高齢者の健康、体力、筋力、精神状態 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

今朝、家内の父から電話があった。「(介護ベッド状態にある)お母さんの様子がおかしい!早く実家に来てくれ!」という内容の電話であった。家内の予定では、今日の午後にゆっくり実家に行く予定でいた。それが、この電話で急遽自宅を出た。

午後になって、家内からLINEで連絡があった。義母が爆睡していて目が覚めなかったことに義父が驚いたためらしい。このところ老衰状態で食事をあまり取っていないかった。それを毎日見ている義父であるため、直ぐにでも死んでしまうのではないかと心配した。

私たち家族と家内の兄家族で母親の介護支援を半年以上続けている。義父も相当ストレスが溜まってきているのかもしれない。最愛の伴侶の体がだんだんと弱って行くのを見ているので最悪の事態が直ぐにでも起きるのではないかと恐れている。

91歳の義父が介護ベッド状態の義母を見守り、世話をするのは大変だ!

続きを読む...

自分がシニアであると自覚する前までは、容貌、健康、老後のお金、孤独、居場所、生きがいなどに意識が全然いっていなかった。還暦のお祝いを家族にされてから、自分がシニアになったという事を認識し、容貌、健康、老後のお金、孤独、居場所、生きがいなどを意識し始めた。

老いは確実に顔や頭の毛に出てくる。顔にはしわやシミが多くなり、顔の皮膚の張りも衰えてくる。頭の毛は黒からグレー、白になる。髪の毛の厚みもなくなり、薄くなる。顔や頭を見て周りの人は、私を「老人」という言葉でくくってしまう。

老いの恐怖が年齢とともに襲ってくる!

続きを読む...

年老いて来ると口に入れる物を意識し始める。この10年間余り甘いものを避けている。コーヒーはブラック。ケーキなどは特別なイベントの時しか食べない。甘い飲料水も飲まないでお茶にしている。毎日、ビタミンB1, B2などエスファイトゴールドを飲んでいる。健康食品は飲んでいない。出来るだけ必要なビタミン類を食べ物から取るようにしているからだ。

加齢から来る食べる物への変化に気づく。肉よりも魚。野菜を意識して沢山食べる。野菜サラダも毎夕食に食べている。栄養素のバランスを家内が考えてくれているのだが、3度の食事でどうしても不足しがちなビタミン類、鉄分とカルシウムは、意識して取らないとダメなようだ。

知らないうちに鉄分とカルシウムが不足している!

続きを読む...

私の今日のランチは、OKストアの弁当にした。OKストアで弁当売り場に向かおうとしたら通路をブロックしている老人男性に出くわした。その方は、ボヤっとして何やら考え事をしていたようだった。仕方ないのでちょっと空いた隙間を無理やり通り抜けた。その後の行動を見ていたが、鈍い。スーパーで動きが鈍いと他人に迷惑がかかる場合が多い。

同じことがそごうデパートの食品フロアーでも起きている。手早くテキパキと買い物をしているのは、若い人たちだ。シニアの方は、動きも判断も鈍い。急いでいる時などは、買い物をあきらめて別のデパートに行くこともある。

こんな事を書いている私もシニアなのだが、私よりも鈍い動きをしている。

シニアの行動が鈍くなるのは自然な事!

続きを読む...

なぜ何だろうか?年寄りは道路を渡る時に自分の身の安全を考える事が無いのだろうか。

道路を歩いて渡るときに最短距離で渡る方が速く渡れて安全なはずなのだが、進行方向に向かって斜めに渡る老人たちが本当に多い。後ろに自動車が迫っているのにそれも気が付いていない。老人は、体の機能が朽ちて来ているのだろうか。

今朝も道路を斜め歩きで渡っている老女を見かけた。

自分の身の安全を優先しない老人たち

続きを読む...

長生きをすればするほど世代の経験を共有する人が少なくなる。共通の話題で共有感を味わえなくなる。孤独は、同世代の友人・知人が居なくなり始めてから始まるのかもしれない。

孤独のピークは、長年の伴侶が他界した後だ。これも致し方ない運命だ。孤独は必ず誰にでも訪れる。

一方で孤独を愛する高齢者たちも存在する。何か一つに熱中、没頭するものがある高齢者たちだ。研究家と言われる人たちが典型的だ。孤独を蹴り飛ばすほど取りつかれるモノがある人は幸せだ。芸術家などはその事例ではないか。

私の家内は、ピアノを小さい頃からずっと学んでいる。今もピアノの先生に師事しながらピアノを学んでいる。ピアノは、彼女にとって別世界になる。音楽家も孤独を吹っ飛ばすぐらい没頭できる物を持っている。

何もやることが無くなった心の隙間に孤独はやってくる!

続きを読む...

83歳になった知人がNPO団体を退会するという挨拶が今日あった。10年ぐらいNPO団体で活躍してきた方である。見た目は健康的で体力があるように見える方だ。退会理由は、足腰が弱くなったので継続できる自信が無くなったということだ。

見かけは歩く上で支障がないのだが、精神的に体力が確実に衰えて来ているということが分かると言っていた。体が心にそのようなメッセージを発信してそれを率直に受け入れたようだ。

やはり、

70歳代と違って80歳代では、足腰中心に体力の衰えが激しいようだ。

長生きをしたければ足腰を鍛えろ!分かっているが続けられない人が多い!

続きを読む...

