シニアの生き甲斐(生きがい) - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

年金生活を始めている高齢者(シニア)
nice-pic

団塊の世代の高齢者は、会社組織の制約から逃れて自由自適の生活をしていると思っている人達が多いだろう。実際は、こんな感じだ。

最初の半年は、自宅でゆっくりと好きなことをやりはじめる。本を読む。映画を見る。夫婦で海外旅行に行く。思いつくこと、やりたい事を行う。

徐々に今までやりたかったことが満たされ、時間をもて遊ぶようになる。この頃から、奥さんから「家にいないで昼間は外に行って!」というリクエストが多くなる。

 

自宅を出て、一体何処に行けば良いのだろうか?

暑い夏は、Tシャツか、ポロシャツを着る機会が多い。この夏は、オーガニックコットンのT-シャツとポロシャツを買った。今までは、Tシャツやポロシャツは、100%コットンの繊維に拘っていた。コットンは肌触りが良いからだ。コットン製品の中には、オーガニックコットンを使っている製品がある。今までオーガニックコットン製品を使ったことがなかった。

ちょうど、無印良品のサマーバーゲンでオーガニックコットン製のポロシャツとTシャツが50%割引で販売されていた。価格がすごく安くなっていたので試しに買ってみた。

オーガニックコットンは肌触りが決めて!気持ちが良い

2017年の60歳代の高齢者が約48%スマホを使っている。2018年度は、60%ぐらいになるのではないか。ドコモ、AU、ソフトバンク、その他モバイル通信会社は、シニア層のお客を増やそうと必死になっている。ラスト・ワンマイルの客層がシニア層だからだ。

残念ながら、

スマホは60歳以上のシニアにとって操作が難しい。自動車を知らないで自動車を運転しろという感じだ。知らないカタカナ単語だらけで意味も理解できない。全てがゼロ、いや、マイナスから教えなければ使えない。どんなにスマホの初期画面を分かり易くしてもタッチして機能するという事が分かっていない。どうしてもテレビと同じようにスイッチを探す。

スマホを知らない老人にスマホを教えるのは、時間がかかる。テレビのCMだけでは、何も伝わらない。老人向けスマホCM広告を見ても理解できない。若い人は、好奇心で色々触りながら学んで行く。老人は、スマホを触って壊すのではないかと恐れる。

スマホを知らない老人にスマホを使わせるには、1+1=10になるという事を教える事だ。例えば、スマホを使えば老後のお金が稼げるというメッセージを流せば、必死になってスマホについて勉強する。老人の欲を掻き立てる事だ。

スマホが使えると老後の問題を解決してくれる!

65歳からの年金受給を期待しているシニアが多い。今までずっと支払い続けていた年金をやっと取り戻す事が出来るようになる。年金は、長生きをすればするほど累積受給額が増えて行く。企業年金は指定した年齢で打ち切られるから、厚生年金と基礎年金にはそれが無い。今、64歳のシニアは、65歳になった時にもらえる年金の使い道を考える必要がある。

私はまだ63歳であるが、65歳になったら受給できる年金の使い道を色々と考えている。政府は、年金の財源を確保するために年金受給を伸ばすようなプロモーションをしている。65歳ではなく70歳からの方が受給額が40%も増えますよと!騙されてはいけない!年金は先にもらった方が得だ。70歳になる前に他界したら一銭も頂けなくなり、政府は大喜びだ。

65歳で年金をもらい始めたら・・・何をしようか?

来年になれば、私も64歳の仲間入りだ。あっという間に65歳になってしまう。前期高齢者というラベルが貼られる年齢が65歳だ。初老という言葉が65歳になった時に相応しくなる。65歳からは、多くのシニアが雇い止めになる。日本の社会は、年齢による差別が社会構造として存在する。会社勤めをしているシニアにとって65歳の年齢は、最終宣告(もう、君は会社に必要ない人材だよ!)なのだ。

そんな事実を先輩たちから聞いている64歳のシニアたちは、今から怯えている。65歳まであと1年がある。この1年間のうちに次に何をするか方向性を決めておかないと飛行機から飛び降りるためのパラシュートが開かなくなる。

64歳のシニアの戸惑いは、59歳のときと類似だがもっと深刻だ。65歳という年齢は、60歳という年齢よりも再雇用先を遠ざける。仕事を自分で作るか、年金生活を選ぶか、二者選択になる。

