シニアが静かな時間を過ごす場所はどこか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

平日の午前中にカフェに行くシニアが多い。奥さんに自宅を追い出されて暇を潰せる場所に行くのだ。平日の午前中は、意外な場所がシニアの居場所になる。私は、いつも、スタバに行って仕事をしている。スタバは、出勤前にコーヒーを飲んで時間調整をしている会社員が多い。9時前後に席が空き始める。

スタバに行く途中にマクドナルドのお店がある。いつも、通りすがりにどんな人たちが平日の午前中にマクドナルドにやって来るのか観察をしている。

シニアの穴場

マクドナルドは、子供や学生がやって来るやかましい場所である。

でも、

やかましくなるのは、昼から午後、夕方の時間帯だ。午前中は、あまりお客が席に座っていない。座っているのは、行き場所を失ったシニアたちだけだ。新聞、雑誌、文庫本、パソコン、タブレット、スマホなどを持ち込んで静かに1杯100円のコーヒーを飲みながらやりたい事をやっている。

横浜駅近くにあるドトールコーヒー店などは、平日の午前中でも人の出入りが多い。大学生、会社員、ノマドワーカー、打ち合わせなどで落ち着かない。

午前中のマクドナルドは、その意味ではシニア向けである。1杯100円のコーヒーで昼前まで自分の居場所として使えるからだ。やかましい子供や幼児連れの母親はいない。

出来るならば、大きな駅の近くにあるマクドナルドではなく、各駅停車の駅近くにあるマクドナルドがお勧めだ。都会よりも郊外のマクドナルドのほうが午前中やってくるお客が少ない。子供や学生は幼児園や学校だ。

午後は、近くの図書館に行くオプションがある。気分転換に時々図書館に足を運ぶ。学生が勉強しているテーブルで読みたい文庫本を読む。新聞や雑誌が置いてある場所は、図書館が自宅になっているシニアたちで占有されているので避けている。借りたた文庫本を持って近くの公園に行く。ベンチが開いていればそこで自然を感じながら読書にふける。

静かな時間を過ごす場所は

  1. 平日午前中、郊外のマクドナルド店
  2. 平日午後、図書館
  3. 平日午後、公園

こんな感じだ。老いて来ると静かな場所を探したくなる。スタバは、決して静かではない。やかましい。カフェだから多くの人がおしゃべりをしている。時々、気分転換が必要になり、場所を変えている。平日午前中のマクドナルド店は、穴場である。

この記事「シニアが静かな時間を過ごす場所はどこか?」のポイントは、

  • いつも、通りすがりにどんな人たちが平日の午前中にマクドナルドにやって来るのか観察をしている。
  • マクドナルドは、子供や学生がやって来るやかましい場所である。でも、やかましくなるのは、昼から午後、夕方の時間帯だ。
  • 平日午前中のマクドナルド店は、穴場である。