介護生活を送っている義母の様体が思わしくない。食欲があったり、なかったり。睡眠時間が段々と多くなってきている。86歳の老人だ。一時は、回復に向かっていたのだが老人の様体は株のように上がったり下がったりを繰り返す。

年齢が年齢であるので寿命が来ているのかもしれない。そう考えるのが自然なのではと思う。昔のように元気になって自分の足で歩ける様になってもらいたいと努力しているが、運命には勝てないのだろう。そんな気がする。

介護は周りの家族の生活を狂わす!

続きを読む...

私は、ショートケーキが大好きだ。甘い物が好きなんだけど、自制心が働いてケーキを買う時、食べる時に戸惑う。戸惑う理由は、(1)太り出す恐れ、(2)糖尿病の不安、(3)食べるのを制御できなくなるかもしれない恐れだ。甘いものは、一般的に中毒症状を起こしやすい。

適度な量のスイーツを食べるのであれば、恐れる必要はないのだが適度の量を超えたり、頻繁に食べたりし始める。甘い物から離れられなく成り、シニアの健康を害する。自分の健康を考えるとスイーツを食べる時の自制心を強める必要がある。

思いっきり沢山のショートケーキを食べてみたいという願望! 

続きを読む...

老人の体力は年齢とともに衰えて行く。体力の衰えと同時に食欲も減退していく。さらに、物事への好奇心や物欲も少なくなる。何をやるにしても面倒だという気分が生まれる。老人と若者の違いはこんな点かもしれない。世の中には、老人の(1)体力なし、(2)食欲なし、(3)物欲なしの3要素が無い老人もいる。

そんな老人には若さがある!

活力がある老人になるには、どうしたら良いのか!

最初の一歩はこれで!

続きを読む...

60歳代のシニアで健康を意識している人は、定期的な運動をしている。健康を頭の中で意識していても定期的な運動をしていないシニアは、70歳以降にその結果を体に受け取ることになる。特に、足の筋力低下が徐々に感じ始める。60歳代と70歳代の体力は、歴然としてくる。定期的な運動をしている高齢者とそうでない高齢者は、70歳代から80歳代でその違いを無視できなくなる。

高齢者の歩き方でこの人は運動を定期的にやっているなと分かる。特に70歳以上の高齢者はそれがすぐに分かる。

定期的に運動をしている体は歩き方が力強い!

続きを読む...

Coffee, Tea, or Me?"というペーパーバックを学生時代に読んだことがある。このペーパーバックスの物語とは直接関係がないが、今日のような春日和の日は、ケーキ屋のテラス席でケーキとコーヒーを楽しみながら桜並木を歩く人たちを眺めるのが気持ち良い。

京王線上北沢駅近くにある「パティスリーミヤハラ」は、桜並木の道に面している。お店の前には、テラス席があり、シニアのお嬢様たちがケーキとコーヒーを味わっている。

シニアのお嬢様たち:テラス席ではケーキとコーヒーが似合う!

続きを読む...

今、横浜のみなとみらいに来ている。みなとみらいのスタバでブログを書いている。横浜駅から歩いてみなとみらいまで歩いて来たのだが、途中で色々な高齢者と行き交う。行き交う高齢者の顔を私は必ず見ることにしている。人生の大部分を過ごしてきた顔だ。顔にはその人の人生が描かれている。その顔はその人の心理状態を発信している。

日産ビルに行く橋を渡る途中で出会った70歳過ぎの高齢者男性の顔は、気が抜けた顔をしてメガネを歪んで掛けていた。とても、元気が良いハツラツとした顔とはいえない。精神的に何か病んでいる感じであった。

顔の表情は正直だ!

続きを読む...

横浜駅から海に向かって徒歩15分の場所に臨海パークがある。今日のランチは、OKストアで野菜天丼とソース焼きそばを買って臨海パークの公園内にあるベンチで海を眺めながら食べた。天気が良く気温が上がっていたので近くに住んでいる若い家族(母親と子供連れ)たちがピクニックに来ていた。

公園のベンチには、ホームレスらしき老人が荷物と一緒に寝ていた。彼を見ていると孤独と孤立が見えた。社会の中で目撃できる孤独と孤立ならば、問題を意識できる。これが、一人住まいのアパートに住んでいる高齢者であるならば、誰も気がつかない!孤立と孤独は隣り合わせだ。

孤立と孤独を自分の問題として考えたら・・・・

続きを読む...

有料老人ホームが倒産しているという記事を読んだ。有料老人ホームもビジネスであるので経営が悪ければ当然倒産したり、売買されたりする。少子高齢化で老人介護市場が拡大している。それを目掛けて関係ない事業分野の会社が老人ホームや介護事業施設に進出している。その悪い面が、氷山の一角として現れているのだ。

90歳と85歳の老夫婦を抱える私たちも時間の問題で有料老人ホームか、介護施設を検討せざるを得なくなる。多額の入居一時金を請求する有料老人ホームは、対象外になる。入居一時金は、そのホームを終身利用する権利を取得することを目的としたもの。生きられる寿命が短いと思うので入居一時金を要求される有料老人ホームは意味がない。

有料老人ホームが倒産すると入居一時金はどうなるのか?

続きを読む...

家内の両親(91歳と85歳)は、3年ほど前に夫婦で白内障の手術を受けた。白内障は、加齢から来る目の病気で年齢によって発症する確率が高まる。50歳代の50%、60歳代の70%、70歳代の90%、80歳代の100%、白内障が発症し、手術が必要になるのは50歳代で10%、60歳代30%、70歳代50%、80歳代70%と言われる。

白内障の病気は、人工水晶レンズに取り替える手術で治る。メガネを掛けていた人が眼鏡からさよならする場合もある。多焦点眼内レンズの登場で白内障の病気は治せるだけでなく視力を良くする時代となった。

白内障の手術をするタイミングがわからない!

続きを読む...