64歳になるシニアは会社に頼らない自活の人生設計を作る必要がある

両親の介護が始まると息子、娘の人生が変わり始める。これは、両親を持つ誰もが経験することだ。私達夫婦も介護が必要な年齢や体になったら子どもたち家族の負担になる。これは避けようもない現実だ。有料介護付き老人ホームは、介護をする家族の負担を限りなくゼロにする。その代償は、お金である。両親が資産家であれば、有料介護付き老人ホームへの入居は子どもたちにとって負担がない。お金が少ない両親であると子どもたちがその負担をすることになる。

金融資産が少ない親が子どもたちに出来ることは、できるだけ健康寿命を伸ばし、普通の生活が出来る体を維持続けることだ。有料介護付き老人ホームに入居する期間を短くする年齢まで自宅で普通の生活をする。それが一番の子供孝行である。

介護をする息子、娘にも自分たちの人生がある

自宅にある洗濯機は、今年で8年目になる。寿命は10年持てば良いと聞いている。初めて自宅の洗濯機を使ってみた。一応、マニュアルを読んだので基本的な操作はできた。洗濯機が作業を終えて洗われて脱水された洋服、下着類を物干しに干した。ここまではなんの問題もなかったが、空になった洗濯機の中を見たらゴミを取る袋の容器周辺がすごく汚くなっているのに気がついた。同時に少し異臭がしていた。

8年間の累積した汚れの一部が洗濯中に浮いて来たゴミを取る袋周辺に集まったしまったのだろう。家内は、洗濯する作業に忙しくて洗濯機の状況をよく見ていなかったのかもしれない。

洗濯機は汚れるのでドラムの表面、裏面についたカビやゴミをクリーニングするべきなのだが・・・?

家内が友人と一緒に海外旅行に出かけた。4泊6日の旅だ。私は、32年ぶりの一人生活をこれから体験する。昨日は、自動洗濯機の使い方をマニュアルを見て理解した。家内が日常やっていたことを私がやることになる。ある意味では、エキサイティングだが不安もある。料理は、目玉焼きぐらいしか出来ない。この機会に何か一つ自分が出来る料理を身に付けたいと思っている。

取り敢えず、家内に気をつけることをメモにしてもらった。今まで気にしていなかったことだらけだ。今まで自宅の事を全て家内に任せていたのでこんな機会がないと自宅での生活が分からない。ゴミ出し、ベランダの花の世話、洗濯、料理、おうちコープ、ダスキンなど。

一人で生活するのは、会社員の頃、長期海外出張で米国で働いていたときぐらいしか無い。生活環境が違うので今回の一人生活は、独身時代以来になる。今から何をしようかと考えている。

一人生活は必ずやってくる!老後の生活は誰もがそうなる!

猛暑で体が暑くなる。体を冷やすには冷房が良いが、体の内部から冷やすにはスイカが良いのではないか。汗で失う水と塩分をスイカが補ってくれる。スイカに塩を巻けば味も良くなる。子供の頃からスイカは大好物である。昔の実家には、スイカ畑が有った。スイカを食べるたびに子供の頃を思い出す。

先日、実家を継いだ兄夫婦から家内の実家あてに小玉ひとりじめが6つ送ってきた。そのうちの2つを頂いた。普通のスイカと違って小さいが皮が薄く甘い味が濃い。朝食のデザートに小玉ひとりじめを夫婦で食べている。

kodama hitorijime watermelon

水分と塩分をスポーツドリンクで取るよりもスイカのほうが味わいがある

人生を振り返って奇跡に巡り合ったことが有っただろうか。若い頃は、奇跡を信じて夢を見ていた時があった。殆どの場合は、夢は夢でしかなかったが、追い求め続けていくうちにタイミングは合わないが夢が実現していたということがある。

ただ、

万事都合よく自分の人生は動いていかない。シニアの老後も同じだ。何かを求めて続けて地道な計画と努力で老後の生活を作って行かないと夢みたいな奇跡は起こらない。

ここにタカラトミーの人生ゲームのCM動画がある。「奇跡はめったに起こらない」という動画だ。就活で面接に向かう女子学生のCM動画である。見てみて夢と現実の違いを感じ取れる。中国でこの動画がすごい人気だという。

自分の人生に奇跡が有っただろうか?

