シニアの好奇心を生むお勧めテレビ番組はどんなTV番組か? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

年金生活になるとテレビを見る時間が増える。そんな事をいうシニアが大半だ。日本のテレビ番組は、低俗だ。一言でいってつまらない。そんな中でこれらのTV番組は素晴らしいと思うものがある。シニアに好奇心を生ませる。当然、個人差はあるし、趣味趣向が違うので一つのお勧めTV番組リストとして参考にしてもらいたい。ライブでない番組は意図的に加工されているので信頼性の面で疑問がある。

シニアの心をつかむテレビ番組、ぜひ、見てほしい!

1.ドキュメント72時間(NHK)毎週金曜日午後22時50分から

この番組は、庶民を中心にありのままの人間と人情を72時間の撮影で伝えようとしている。人生経験豊富なシニアにとっては、胸を打つような感動を味わえる。登場する人物たちはどこにでもいるような庶民だ。庶民の生の声をそのまま伝えている。人情味を感じる番組内容であるので人生の苦楽を味わった高齢者向けであると思う。

2.ザ・ノンフィクション(フジテレビ)毎週日曜日午後14時から

本質を追求するドキュメンタリー番組で民放には珍しいほどの人生の本質を追求した番組になっている。出来上がった物語を映像にしている番組ではない事が手に取るように伝わってくる。人生の奥の深さを色々な視点から人物から見せてくれる。一度見たら、現実の人生の他人版を映像にして見せてくれているのがわかる。色々な人の人生がそこにある。喜怒哀楽をあらゆる角度から見せつけられる。

3.世界ふれあい街歩き(NHK BSプレミアム)毎週火曜日夜8時から

シニアは旅をする時間が持てる。海外、国内を問わず旅行は今まで味わったことがない体験を与えてくれる。世界ふれあい街歩きの番組は、海外がメインである。この番組を見て海外旅行に出かける動機付けが生まれる。知らない国や街の情報が映像を通して知識になる。色々な国と街を紹介して暮れる。海外旅行を計画しているシニアはぜひ見てください。旅行を100倍楽しくさせる。

4.ガイアの夜明け(テレビ東京)毎週火曜日夜10時から

「ガイアの夜明け」は経済ドキュメンタリー番組で、経済の現場で奮闘している人たちを通して、様々な経済ニュースの裏側を伝える番組である。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉え、「夜明け=ニッポンの再生」を目指して奮闘している人たちがいる事を伝えている。この番組を毎週見ていると時代の変化と流れが肌で感じられるようになる。市場で見る製品やサービスの裏側がわかるので高齢者の頭を刺激する番組だ。

5.歴史秘話ヒストリア 総合 水曜 午後10時30分 | 再放送 火曜 午後3時08分

歴史秘話ヒストリアは、夫婦で一緒に見ている。歴史上の人物の知られざる秘話が興味をそそる。学校で学ぶ歴史の内容と違った奥の深さがある歴史情報になる。特定の歴史上の有名な人物を取扱うのだが、意外なことを発見することが多い。

最初に家内がこの番組を見始めた。私はこの番組の存在すら知らなかった。一緒に見ているうちに段々と面白くなってきた。歴史上の有名な人物にも意外な面があることに気がつく。シニアにとってためになる歴史番組であることは確かである。

6.鶴瓶の家族に乾杯NHK)毎週月曜日午後19時30分から

ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組である。ぶっつけ本番は嘘がない。 色々なハプニングをありのままの姿で見せてくれる。一般庶民を庶民の目でテレビの中に登場させる番組だ。およそテレビに登場する機会がない一般庶民が突然テレビの画面に出てくる。飾りも演技もない自然な姿を私たちに見せてくれる。

月曜日の夜は、いつも、「鶴瓶の家族に乾杯」を見るために早めに帰宅することにしている。

 

シニアの好奇心を生むお勧めテレビ番組はこれ以外にも探せば沢山あるかもしれない。少なくとも私達夫婦は、この6つのTV番組を好奇心の目で見ている。どうせテレビを楽しむならば、なにかTV番組から学びたい。それも楽しく学びたいと思っている。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。