カフェはシニアの居場所になるか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

カフェを仕事場にしている私である。仕事をする環境として都合が良いのはスターバックスである。スターバックスにはあまりシニアが来ない。若い男女のお客さんが多い。ドトールコーヒーショップに行くと客層がガラリと変わる。中高年で席が埋まっている。シニアのお客が目立つ。

カフェはお店によってシニアの居場所になることは確かである。シニアはどんなカフェを居場所にしているのだろうか?

私が横浜駅周辺にあるカフェを観察してみるとこんな発見がある。

  • 外資系のカフェは若者中心で日本資本のカフェは中高年のお客が多い
  • 価格が安いカフェか、高いカフェの両極でシニアが多い
  • チェーン店のカフェよりも純喫茶的な個人営業のカフェにシニアが集まる

シニアが居場所にしているカフェは?

コーヒー1杯の料金が安いカフェでシニアが多いお店は午前中からシニアが多い。横浜駅近くにあるドトールコーヒーショップは安い割に味が良いコーヒーであるためか朝早くからシニアが新聞を持ってやってくる。カフェ・ベローチェはドトールコーヒーよりも安いコーヒーが飲めるのでシニアの溜まり場になりやすい。

コメダ珈琲店は、価格が高いが長時間滞在しても居心地が良いためかシニアの男性たちに人気である。中高年の女性は、カフェ・ド・クリエで多く見かける。

スタバで見かけるシニアの多くは、パソコンを持ってきて何やら仕事をしているシニアが多い。私と同じように仕事場としてスタバを活用している。面白いことにシニア女性が仕事でスタバを利用している場面に出くわさない。

シニアはカフェで2〜3時間暇を潰して場所を移動する。移動先になるのは、デパートの休憩場所だ。トイレの近くに休憩用の椅子が用意されている。ランチのあとにシニアが休憩場所を専有している。何もすることがなくただ座っているようなシニア男性が多い。

午前中はカフェ、午後はデパートの休憩場所といったパターンが見受けられる。デパートの休憩場所のあとは、どこに行くのか分からない。自宅近くの公園かもしれない。コンビニのイートインかもしれない。

シニアの居場所探しでカフェは重要な場所になる。コーヒーを飲みながら今日1日の予定を考える場所だからだ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。