海外経験が豊富なシニアの仕事場はどこにあるのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

loneliness fight

中小企業の優秀な製品やサービスを海外に知らしめる海外ポータルサイトで海外経験が豊富なシニアが働いている。NPO団体が海外に進出して海外市場を開拓したというニーズを支援している。英文での商品や会社情報の発信をポータルサイトで行っている。ホームページでの情報発信だけでなく貿易や交渉関連の支援も同時に行っている。それができる海外ビジネス経験豊富なシニアがNPO団体にいるからだ。

中小企業にかけている人材は、海外ビジネスを手がけることができる人材である。新たに雇用は難しいが必要な時に必要なだけの支援が得られる範囲のお金はあるという中小企業は多い。そんなニーズをNPO団体で働いているシニアが担っている。

外国語が分かる、貿易が分かる、海外経験豊富な高齢者人材を活かす仕事場

中小企業の海外展開を支援する時に問題になることは、経営者が海外ビジネスの経験が無いことである。本来は、その知識や経験を埋める社員を雇用すべきなのだが、そのような資金的な余裕が無い場合が多い。大きな人的な投資やマーケティング費用を費やしてまで海外ビジネスを展開できる中小企業は限られている。

中小企業の海外ビジネスは、自社の製品に市場性が有るか無いかを明確にする活動から始める。

ホームページでの情報発信が一番投資対効果が高い。海外に向けて製品やサービス情報を英語で発信することで海外のお客の目に止まる。海外のお客は、Made in Japan製品やサービスを探している。中小企業は、残念ながら、ホームページでの情報発信が劣っている。掲載した情報も更新されていないし、ホームページを単なる看板としてしか見ていない。ホームページの使い方を知らない中小企業がほとんどだ。

海外向けの英文ホームページになると99.99%以上の中小企業は、自社の英文ホームページを持っていない。当然、海外からのお問い合わせはない。こんな状態で海外に製品を告知できない。

海外ポータルサイトは、上記のような問題を抱えている中小企業の製品やサービスを素早くお安く英文で掲載するサービスである。特徴は、会社概要と製品ページを英文で作成し、お問い合わせがあればその内容を日本語に簡易翻訳し掲載企業に提供する。交渉になれば、海外企業とどのように交渉すべきかを支援する。取引が決まれば、実際の貿易手続きまで踏み込んで経営者に助言する。

つまり、

中小企業にない知識と経験を海外経験豊富なシニア人材が提供し、一緒になって仕事を支援する包括的なサービスである。海外経験があり、外国語に堪能な高齢者で海外ポータルサイトの仕事をしたい方は、経営支援NPOクラブの海外支援サービスまでお問い合わせ下さい。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。