現実とインターネットの世界で働くとしたらシニアはどちらを選ぶのか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

65歳を過ぎたシニアが仕事を探す時、今までと同じ現実の世界で仕事をするか、それとも、インターネットの世界で仕事を見つけるかの選択がある。多くの65歳以上のシニアは、インターネットの世界に疎い。IT分野で働いていたシニアならば、インターネットで仕事を探すだろう。

でも、

普通の65歳以上のシニアは、インターネットの世界なんて分からないと思って始めから選択肢を閉じてしまう。これは非常に近視眼的な判断である。

65歳からは肉体労働よりも知的生産労働だ!

65歳から75歳まで10年間ある。何かに集中して自分の専門分野を極める時間として十分だ。少なくともその専門分野で仕事を作る試行錯誤をする期間として。少なくとも年金を受給している65歳シニアだから、生活苦で明日にでも困るということはないだろう。

肉体労働、朝9時から夕方5時までオフィスで働くにしても肉体労働になる。それも誰かの制約下に置かれ精神的なストレスを感じながら。自分のペースで興味があることを仕事に出来ればそれがシニアにとって一番良い。他人にぶら下がって働く思考から自分で自分を雇う思考に早く切り替えることだ!

肉体は老化するが脳は発達するので頭を働かせる仕事が良い

長年会社という組織で働いている人は、雇用されて働くということに安心、安全、そして、心地よさを感じる。その状態の延長線を65歳過ぎも求めがちだ。会社はあなたの時間と労働をお金で買っているだけであることを再認識すべきだ。決してあなたに安心、安全、心地よさを与えるためにあるものではない。

会社はあなたという人材を会社都合で使うだけである。用がなくなれば、それであなたは捨てられる。シニアの労働力は使い捨て的な一時的な部品としか見られていない。

自分という存在の棚卸しをして自分の知恵と知識、そして、スキルで知的生産労働を考えてみてはどうだろうか。

老いてくると自分の脳を使う頻度が減ってくる。仕事をしていれば、頭を使う機会が多いので脳は大いに刺激され活発に働く。肉体と同じように使えば使うほど生活環境に適応する。肉体は老化で弱体化する運命にあるが、脳は肉体ほど弱体化しない。

脳はまだまだ未使用な部分が多いので使えば使うほど発達する。脳を刺激する仕事を作って老後の生活を作り直してみてはどうか。言葉で言うことは容易いが実際に何をすれば良いかという問題になる。インターネットの仕事は、絶えず、新しい学びと実行を伴う。トライアルとエラーを繰り返して上手く行く方法を見つける。そのプロセス自体が脳に良い刺激を与える。

脳を指の動作で刺激しながら仕事をする

インターネットビジネスを始めるとパソコンを使うことになる。パソコンは基本指でキーボードを操作する。指をいつも使うのでそれが脳を刺激する。今、このページを書いているが、キーボードを使って文字入力をしている。脳で何を書くかを考えながらアイデアを指でキーボードに伝えて文字にする。

認知症予防の運動に最適である。私は、人生経験豊かなシニアに自分の人生をブログにして情報発信ビジネスをすべきだと思っている。シニアの強みは、(1)自由になる時間、(2)65年以上の人生経験、(3)年金という最低限の経済的な安定である。

パソコンを使えないシニアは、一からパソコンとインターネットを勉強すれば良い。半年ぐらい集中して勉強すれば、自由自在にパソコンを仕事道具として使えるようになるだろう。新しいことを学ばないと新しいことに挑戦できない。普通にパソコンが使えるシニアは、自分のホームページを所有することである。

インターネットで情報発信をしてビジネスを作るには、自分所有のホームページが必須だ。準備することは、

  1. ドメインの取得(お名前.com で買える)年間費用は1000円前後
  2. ホームページを設置するレンタルサーバー(エックスサーバー がおすすめ)月額1000円前後、年間契約で
  3. レンタルサーバー側で提供するWord Pressなどを簡単インストールして使う(Word Pressの使い方も勉強すること)

新しく学ぶことが多いが、時間はたっぷりあるはずだ。インターネットでお金を稼ぐには、時間を味方にするしかない。焦ってはいけない。シニアは、ゆっくりと新しいことを学ぶステップが良い。急ぐシニアは、Word Pressブログシステムについて学べる教室に通うか、ウエブで学べる動画コースを受講するかである。

自分でWord Pressブログシステムを操作できるようになったら、始めて情報発信のビジネスを始める出発点に立つ。

「働く場所と時間」を自分の都合に合わせられる

インターネットで知的生産労働を始めると自分で働く場所と時間を決められる。インターネット環境がある場所であれば、自分のブログサイトにアクセスして情報発信が出来る。こんな書籍がある。

adsense

この書籍を一読してブログで広告収益を稼ぐ方法を理解することである。私のようにカフェで仕事をするシニアは、モバイルノートパソコンを使っている。どのカフェでもインターネットにアクセスできるようにいつもモバイルルーターを持っている。

多くのカフェは、無料Wi-Fiサービスを提供しているが色々と制約がある。自分だけのインターネットアクセス環境を持てば何も気にならないで仕事が出来るようになる。

ただ、難しい問題がある。この広告収益ビジネスは、参入障壁が低いのだが多くの人が途中で諦めてしまう。短期的にお金を稼ごうとすると稼げない現実の壁にぶつかるからだ。すぐにお金を稼ぎたい人向きではない。その点、シニアは時間を味方にしている。ゆっくりと自分のペースで続けられる。

お金を稼げるようになるまでブログを最低3年間書き続ける覚悟さえあれば、あなたは情報発信でインターネットビジネスを作るようになる。何をやるにしても苦労は伴う。それを分かって始めることだ。

この記事「現実とインターネットの世界で働くとしたらシニアはどちらを選ぶのか?」のポイントは、

  • 65歳を過ぎたシニアが仕事を探す時、今までと同じ現実の世界で仕事をするか、それとも、インターネットの世界で仕事を見つけるかの選択がある。
  • インターネットの仕事は、絶えず、新しい学びと実行を伴う。トライアルとエラーを繰り返して上手く行く方法を見つける。そのプロセス自体が脳に良い刺激を与える。
  • お金を稼げるようになるまでブログを最低3年間書き続ける覚悟さえあれば、あなたは情報発信でインターネットビジネスを作るようになる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。