定年退職後のキャリアはフリーランス(個人事業主) - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳、65歳で定年退職をするシニアは、一般的に会社組織で次の職場を探そうとする。聞こえてくる雑音は、再就職を見つけるのが大変という雑音だけ。実際に再就職活動を始めて、その雑音が現実であることを悟る人が多い。

70歳まで働こうとすると誰かの会社組織にぶら下がる生活が無理なのが想像できる。経営者と労働者とのお見合いがうまくいかない。経営者は即戦力になる経験者か、教育して育てる若者かのどちらかを考える。

即戦力になる経験者は、その会社が探しているスキルと経験、そして、知識を持っているシニアだ。定年退職したシニアが自分のスペックに合っていれば、再就職は可能だ。自分で自分をマーケティングする能力が有れば、脈がある。人材紹介会社などを頼ると待たされた挙句にとんでもない、期待はずれの会社を紹介される。

人材紹介会社は、万能ではない。担当者は、紹介しやすい若い人材を優先的に紹介して自分の売上を伸ばしたい。シニア人材は、市場も狭く、求めている会社も少ない。手間がかかる。

70歳を越えても収益を得たいシニアは、定年退職前から定年退職後の生活をイメージして準備している。それが、フリーランス(個人事業主)である。定年退職が近づいてくる3年から5年前から70歳以降の老後の生活を想像し、準備する。

副業から個人事業にソフトランディング!

会社から給与を頂いている間に副業という形でビジネスのイロハを学ぶ。自分でお金を稼いだ経験がない会社員であるので失敗経験が必要になる。失敗を何度もしながら自分に欠けている知識、スキル、客を見る目を養う必要がある。会社の給与で生活が出来ている間に自分が始めたいビジネスを絞り込む。それが副業をすることでより現実味を帯びる。

フリーランス(個人事業主)になるには、「開業届」と「青色申告承認申請書」の2枚の届書を税務署にある用紙に記入して提出するだけでよい。副業の場合は、最初から売上が大きくないので「開業届」などは必要が無い場合が多い。会社がフリーランスとして働き始めても良いというならば、是非とも「開業届」を提出して個人事業主としての経験を積むことだ。

個人事業主としてビジネスを始めるとこんな準備をすることになる。

  1. 開業届に記載した屋号で銀行口座を作る
  2. 屋号で名刺を作る
  3. 確定申告書を作成するために便利な個人事業主向けの会計ソフトを購入、または、ウエブサービス(クラウド会計Freee)などを使う
  4. 経費として使った時にレシートや領収書を必ず頂きA4用紙に貼り付けて管理する

フリーランスで仕事をする意味を色々なセミナーで勉強しながら自分が始めるビジネスの準備でかけている点を見直す。最初から売上があるシニアは、副業で既にビジネスを立ち上げている人達が多い。多くは、1年間ぐらいは赤字が続く。定年退職組のシニアならば、退職金で1年ぐらい売上がなくても生活で不自由がしない。

もし、退職金で生活が難しいと思っているシニアはできるだけ早く(会社から給与を頂いている間)副業で売上を立てられるようにすることだ。

1円でも良いから定年退職前に自分の力で売上を立てることができれば、定年退職後に個人事業者としてすぐにビジネスを開始できる。自分が始めるビジネスモデルでお客さんがお金を支払ってくれるという実績がある、ないで1年間を赤字で終わるのか、生活費を稼げるのかが決まる。

定年退職後に始めるフリランスビジネスでソフトランディングしたいならば、今から副業を始める準備をすることだ。年齢が55歳前後で会社から第二のキャリア研修を受けるよう指示されたならば、副業が可能かどうかを人事部に確認してみることだ。もし、駄目ならば、週末副業とか、インターネット副業とかがあるのでネットで調査してみることをオススメする。

60歳から70歳の間は、社会で働ける体力と気力が残っている。定年退職は新しい人生の試みを始める節目になる。過去に「サヨナラ」をして、将来に「こんにちは」をすることだ。

時代の大きな流れは、スキルを持ったフリーランスや新しいビジネスチャンスを作る個人事業者に向かっている。この流れは確かである。人材不足と言っても不足している人材は、主に社会の底辺で肉体労働をする人手が多い。面白い仕事を探しているシニアならば、自分で楽しくなる仕事を作ったほうが良い余生を送れる。

この記事「定年退職後のキャリアはフリーランス(個人事業主)」のポイントは、

  • 定年退職を迎える60歳、65歳のシニアの再就職先は見つけるのが大変。見つかっても安定した就職先にならない場合が多い。年次更新交渉、使い捨て、人が嫌がる仕事ばかり。
  • 70歳を越して働きたいならば、フリーランス(個人事業主)になることだ。
  • 定年退職後に始めるフリランスビジネスでソフトランディングしたいならば、今から副業を始める準備をすることだ。