老後の生活と楽しみ方 - 仕事、健康、筋トレ、暇

昼間街中を歩いている老人を見る機会が多い。個人差はあるが、歩き方が弱々しい。力強く歩いている老人が何故か少ない。街中を歩いている老人たちの多くは70歳過ぎのように見える。全体的に体が枯れてきている。ドトールコーヒーショップやシャノアールのお店を覗けばすぐに70歳過ぎのシニア男性たちを見つけられる。カフェは老人たちの憩いの場所である。

starbucks passport

スタバでコーヒーを買う時にCoffee Passportを頂けますかと尋ねれば、無料で頂ける。

thinkpad x260

パソコンについての知識が乏しい高齢者は後で後悔するようなパソコンの購入をする。特に価格が安いという切り口でパソコンを探して購入してしまうシニアだ。さらに、量販店の店員に勧められて買ってしまうパソコンだ。私は、パソコン歴35年でNEC PC9001が販売された頃からパソコンを使っている。今も仕事でThinkPad X260ノートパソコンを使っている。

シニアがノートパソコンを購入するときの注意点

来年65歳になるシニア男性である。年金受給者になることで老後の人生を如何にして楽しむかを考えることになる。個人事業主として仕事を続けているが、いつかは仕事をやめて仕事以外のことに余生の時間を使うことになる。これは、誰にも当てはまる運命である。

収入が年金だけになると将来への不安が色々と生まれる。その不安をどう解決するかだ。60歳代はまだ体が若いから良いのだが、70歳を過ぎる頃から健康と体力を意識した生活習慣を身に着けないと免疫力低下からくる思いがけない病気で苦しむことになる。体全体の筋肉の量も減り、体力が落ちたと感じさせる出来事が増え始める。

老後の人生を楽しむためには、大前提があることに気がつく。健康と体力である。健康と体力はお金では買えない。手に入れるためには健康と体力を維持する生活習慣を時間をかけて作る必要がある。その前提で私の老後を考えてみた。

老後の人生を楽しむための3つの事

NHKドキュメント72時間、初めての海外ロケ。ニューヨーク、Queensにある24時間オープンのランドリーマットを定点観測していた。ニューヨークでは、居住空間が狭いため部屋に洗濯機などを置いていない、又は、禁止しているビルがある。そのため、1回3ドルのランドリーマットがある。

50カ国から移民が自由と安全とより良い生活を求めてやって来る。番組を見ながら感じたことは、日本はまだまだ幸せな国だと言うことだ。ニューヨークに住む人たちと比べて自由と安全が確保されている。

NHKドキュメント72時間の番組は、シニアの人たちに人生とは何かを問いかけてくれる。当たり前と思っていたことが当たり前でない社会があることに気がつく。ニューヨークは、安全と水が無料でないところである。日本は、昔から水に恵まれ子供たちが歩いて学校に行ける安全が社会にある。それが日本の常識であるが、日本以外の国や社会では非常識になる。

安全と水は無料ではない社会と国がある!

デパートの休憩場所が隠れたトイレの近くにある。そこには、いつも数人の老人たちが何をするのでもなくいる。年齢的に65歳は越えている高齢者たちだ。外に出始めている老人たちは、腰を下ろしてゆっくりする場所を探す。その場所には、トイレが有ることが必須条件になる。排泄コントロールが上手く出来なくなるシニアにとって近くにトイレが有るのが安心だからだ。

自分というリソースを上手く世の中で使えない65歳以上シニアが増えている。働きたくても仕事を見つけられない。ハローワークで仕事を探しても年齢で蹴られる。65歳以上のシニアは一体何が出来るのだろうか?

自分の取り柄でシニアが出来ることを見つける

ポジティブ思考は何歳になっても人生を楽しく幸せにする。聞きなれた言葉にすると前向きな思考だ。自分に不都合なことが発生してもそれをそのまま受け止めて、次に自分は何をすれば良いかを考えて行動する。前向きな思考がある人は、次のステップにすぐに移れる。悩んで悲しみや不安にくれている時間を持たない。次に降りかかってくる出来事を前向きに迎え撃つ。

前向きな姿勢で生きる老人になるには?

