シニアの生き甲斐(生きがい) - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

年金生活を始めている高齢者(シニア)
nice-pic

団塊の世代の高齢者は、会社組織の制約から逃れて自由自適の生活をしていると思っている人達が多いだろう。実際は、こんな感じだ。

最初の半年は、自宅でゆっくりと好きなことをやりはじめる。本を読む。映画を見る。夫婦で海外旅行に行く。思いつくこと、やりたい事を行う。

徐々に今までやりたかったことが満たされ、時間をもて遊ぶようになる。この頃から、奥さんから「家にいないで昼間は外に行って!」というリクエストが多くなる。

 

自宅を出て、一体何処に行けば良いのだろうか?

アニメ・マンガ「銃夢」をハリウッド映画 にした"アリータ バトルエンジェル"を見てきた。「銃夢」の漫画は1、2度目にしたことがあったがあの当時は興味がなかった。今年に入って2作目の映画鑑賞である。メリー・ポピンズリターンズとアリータ バトルエンジェル。2作品共にお金を支払っただけの価値がある映画である。

大画面テレビで見るよりも映画館で見るほうがシニア向きだ!

初孫が生まれてもうすぐ5ヶ月になる。首も座り赤ちゃんの成長がわかる。赤ちゃんの顔はどんどん変わって行く。自分の子供が赤ちゃんの頃はこれほど変化に気が付いていなかった。既に自分の子供の赤ちゃん時代の記憶が何処かに飛んでしまっている。

初孫は、なぜ、こんなに可愛いのだろうか。

自分の子供が大人になり自分たちの子供を育てる立場になった。赤ちゃんを身近に見るのは久しぶりの経験だ。今まで存在していなかった。突然、この世界に姿を表した。自分たちが年老いてきていることがわかる。

自分の子供よりも初孫が可愛い

私の妻がもうすぐ60歳になる。妻は、専業主婦であるので国民年金だけが老後の収入になる。私が他界すれば、私の遺族年金(厚生年金から支給される)と自分の国民年金だけの収入で基本的に生きていかざるを得ない。相続で与えられる金融資産はあまり当てにならない。

万が一を考えて私が妻に出来ることを今から考えている。

480ヶ月間の国民年金の支払いがない場合

2月の3連休の中日に晴天になった。自宅で昼食を終えてからドリンクとお菓子をリュックに入れて三渓園に近い本牧までドライブした。本牧のイオンに駐車して本牧市民・臨海公園まで夫婦で歩いた。スマホの地図を頼りに静かな住宅街の小道を歩きながら本牧市民・臨海公園を目指した。公園まで歩いて20分ぐらいかかった。

本牧プール辺りから臨海公園に入り周辺を歩き回った。そこで見つけたのは、八聖殿郷土資料館であった。午後16時に閉館であったが、10分前に郷土資料館に入り急ぎ足で中を見学した。

hasseiden house

住んでいる地域のことを知る

米国ロス生まれのUmami Hamburgerが、日本に上陸して3店舗が開店した。青山店、錦糸町店、横浜のみなとみらい店だ。今日は、テクニカルショウヨコハマ2019に行った帰りに旨味ハンバーガーを食べにみなとみらい店に立ち寄った。

旨味ハンバーガーは高級なハンバーガーである。最低価格のスタンダードな旨味ハンバーガーが1490円(税込みである。それがこれだ。

umami burger1 

1つのハンバーガーの価格が1490円とは驚きだ!

1964年にディズニーが「メリー・ポピンズ」の映画を公開した。幼い頃、メリー・ポピンズの映画を見たことがある。過去に何度もテレビのロードショー番組で放映されている。家内も同じようにメリー・ポピンズの映画を見ていた。今回公開されたMerry Poppins Returnsは、前回の映画の続きになる。ミュージカル映画である。

夫婦でこの映画を本日見に行った。午前中であったので観客は10人もいなかった。ゆったりと椅子に座って子供の頃を思い出しながらMerry Popipns Returnの映画を見た。この映画から学んだことがある。私のシニア世代の方ならば、同じようにメッセージを受け取れるはずだ。 

merry popins

Merry Poppins Returnsディズニー映画を夫婦で見てきたら気が付いた!

onigiri1

この引換券パンフを配っている若いスタッフを見た時、まさか、にぎりの無料引換券を配っているとは思わなかった。最初のスタッフの場所を避けて歩いていたら、二人目のスタッフにこの引換券パンフを頂いた。ああ、しまった!もっとたくさん、もらっておけば良かった!

まだ、引き換えていないので頂けるおにぎりの味は分からない。こんな広告は、いつでもWelcomeである。

大胆な宣伝:無料でおにぎりを配る(期間:1月22日から2月22日まで)

starbucks海外のスターバックス店

今の時刻は、午後5時47分である。スタバの席は全て埋まっている。90%が若い女性と男性だ。特に目立つのは、大学受験生たちだ。これから各大学の試験が本格化する。土曜日の夕方は、スタバで集中して勉強をしているのだろう。

夕食をどうするのだろうか?

