女性用ショーツを男性用スポーツ下着として履く、オススメは? - 仕事、健康、筋トレ、暇

トイレは男子用と女子用に分かれているのが常識だが、最近は男女共用トイレを導入する施設が世界的に増えている。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)が話題になっている。男女の性別を区別するファッションもユニセックスに向かう傾向がある。

女性用のショーツを愛用する男性がいるが、必ずしも変態的な精神異常者ではない。LGBTかもしれない。単純に男性用インナーにない魅力で女性用のショーツを愛用しているのかもしれない。もっと実利的に女性用インナーショーツを活用している男性もいる。

男性用と女性用ではインナーショーツの作りが違う。作りが違うから履けないという訳でもない。私はスポーツジムで筋トレやワークアウトをする時に女性用インナーをスポーツショーツとして活用している。その用途とニーズに合うスポーツショーツが男性用パンツにないからである。オススメの女性用ショーツがある。

私はユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)をスポーツインナーとして使用している。一度履いてみるとそのメリットがすぐに分かる。スポーツジムでワークアウトするとパンツが汗で濡れる。すぐに乾かないので着替えの下着にせざるを得ない。

エアリズムウルトラシームレスショーツはワークアウト後に下着のショーツを着替える必要がない。直ぐに汗が乾くからだ。当然着替えの下着もいらない。

女性用下着が男性用スポーツインナーとして

性別を意識しないで用途に合わせて衣類を着るべきである。横浜駅近くにあるファッションの専門学校に通う男性生徒がいる。彼はいつも自分のファッション感覚をアピールする意味でジェンダーレスの服装をして学校に通っている。

昔的な人ならば、彼を見て違和感を覚えるはず。彼にしてみればそのファッションが当たり前の感覚である。時代は徐々にジェンダーレスに向かっている。性別を気にしないで自分のニーズと使用用途で着る時代である。

スポーツジムでワークアウト、大量の汗をかく時に履くスポーツインナー

男性も女性もスポーツジムでワークアウトや筋トレをする時に履くインナーは普段履いている下着ではない。大量の汗をかくので日常に履くインナーでは支障がある。スポーツ用途で使うスポーツショーツをネットで探すのだが、どれも価格が2000円以上。選択肢が多くない。

中学生の頃、ビキニの水泳用パンツを履く時にサポートインナーも履いていた。局部がぶらつかないで表に見えなくするためである。ワークアウトをするときも同様のサポートインナーがあれば助かるといつも思っていた。

そんなニーズを満たすサポートインナーを女性用ショーツの中で見つけた。一般的に女性用ショーツは男性の局部を考慮して作られていない。そのため、ショーツが局部を押し付けて形が表に出なくする。筋トレ時にはそんなサポートインナーがスポーツパンツの下で活躍する。

私はユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)をスポーツインナーとして使用している。

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)

肌触りが良く、体にピッタリとフィットして心地良いショーツ

男性用のインナーショーツは一般的にゴワゴワ感があり、肌触りが良くない。ブリーフ系からトランクス系まで種類はあるが、体にピッタリとフィットして心地が良いインナーになっていない。そのような製品自体が見つからない。

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)は一度履いてみれば肌触りが良く、体にピッタリとフィットして心地良いショーツであることが直ぐに分かる。女性用インナーであるが、この感覚を求めるならばジェンダーレスショーツとして履けば良い。

購入するときに注意したいことはサイズである。XS・S・XL・XXL・3XLサイズは、オンラインストアのみでの取り扱いになる。男性にあったサイズは現在のサイズよりも一つ大きいサイズにするか、下記のサイズ表を参考にすると良い。私のサイズはXXLが丁度良い。身長179cm、体重75kg。男性の衣類サイズではXLであるので女性用ではXXLのサイズになる。

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハプハンガー)のサイズ表

日常でもスポーツ用途でも使えるので活用範囲が広い。その上、洗濯も簡単で直ぐに乾く。旅行などに出かけるときには小さく折り畳めるので荷物にならない。肌触りが良く心地良く感じるインナーは性別に関係なく求められる。

「通気性」、「速乾性」、「伸縮性」に優れている下着

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツの素材は71% ナイロン,29% ポリウレタンである。この素材は「通気性」、「速乾性」、「伸縮性」に優れている。スポーツジムで使用している時にその効果を実感できる。

スポーツを趣味にしているシニアならば、汗で濡れた下着の感覚に不満を覚えるはず。汗を大量にかいても直ぐに乾けば問題がない。ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツを履いて汗をかいてみればその効果を肌で感じられる。

見た目は女性用ショーツのように見えない。下着であるので人に見せるものでもない。機能性を求めるならば、性別を気にしないで一度ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハプハンガー)を試してみるとその理由がわかる。

コストパフォマンスが良くショーツラインやクロッチを気にしないで履けるショーツ

女性用のショーツは一般的にショーツラインやクロッチの部分がパンツの上に出やすい。それを気にする女性もいれば、気にしない女性もいる。男性が女性用のショーツを履く時にショーツラインやクロッチの部分がパンツの上にでると変態と見られる。多くの男性はそれを気にする。

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツはショーツラインやクロッチの部分を表に出さない。その点では男性も安心して下着として履ける仕組みになっている。魅力的なのは価格である。定価が590円。セールスキャンペーンでは490円になる。

男性でもジェンダーフリーで履けるお勧めなインナーショーツはこれ!

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハプハンガー)は性別を意識しないで快適に履ける下着である。スポーツで汗を気にする男性はこのショーツをスポーツショーツとして使ってみると良い。決して後悔しない快適感を味わえる。

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハプハンガー)

ユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハプハンガー)

エアリズムインナー

エアリズムインナー

shorts for sports

結論:

男女の区別を無くすユニセックス商品が注目され始めている。男性用、女性用というラベルで販売されている衣類でも既に使用用途がジェンダーフリーになって購入されている。衣類は性別を気にしないでその人のニーズと用途で着る思考が認められ始めた。

女性用インナーショーツは必ずしも女性用だけに使われるとは限らない。男性のニーズと用途に合えば女性用インナーでもジェンダーフリーで使える下着がある。ユニクロのエアリズムインナー(ヒップハプハンガー)などは男性が履いても全然おかしくないスポーツショーツである。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。