Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

老夫婦の生活を考えると生活は日増しに不自由になる。90歳の義父と85歳の義母は、自分たちだけで今の生活を維持していく限界に来ている。普通の生活の基本として炊事、洗濯、家事、掃除が自分たちで出来なくなったら第三者の支援を求める時期になる。

自立した生活を維持させるようにするにはどのようなことを支援すれば良いのだろうか?

老夫婦の自立を優先した生活支援プラン

続きを読む...

義父がこんな事を言い出した。最初に私たち夫婦に横浜から引っ越して一緒に東京の実家で生活を出来ないかと。丁寧にそれは難しいと暗に匂わした。次に、東京で一人暮らしの私の次男におじいちゃんの実家で生活をすれば、マンション代金を節約できるが、どうかと。次男は、笑って答えず。お金よりも自由に価値があると若者は思うはずだ。

これを老人の都合を最優先にした老人のわがままではないか!

自分で自分の始末をつける心意気が必要!

続きを読む...

自営業者は、自分と妻の所得で生計が成り立つ形が多い。会社員も同じだ。妻が、パートやアルバイトをして生計を支援している。この生計プラットホームは、シニアになっても続く。75歳まで働くつもりでこれから生きていかねばならないからだ。

私は自営業者。妻は、小遣い稼ぎで年間99万円を越えない範囲で雑多な仕事をしている。私の仕事の手助けはしていない。妻には妻の専門領域があり、その領域でお金を稼いでいる。

来月、2月16日から確定申告が始まる。妻は、確定申告をするのが面倒なため確定申告をしなくても良い金額だけを稼いでいる。小遣い稼ぎの金額であれば、問題ないからだ。それが、年間99万円ぐらいになる。

年間99万円の所得

続きを読む...

自宅から最寄りの駅まで20分ぐらい歩く。途中で何人かの老人が赤信号無視で左右の確認をせず道路を渡っているのを目撃する。ほとんど毎日そんな赤信号無視の老人を見かけている。70才代から80歳代の老人が多い。特に足が達者なシニア女性が赤信号無視で道路を渡っている。

いつも、思う!なぜ、老人は信号無視で道路を渡るのだろうかと。

目の前が安全ならば・・・

続きを読む...

62歳の誕生日を迎え、相反する思いが生まれた。一つは、1年長く生き延びたという喜び。もう一つは、体が1年また歳を取ったという悲しみだ。誰もが誕生日を迎える。若いときと違って60歳以上の人は、当たり前のように歳を取って行けると言う訳ではない。既に他界してしまった同世代のシニアがいる。

老いる自分の体との戦いが始まっている。生きているだけではなく、健康でいられる体作りが重要だ。シニアは自分の健康寿命を伸ばすことに意識を集中させて、それなりの対策を日常生活に溶け込ませなければならない。

老いる事で直面する問題は何か?その解決方法は?

続きを読む...

義母の介護で昨年の12月から今まで東京にある義両親宅に常駐している。1日3回の介護ヘルパーサービスを使っている。圧迫骨折で介護ベッド生活が続いて自分で身動きができない義母である。85歳の年齢であるため足腰の筋肉が弱まっている。認知症はまだ発症していない。1月からは、リハビリ訪問が始まる。自分で身動きが出来る体力がつくまで見守る日々が続くだろう。

街中で見かけるデイサービスの車。最近やたらと目に入る。

自宅でのリハビリからディサービスを活用したリハビリに早く移せれば!

続きを読む...

高齢者の性的欲求は止まらない。男女ともに性的欲求はなくならない。それは本能に根ざしている。おじいちゃん、おばあちゃんだから性的欲求はもう枯れているなんて勝手に思わないことだ。身体障害者も同様に性的欲求があり、それ故に困っている現実がある。高齢化社会では、性的欲求を上手く処理するサービスがこれから注目されるだろう。

海外でも高齢化社会の影響で老人ホームにセックスワーカーを呼び入れて性的な欲求の問題を満たしている。オーストラリアの老人ホームでは、実の娘が老人ホームにいる父親の依頼でセックスワーカーを頼んだという記事がある。

老人ホーム、介護施設で性的欲求に困っている高齢者のニーズを満たすセックスワーカーが求められている

続きを読む...

昨年から機会があれば買いたいと思ってタイミングを待っている製品がある。ChromebookというChrome OS搭載のパソコンだ。Chromebookの良さは、10秒以内に起動してすぐに使える事、ウイルスソフトなどはいらない事、そして、OSのアップデートはWindowsOSよりもシームレスに軽くやってくれることである。最後に価格が安価である点だ。

日本では古いChromebookしか販売されていないので米国のアマゾンからの個人輸入になる。円安であるので円高になる時期を見ているのが現状だ。それと、2017年1月中に発表される新しいChromebookも購入対象にしているので2017年中に購入できれば良いと思っている。

どんな用途にChromebookパソコンは便利か?

