60歳から65歳にかけて年収が急降下、どうすれば良いか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

65歳を過ぎても年収600万円以上を維持できているシニアは何らかの老後対策を実行した結果であると私は思っている。多くのシニアは、年収が受給する年金額になるからだ。その金額は、厚生年金、企業年金があるかないかで額が相当変わる。大手商社ならば、最低でも月額50万円以上の企業年金が頂ける。それに厚生年金と国民年金がプラスされるのである。

一方で中小企業では、トータルの年金月額20万も行けば良い方ではないか。年金プアー層に入るか、入らないかの境界線領域だ。年金だけでは生活が苦しいシニア層が増える。60歳代よりも65歳代以降のシニアが大きな問題を抱える。

60歳で定年退職で再雇用、65歳で失職でアルバイト

定年退職で年収が上る人と急降下するシニアが生まれる。多くのシニアは年収が急降下する。60歳で雇用継続をする会社は少ない。多くの会社は、60歳で社員を退職させてから再雇用という方法を取る。これをすることで新しい給与体系で再雇用社員の人件費を合法的に下げることが出来るからだ。

退職前の年収を強制的に6割から5割まで急降下させる。嫌ならば、そのまま定年退職をして下さいという事である。転職や起業を予定している社員ならば何も怖くないのだが、多くのシニア社員はそれが出来ない。直面する問題を自分で解決できないため、不満ながら同じ会社での再雇用に落ち着く。

勇気あるシニアは起業する

55歳頃になればシニア社員は会社から定年退職後の身の振り方について説明を受ける。その時点で自分に与えられた選択肢を検討できる。選択肢は、

  1. 定年退職後に同じ会社で再雇用という道
  2. 定年退職後に他社に転職という道
  3. 定年退職後に起業するという道
  4. 定年退職後に定職につかずアルバイト・パートをするという道
  5. 定年退職後に引退するという道

自分の老後をどのようにしたいかを考えて事前に準備していたシニアは、起業という道を選ぶ。彼らは、65歳以降の老後の生活対策として起業を選択する。再雇用や転職がうまく出来たとしても65歳になれば、また今と同じ問題に直面する。

起業して自分を自分が雇用できる状態になっていれば、65歳以降もお金を稼ぎ続けられる。生計は急激に落ちない。起業は簡単ではないが、65歳時に引退するか、働き続けるかの選択肢の候補になる。65歳を過ぎれば年齢が再雇用と転職を非常に難しくする。どの問題を勇気を出して挑戦する年齢として60歳定年の時期は良い機会になる。

賢いシニアは再雇用中に副業を始める

60歳定年の時に起業ができる状態でないシニア社員は、再雇用中に起業の準備段階として副業を始める。65歳までの5年間を起業のタネを探して副業でテスト・マーケティングをする。賢いシニアは、65歳以降の老後の生活を考えて準備する。

会社が副業を禁止していても副業をする。これが出来ないと時間の問題で手遅れになる。週末副業や夜だけ副業という手段でお金を自分の手で稼ぐ経験を積む。副業であれば、上手く行かなくても本業の給与で生活は維持できる。その時間が5年間ある。

5年間、副業で自分の力でお金を稼ぐという経験を積んで65歳の時に起業する。それが賢いシニアである。

普通のシニアは65歳以降の生活を考える

今、既に64歳であれば、65歳以降の生活をどうするかを真剣に考えねばならない。選択肢は4つしか無い。

  1. 年金を受給しながら起業する
  2. 年金を受給しながら副業をする
  3. 年金を受給しながらアルバイト・パートをする
  4. 仕事を辞めて自由に生きる

多くの65歳のシニアは、3と4を選ぶ。本来、自由に余生を暮らすのが理想であるのだが毎日が日曜日になるリスクが有る。暇が大きな問題であることに気がつくのが半年から1年後になる。

毎月の生活費が年金で賄われれば生活費を節約すれば遊ぶお金ぐらい作れるが、窮屈な生活になる。時間が立つに連れて自由な生活が苦痛になりまた何かをしなければと考え始める。そんな65歳以上のシニアの知人を多く知っている。趣味だけで1日を終えられる人は少ない。1日のコア8時間をどう使うかを今から考えて準備する必要がある。

この記事「60歳から65歳にかけて年収が急降下、どうすれば良いか?」のポイントは、

  • 勇気あるシニアは定年退職後に起業する
  • 賢いシニアは、再雇用中に副業を始める
  • 普通のシニアは、65歳以降の生活をどうするかを考える

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。