスクを取らないで成功することはない。

この記事「70歳を越えて仕事をしたいシニアは専門的なスキルを身に付ける準備をすべきだ!」のポイントは、

  • 求められるスキルは、専門分野のスキルが多い。それは、匠の技術だ。または、長年の経験値が強みになる分野である
  • 私の専門分野は、インターネットのビジネスモデル作りだ。インターネットでビジネスをしたい起業予備軍にビジネスモデルの助言とコンサルティングをする。
  • 時代の流れの先を感じられるシニアならば、自分の感性を信じて新しい分野の先駆者になる準備を始めることだ。

 

goyat.biz