続きを読む...

死の足音は、足の衰えからやってくる。

これは誰もが認識する事実である。動物も同じである。自分で動くには足の力が必須。この力が衰えた時、普通の生活が出来なくなる。不自由な生活が始まる。こうなる前に賢い人は足を鍛える。

足を毎日使う生活が足を鍛えるための基本である。

毎日足を鍛える方法

続きを読む...

今日は2017年12月28日だ。あと、3日で2016年が終わる。2017年は直ぐにやってくる。12月は、突然訪れた家内の母親の介護で明け暮れた。幸運にも容体は回復し始めたが、誰かが見守る状態でいる。来年は、介護ベッドで筋力が落ちた足をリハビリさせることになる。

年末から正月三ヶ日は、家内の実家で生活を続けることになる。

来年からのワークスタイルをどうするか?

続きを読む...

ファミリーマートやその他コンビニで男女の下着が販売されている。価格も手頃で品質も悪くない。あるスポーツジムの知人から面白い知恵を頂いた。ワークアウトで使う男の局部をサポートする下着にファミリーマートの女性用ショーツが最適であると。以前、サッカー選手がサポート下着として女性用ショーツを使っていると聞いたことがあった。

物は試しでファミリーマートに行って女性用ショーツを買ってきた。

女性用ショーツはジムのワークアウトで使うサポーターで役に立つ!

続きを読む...

家内の実家の近くにFamily Martがある。このFamily Martは近所で人気があるお店だ。その一つに近隣の農家と契約して野菜や果物を店頭でいつも販売している。足の不自由な老齢者が遠いスーパーマーケットに歩いていかなくても良い場所にある。

もう一つは、その場で牛肉コロッケを揚げてくれることだ。同じことがどのFamily Martでサービスとして行われているかは分からないが、そのコロッケは美味しくて鮮度が高い。更に、65円という安さだ。スーパーで販売されているコロッケと比較して鮮度と味が良い上に安い。

鮮度が高い牛肉コロッケ・・・コロッケ好きのあなた向け

続きを読む...

先日、緑内障の検査(年に2回)を受けてきた。緑内障は年々ちょっとづつ悪化してきている。今までは白内障の発症がなかったが、今回初めて白内障の症状が少し出てきたと言われた。視力に影響しない程度で年齢相応の症状であると説明してくれた。白内障は、人工レンズにすれば治る。緑内障は、まだ、治すことが出来ない。

私の場合、緑内障が10年後どれだけ悪化するかだ。白内障も10年後にどうなるかだ。どちらにしても視野は悪くなる。それを覚悟しなければならない。

最近の白内障レンズはすごい!多焦点眼内レンズ

続きを読む...

自分の足が不自由になると自分が降りる駅で降りられなくなる。電車のドアが開いて優先席から身を起こし、杖を突いて立ち上がり、ドアまで歩いて行くのだが時間がかかりすぎるため電車のドアは閉まり発進してしまう。足が弱くなると動作が遅くなり周りのスピードについていけなくなる。

さらに悪くなると介護用ベッドで生活するようになる。もう、自分の身の足でカラダを支えきれなくなる。動物は、動けなくなったら死ぬ。人間も遅かれ早かれ同じ運命だ。

自分の足を鍛える事を怠ると寿命を縮め、家族の介助が必要になり負担と迷惑が発生する!

続きを読む...

NPO団体の懇親会で今年77歳になる知人に今の気分を聞いてみた。私が61歳であるので16年長く人間をしている。16年間にどんな事を老人として体験したのだろうか。直ぐには返答してくれなかった。色々とあったのだろう。彼が固い口を開いて言った一言が、「歳を取ると色々な病気になる!」

色々な病気とは?

肌に避けられない老化による皮膚病が発生する!

続きを読む...

親の介護が定年退職前の場合、奥さんへの負担が大きくなる。夫は、定年退職後でも生活を維持するために何らかの仕事をしなければ生活ができない。65歳までは年金も受け取れない。そんな時期に親の介護という辛い義務が生まれたら相当の負担が介護する側に生まれる。

私の知人は、インターネットの仕事を自分で作って親の介護をしている。インターネットの場合は、通勤がない。リモートワークである。自宅が仕事場になる。

自宅で仕事ができれば、親の介護も可能になる!

続きを読む...