シニアの生き甲斐(生きがい) - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

年金生活を始めている高齢者(シニア)
nice-pic

団塊の世代の高齢者は、会社組織の制約から逃れて自由自適の生活をしていると思っている人達が多いだろう。実際は、こんな感じだ。

最初の半年は、自宅でゆっくりと好きなことをやりはじめる。本を読む。映画を見る。夫婦で海外旅行に行く。思いつくこと、やりたい事を行う。

徐々に今までやりたかったことが満たされ、時間をもて遊ぶようになる。この頃から、奥さんから「家にいないで昼間は外に行って!」というリクエストが多くなる。

 

自宅を出て、一体何処に行けば良いのだろうか?

続きを読む...

finding

今日、或るNPO団体の総会に出席した。設立して14年目だそうだ。14年間黒字で運営されてきている。大企業のOB中心に友達が部下や知人を誘って200名近くの会員数に成っている。平均年齢が70歳前後。私よりも約10年も年配の人達だ。会員が全て活発にNPOの仕事をやっているかと尋ねられたら、YESと言いたいがNOと答えるしか無い。 

NPO団体は自主的な運営で仕事がなされる!

続きを読む...

back view

家内の父親が6月に90歳になる。 卒寿(そつじゅ)のお祝いで家内の兄夫婦と私たち夫婦で長野の高原ホテルにドライブ旅行を予定している。家内の両親は、老齢であるが二人で普通の生活が出来ている。足はさすがに衰えているが、杖を使って外出も出来ている。月に1回、一泊二日で家内が実家に戻って両親の身の回りの世話をしている。家の掃除、庭の掃除、買い物、その他雑用を代わりにやっている。

長寿のお祝いは家族一緒にゆったりと自然を楽しむ高原ホテルで!

続きを読む...

life is what

夫婦二人の生活になった。新婚の時と同じだ。もう、子供は作れない。他界するまで2人だけの生活が続く。人生をに例える小説や言葉が多い。子供を育て上げて独立させた後は、親としての義務を終える。後は、独立した子供が次の世代を作り育っていくことを見守る立場になる。

終着駅がある列車の旅が今から始まる。途中でどちらかが列車の旅を終えるだろう。最終的には、二人共旅を終えて列車を降りることになる。

人生って一体何なんだろうか?

続きを読む...

lay down

70歳を越えると仕事をやめて年金生活に移る人がほとんどのようだ。この時までにある程度の貯蓄をして置かないと経済的に困ることになる。収入が止まり、年金と貯蓄の取り崩しが始まる。健康であれば、遊びや趣味に没頭できるかもしれないが、多くは医者とのデートになる場合が多い。60歳代と70歳代では、ライフスタイルが変わる。

生活設計を今から考えておくこと!

続きを読む...

speech

新郎の父が注目されるのは、結婚披露宴最後に行う挨拶である。父親から結婚した子供へのメッセージになる。その役目を今回初めて受けた。長男の結婚式を先週の土曜日に行ったからだ。挨拶内容を色々と考えて下書きをしたのだが、いざ、声を出して予行演習をすると頭に下書きした内容が浮かんでこない。

私の挨拶は流暢ではなかったが・・・真意は伝わったと思っている!

続きを読む...

toe

老人は運動を意識的にやらなくなる傾向が強い。年齢ともに足を使って動き回る事が少なくなり、自宅に隠りがちだ。体を動かさないと血行が悪くなる。血液は、心臓だけに頼って血液を体に送っていない。第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」を使って足に流れた血液を心臓に押し上げている。その意味合いで「ふくらはぎ」を使う運動を意識的にする事で血行を改善し、健康を増進させる効果がある。

つま先立ち運動は誰にでも出来る!ポイントは続ける事だけだ!

続きを読む...

concerned

老人になると今まで気にしなかった事が気になる。多くの老人は、自分の老後の生活、生活費の捻出、健康の維持などに不安を持つ。この不安は至って自然なことだ。これらは全て自分のことに関わる不安事である。個人差はあるが、自分たちの子供の生活を心配する人達もいる。

子どもたちの老後は今よりも劣悪になると予想される。それ故に、今子どもたちに出来ることは何かを考える

子どもたちに必要な物は?

続きを読む...

akita

突風が吹き荒れる1月の秋田港。その片隅に、古びた1台の自販機がある。お金を入れて待つこと25秒、出てくるのは熱々のそば、うどんだ。設置は40年前。元祖ファストフードとして大人気だったが、最近は老朽化で機械が故障し味は薄めに。しかし、そのぬくもりを求めて24時間客が絶えない。吹雪の中で麺をすする謎の親子。深夜に星空を見上げる運転代行業の男性。極寒の中で食べるうどんから、数々の人生が浮かび上がる。(引用先:NHK) 

うどん・そばの古びた1台の自動販売機が私達人生を鏡のように映し出している!

 ドキュメント72時間の番組を見るたびにいろいろな人の人生模様を発見する。見ていない人はぜひ見てほしい。

1杯200円のうどん・そば自動販売機

続きを読む...

may1 

私の知人が歩いている時につまづいてコケてしまった。手で支えようとしたのだが顔に怪我をしてしまった。一週間ぐらい療養生活を送ることになった。このことを聞いて一瞬驚いた。なぜ、躓いて転ぶと顔に怪我をするのだろうかと?そんなはずはない。そんなに簡単に怪我をするなんて考えられない。それが私の率直な印象だ。

老人の腕の力では自分の体を支えきれないという事実!

続きを読む...

do not look back

シニアが老人を見ると不思議な事に気が付く。個人差はあるが、肉食から和食、粗食に向かう。横断歩道があるのに目の前の道路を渡る、道路の脇を歩かない、声が大きくなる、エスカレーターの前で立ち止まる、暑いはずなのに厚着を着ているなどなど。

シニアになって見ないと分からない!

続きを読む...

style in motion 

老害になるシニアは、金力や権力を持っている老人たちだ。影響力が大きいから間違った言動や判断をされると多くの人に迷惑が行く。大企業の役員、高級官僚、政治家などは老害を起こしているシニアが潜在的に多い。一度甘い汁を味わうと人間はそれを維持しようとする。年齢をわきまえなくなり老害が発生する。

老害はどの高齢者にも起こりうる!

続きを読む...

be good

クレジットカードが溢れている。イオンスーパーに行けばイオンクレジットカードの勧誘があり、高島屋デパートに行けば高島屋クレジットカードの勧誘がある。三井のアウトレットパークに行けば、三井のクレジットカードの勧誘を受ける。いつも、なぜ、こんなにクレジットカードの勧誘がなされるのか悩む。既に、純粋なクレジットカード機能だけのカードを10枚近く持っている。銀行のキャッシュカードにクレジットカードがあるカードを含めると15枚ぐらいになる。 

シニアはクレジットカードを2つだけで十分!

続きを読む...

sitting

朝目覚めても目の疲れが残る。熟睡できているようないないような。インターネットの仕事を1日8時間しているので目を酷使している。肩甲骨、肩、首、目、そして、腰まで疲れが溜まり体調が今一。そんな時はいつも90分4600円の全身マッサージ店「あしカラダ」に行く事にしている。

年齢に関係なく体は疲れを凝りにする

続きを読む...

beach

61歳で老人とみられる私からみる「高齢者が抱える問題」は、体験を通してしかわからない。幸運にも私はまだ本当の高齢者問題に直面していない。普通の生活が出来ているからだ。でも、少しずつ問題が近づいてきているのを感じる。

健康、お金、生き甲斐

続きを読む...

新着記事のお知らせメール受信したい方は登録下さい!