私はまだ夫婦で生活が出来ている。それぞれ自分の世界を持っているのでお互いの生活スタイルで衝突は起きない。家内は音楽の世界。私は、インターネットの世界だ。もし、どちらかが他界したらどのような生活になるだろうか。そんな生活は考えてもいないのだが心配だ。

現実に義父92歳が一軒家で一人暮らしを続けている。週に1回は家内か、夫婦で生活支援をするために訪問している。掃除をしたり、食事を作ったり、買い物に出かけたり、自宅で義父が出来ないことを1泊2日でやってあげている。1週間に1回だが、義父はその日を待ち遠しくしている。

その気持ちは私達もよく分かっているので毎週出かける。もし、自分が義父の立場なら同じことを期待するだろう。

夜自宅に帰っても誰もいない世界

先日、ヤマダ電機に夫婦で行ってきた。ポイントが2万円以上あって、期限切れに近付いていたのだ。新しい電化製品を買うニーズはなかったのだが、手頃な家電製品としてトースターがあった。自宅で使っているトースターは、もう、5年以上も前から使い続けている。2000円のトースターである。非常に単純な仕組みでタイマーを設定してパンを焼くだけだ。

厄介なのは、タイマーを設定してもじっとトースターの中にある食パンの焼き加減を見ていないと焦げ付くことだ。家内も私も朝はトースターの前で焼き加減を見ることになる。出来上がったトーストを見てみると一部分が焦げている。全体的にちょうど良く焼けないのだ。

そろそろトースターを買い替えたいなと夫婦で思っていたときであった。

2000円のトースターから6000円のトースタに買い替えたら・・・

quoraクオーラのオフ会で頂いたSticker"Quora"とQuoraノート

Quora(クオーラ)とは、何か。なぜ、暇なシニアにお勧めなのか。クオーラは、実名で質問、回答、コメントが中心のコミュニティーサービスである。YouTubeに紹介ビデオがあるので見て概要を理解してほしい。

面白さは色々な疑問を質問して、知っている人からすぐに回答をもらえる

横浜駅西口近くにあるスタバ店で今日初めて難聴者の若者がレジ担当の仕事をしていた。レジ近くには、難聴者の若者がレジをやっていますのお知らせの盾が置かれて注文時には事前に書面で何を求めているかを指で示すシートが置かれていた。

順番に従ってほしいドリンクを指で指していったが、問題なく注文が若者に伝わった。

ただ、

私の場合は、試飲用の小紙カップをいつもお願いしているのだがそれを若者に伝えるメモ用紙が置かれていなかったので隣のレジ担当にお願いした。障害者がカフェのレジ担当をする試みは素晴らしい。ドトールコーヒー、タリーズコーヒー、コメダ、シャノアールなどのコーヒーチェーン店では決して見かけない。

難聴者の若者がスタバのレジ担当

自分が長生きをすると自分をよく知っている身寄りが先に他界してしまう。自分に伴侶や子供がいなければ、身近に感じる親戚もいなくなる。そうなる前に自分の存在が社会から忘れ去られて行く。社会につながっている老人であれば、そのつながりの先に必ず誰か知っている人達がいる。

一人生活を心配する老人ならば、出来るだけ社会につながることを考えて老後の生活を作り上げることだ。何らかの社会活動を続けていると自然に色々な世代の人達とつながる。その活動が毎日あればあるほど一人生活で孤独を感じることがなくなる。

孤独死は、他の人達との接点がなくなり、社会から消えていった老人の死である。社会活動を続けられる健康と体力があれば、誰かがあなたの存在を気にする。社会活動が続けられなくなったら、どうするのか。私ならば、こんな事を考える。

身寄りがいない老人の一人生活

私は、70歳になった時に自動車の運転免許を返納しようと思っている。理由は、緑内障である。視野が狭くなり事故を起こしやすくなる危険性が高いと自覚しているからだ。交通事故を一度起こすとその人の人生が精神的に、肉体的に変わる。老後は、リスクを取らない生活をしたい。

自動車を運転しなくなると不便になるか?

はい、不便になる。不便になる生活を変えねばならない。自動車を運転する目的は、夫婦でドライブ旅行をする時と食料の買い出しだ。幸運にも家内も運転が出来るので実際の生活ではそれほど大きな影響はないかもしれないが、妻に負担が行くことは確かだ。

妻が自動車を運転できなければ、どうするかという問題が生まれる。さらに、自動車がないと生活面で困るという老夫婦もいるだろう。

自動運転の自動車に期待

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。