シニア女性の介護士資格不要の短時間アルバイト:介護シェアリングの仕事 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

介護業界は慢性的な人手不足。その理由が、専門知識と資格が必要で体力的・精神的にきつい仕事で低賃金であるという事だ。一人の介護士が色々な介護の仕事をこなし、環境に慣れるまで数か月がかかる。介護士になる人は、情熱と強い意志が無いと続けられない。

介護業界ではシフト制の勤務(早番・日勤・遅番・夜勤など)が一般的だ。これを時間単位で勤務を区分けるのではなく、実際に行う仕事で区分けてその仕事だけをシェアリングするアルバイトが生まれ始めている。そのため、介護資格が必要でない仕事だけをお手伝い感覚で短時間だけ行う仕事が生まれる。

株式会社リジョブが介護シェアリング提唱している。

リジョブが提唱する『介護シェアリング』とは、今までの早番・日勤・遅番・夜勤といった、「時間」で分けた働き方ではなく、「送迎」「入浴」「食事の配膳・下膳」「清掃」「リネン交換」「口腔ケア」といった業務を塊ごとに細分化し、それを専門的に担うスタッフを雇用することで、今まで一人のスタッフが行っていた複雑な業務を、複数人でシンプルに行う、という勤務形態である。

介護を仕事別に細分化:シニア女性でも気楽に働ける

まだ始まったばかりの介護シェアリングであるため、細分化した仕事で短時間のアルバイトをする求人は、まだ少ないがこんな仕事が現在ある。

  • 送迎
  • 調理補助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • リクレーションの企画と運営
  • 施設内清掃

詳細は、こちらまでお問い合わせください。

株式会社リジョブ 介護シェアリング担当

TEL : 03-5989-1801
e-mail :

介護士の資格がいらない(誰にでもオープンな短時間の仕事)

下記のような仕事には、介護士の資格が必要ない。

  • 送迎
  • 調理補助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • リクレーションの企画と運営
  • 施設内清掃

送迎は、運転免許が必要だがそれ以外の仕事は特別な資格やスキルは必要ない。自分が出来ると思う仕事で少しでもお金を稼ぎ、充実した老後の生活を築くべきだろう。シニアにとってシフト制の勤務は体にきつい。働く日数と1日の労働時間数が柔軟であると働きやすい。

介護シェアリングという仕事の仕方が広がると介護資格が無いシニア女性に働きやすい仕事が生まれてきやすくなる。人生100年で寿命が長くなると老老介護が当たり前のような時代になる。元気な老人が弱った老人を助ける時、一人で全てをやるのではなく複数人で一人の仕事をやる労働にすれば仕事が可能になる。

この記事「シニア女性の介護士資格不要の短時間アルバイト:介護シェアリングの仕事」のポイントは、

  • 介護業界は慢性的な人手不足。その理由が、専門知識と資格が必要で体力的・精神的にきつい仕事で低賃金であるという事だ。
  • 介護シェアリングは、実際に行う仕事で区分けてその仕事だけをシェアリングするアルバイトである。
  • 介護の仕事を一人で全てをやるのではなく複数人で一人の仕事をやる労働にすればきつい仕事も可能になる。