2018年7月は異常気象である。日中の気温が35度以上の日が続く。こんな時に熱中症になったら、仕事もできない。毎日自宅から20分掛けて最寄りの駅に歩く生活は、暑い日は厳しい。駅の近くにスーパーがあるので必ず立ち寄って冷たいスポーツドリンクを安く買って電車が来る間に喉を潤す。シニアは20分外を歩くだけでも体から水分と塩分が流れ出る。 

体がだるくなる前に適度の塩分と水分を体に補給しないと知らない内に熱中症になるリスクを高める。事前に暑い夏を涼しく過ごす方法を考えて実施するしか無い。

暑い夏、熱中症にならずに涼しく過ごす方法

異常気象による豪雨で広島、愛媛、その他周辺地域で死者100人以上の災害をもたらしたニュースが毎日報道されている。豪雨による河川の氾濫と土砂崩れによる被害が多い。これから徐々に有志ボランティアによる災害支援活動が活発になる。物流網が切れてトラックによる支援物資も遅れている。

テレビでは、まだ、積極的に募金の呼びかけやボランティアの募集をしていない。二次災害が起きる可能性が強いからだろう。豪雨はまだ続くようだ。自然災害を見て私が住む地域に同じことが起きたら、どうしようかと戸惑う。土砂崩れで自宅を失ったり、家族を失ったり、家財道具を失ったり、人の人生を狂わす災害をテレビで目にする。 

福島県の津波災害のことを思い出す。今回は、津波ではないが豪雨による河川の決壊で津波と似たような水の流れが起きた。多くの住民が逃げ遅れて屋根の上で救援を待つ映像がテレビで見えた。自衛隊が派遣されて救助活動をしていても広範囲に渡る災害に手を焼いている。

災害の被害に有っていない私が出来ることは何だろうかと考える。

災害支援をしたくても出来ない、分からないことが多い!

私の住まいは、自然豊かな丘の上にある。大規模集合住宅であるが、3つの公園に囲まれて道路から離れているため非常に静かな場所である。近くには、超高級老人ホームがあり、老人ホームのロケーションとして最適なようだ。

ただ、

一つだけ欠点がある。若い家族の住民には、最高の環境であるのだが老人にとっては自動車がないと不便な場所になる。丘の上=駅まで20分の徒歩になるからだ。下りは楽だが、登りは大変。60歳代以上のシニアにとっては、特に奥様たちにとっては嫌われる欠点になっている。

この場所で定住して23年が過ぎた。入居当時の住民の平均年齢は40歳前後の感じがした。23年経てば、住民の大半が還暦を過ぎている。住民の出入りがあったとしても多くはシニア層が占めている。シニアの奥様たちが井戸端会議で集まると、決まって話題になるのが老後の住まいをどうするかだ。

老後の住まいを決める上での要素は?

2018年1月1日施行された「休眠預金」に関する法律で注意することがある。この法律は、「10年間異動がなかった口座の預金は休眠預金に移管され、民間公益活動に活用される」と言うものだ。「異動」は残高が変わるような取引を言う。つまり、入出金があれば良い。口座の残高照会や通帳への記帳などは残高が変わらないので行っても異動として認知されない。

銀行と郵便局では、「休眠預金」の取り扱い方が違う。郵便局にあるお金が20年2ヶ月間何も入出金の「異動」がなかったら、そのお金は国に没収されて権利を失う!

長年使っていない「休眠預金の口座」にお金を少しでも良いから引き出す、または、入金する

いつも思っている事はいつか現実のものとなる。そんな感じを受けている。「こんな生活をしたいなあ!」といつも思いながら仕事をしている。私の仕事は、「こんな生活をしたいなあ!」を実現させるためにある。

私が会社員であった40歳代の頃、カフェでコーヒーを飲みながら好きた場所、時間に仕事をしている自分の姿をイメージしていた。この数年、このイメージが現実のものになってきた。51歳で起業して仕事場をカフェのスタバにしていたが、絶えず、顧客の法人を意識して打ち合わせを持ったり、営業したりしていた。そのワークスタイルは、決して私がイメージしていたワークスタイルではなかった。近いが、違っていた。

還暦を迎えた時にビジネスモデルをシフトした。法人の顧客相手のビジネスはもうこれ以上追求しないで自分が作り出す市場で完結するビジネスモデルにビジネスを集中させる事にした。インターネットのビジネスは、収益を得るための大前提がある。サイトを集客サイトに育てることだ。アクセスが少ないホームページでは、ビジネスが生まれない。多くのユーザーがやってくるホームページを作り出さないと現実の社会の中で足でお客さんを捕まえるしかない。

いつも思い続け、求め続けている生活は必ず現実のものになる!