私の住まいは、自然豊かな丘の上にある。大規模集合住宅であるが、3つの公園に囲まれて道路から離れているため非常に静かな場所である。近くには、超高級老人ホームがあり、老人ホームのロケーションとして最適なようだ。

ただ、

一つだけ欠点がある。若い家族の住民には、最高の環境であるのだが老人にとっては自動車がないと不便な場所になる。丘の上=駅まで20分の徒歩になるからだ。下りは楽だが、登りは大変。60歳代以上のシニアにとっては、特に奥様たちにとっては嫌われる欠点になっている。

この場所で定住して23年が過ぎた。入居当時の住民の平均年齢は40歳前後の感じがした。23年経てば、住民の大半が還暦を過ぎている。住民の出入りがあったとしても多くはシニア層が占めている。シニアの奥様たちが井戸端会議で集まると、決まって話題になるのが老後の住まいをどうするかだ。

老後の住まいを決める上での要素は?

2018年1月1日施行された「休眠預金」に関する法律で注意することがある。この法律は、「10年間異動がなかった口座の預金は休眠預金に移管され、民間公益活動に活用される」と言うものだ。「異動」は残高が変わるような取引を言う。つまり、入出金があれば良い。口座の残高照会や通帳への記帳などは残高が変わらないので行っても異動として認知されない。

銀行と郵便局では、「休眠預金」の取り扱い方が違う。郵便局にあるお金が20年2ヶ月間何も入出金の「異動」がなかったら、そのお金は国に没収されて権利を失う!

「休眠預金の口座」からお金を引き出す、入金する、解約する

いつも思っている事はいつか現実のものとなる。そんな感じを受けている。「こんな生活をしたいなあ!」といつも思いながら仕事をしている。私の仕事は、「こんな生活をしたいなあ!」を実現させるためにある。

私が会社員であった40歳代の頃、カフェでコーヒーを飲みながら好きな場所、時間に仕事をしている自分の姿をイメージしていた。この数年、このイメージが現実のものになってきた。51歳で起業して仕事場をカフェのスタバにしていたが、絶えず、顧客の法人を意識して打ち合わせを持ったり、営業したりしていた。そのワークスタイルは、決して私がイメージしていたワークスタイルではなかった。近いが、違っていた。

還暦を迎えた時にビジネスモデルをシフトした。法人の顧客相手のビジネスはもうこれ以上追求しないで自分が作り出す市場で完結するビジネスモデルにビジネスを集中させる事にした。インターネットのビジネスは、収益を得るための大前提がある。サイトを集客サイトに育てることだ。アクセスが少ないホームページでは、ビジネスが生まれない。多くのユーザーがやってくるホームページを作り出さないと現実の社会の中で足でお客さんを捕まえるしかない。

インターネットビジネスでお金を稼ぐ

シニアが直面するトラブルは、多岐に渡っている。トラブルは人間関係から起きる場合が多い。オレオレ詐欺のように攻めてくるトラブルもあるが、オレオレ詐欺防止の端末(LET'S 振込め詐欺見張隊 新117 L-FSM-N117LET'S 振込め詐欺見張隊 新117 L-FSM-N117)を電話機に取り付けることで避けることが出来る。

起業して経営者として活動していると色々な方と出会う。親切な方から詐欺師まで色々だ。知らない人に触れることで人を見る目が育てられる。知らない人との付き合い方を自然に学ぶ。自然に学ぶというのは、痛い経験を通して同じトラブルを繰り返さないという意味合いだ。ビジネスの世界には、嘘をつく人が多い。それを嘘というか、大ぼらというかは個人差があるが。

人を見る目が出来ていないと要らないトラブルを買う事になる。深入りすべきでない人と付き合ってしまう。60歳代から70歳代は、自分の余生をどの様に送れば良いか試行錯誤する年代だ。その試行錯誤の過程でトラブルに巻き込まれる可能性がある。

老後の人付き合いは時間をかけて注意深く付き合う人を見る

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。