何もやることがない高齢者に必要なものは生きる目的ではないか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

80歳を過ぎ、年金生活で問題なく暮らしていける高齢者は何を生きがいに生きているのだろうか。私も幸運ならば80歳という年齢になれるかもしれない。その年齢になったときに私の生活はどうなっているのだろうか。その人にしかない老いの変化がある!

世の中の高齢者には、目標を持って生活をしている人と何もやることがない人がいる。生きがいがある高齢者は余生を充実させる。暇な時間でつまらない日々を送ることが無くなる。年齢が還暦を過ぎれば、他界するまでの年数がある程度予想できる。私は65歳なのであと20年ぐらいはこの世での生活が出来る可能性がある。それ以上は難しいかもしれない。

余生を楽しむには「生きる目的」を自分なりに作り出すことである。

生きるの目的や目標がない老後の生活は辛い、つまらないからどうするのか!

テレビに登場する高齢者の職人さんを見て、いつも私は羨ましいと感じている。彼らは、自分の腕を磨くために一生を掛けている。目的がある人生を見つけている。生きがいである。その道の専門を極める。そこには、普通の高齢者の人生に欠けている生きる目的がある。

人生を楽しむには生きる目的が必要

人生を楽しんでいるシニアを知っている。経済的には余裕があり、金銭面での不安はない人たちだ。彼は、今、80歳。会社員の頃、シンガポールに長く駐在していた。海外経験と語学力が彼の活動範囲を広げている。新しい物に興味を持ち、自分で勉強して使えるようにしている。

80歳でiPadとモバイルWi-Fiルーターを使いこなしているのには驚く。

彼は年に1回は家族で海外旅行をしている。海外経験と語学力があるから気苦労なく海外に行けるのだろう。会社員時代に海外で生活をしたシニアは、一人になったときに再度住み慣れた外国に長期滞在する傾向がある。懐かしい昔を味わうためなのかもしれない。

彼の余生は好きなことをして人生を楽しむことにある。ゴルフを楽しむ時、わざわざ勝手の駐在先であるシンガポールに出かける。シンガポールのゴルフ場は日本よりも安く広くゆったりしたプレーが出来る。昔の友達もいる。海外経験と語学力を生かして海外旅行と趣味のゴルフを楽しむ。

世の中の変化と動きに敏感なシニアは、新しい知識とツールを身に付けている。彼は時代について行っているシニアである。そんなシニアがいる一方で残った余生を何に費やして良いか分からないで無駄に毎日を過している高齢者もいる。

生きる目的を持った高齢者と目的がない高齢者から自分の老後のイメージを考える

インターネットビジネスを続けてお金を稼ぎ続けている80歳の自分を夢見ている。経済的な安心を自分で作れるならば、場所を問わず自分が生活したい環境でその時代に合った生活をしたい。現在、会社という束縛環境から離れて自分が作った仕事で生活のリズムを作っている。その生活のリズムを80歳まで継続できるかだ。

生きる目的を持ったシニア

私の知人に総合商社を退職してNPO団体で活発に仕事をしているシニアがいる。自分の営業スキルを武器にNPO団体のビジネスを力強く推進している。彼にとってNPOでの活動は老後の生活を楽しむためにやっている印象がある。どんなに働いても実入りは少ないのでお金目的ではない。

自分の経験と営業スキル、そして、人脈がNPOでの活動で生きることで新しい生きる目的を見出している。生きる目的は生きがいになる。年老いても社会で自分の存在を確認できる活動は楽しい。

生きがいは自分を活かす場面を自分で見つける、作るしか無い。彼は自分を活かす「場」をNPO活動に見出した。その甲斐が有って彼はNPO団体の理事として活躍している。

生きる目的がないシニア

生きる目的を見失った高齢者は毎日街中に外出している。目的もなく街中を歩き回る。カフェで足を休め、図書館で色々な新聞を読み、ちょっと昼寝をする。午後17時頃に家路につく。この繰り返しの人生はつまらない。趣味があっても趣味だけを1日中毎日やり続けられるだろうか。私は出来ない。

「ざんねんないきもの事典」の中に生きる目的を見失った高齢者が載るかもしれない。生きる目的さえあれば、残された人生の時間を楽しめる。高齢者にとって生きることを楽しめなくなったら何をして余生を楽しむのだろうか。誰もが生きる目的を持って老後の生活をしていない。

問題は生きる目的を探す、作る努力をしているかどうかである。

今、私が目指している事は・・・ 

  1. 自己完結型のインターネットビジネスに今のビジネスを転換すること 
  2. GYMで週3回、又は、それ同等の筋肉運動をすること 
  3. 夫婦で一緒に楽しめることを見つけて人生を楽しむこと 

先は見えないので何がどうなるか分からないが、3つの目標を習慣付けするために時間を投資している。既にある程度この目標は達成しつつある。来年は、これに新しい目標を加える。それを新しい習慣にする。新しい習慣を身に付けるとそこから生きる楽しさが生まれてくる。悪いことよりも良いことが増えてくる。

新しい習慣作りという目標

何事もやる続けると楽しいことが生まれてくる。多くの人は、やり始めたことを途中で止めてしまうため楽しみを味わうことなく人生を無駄にしてしまう。「石の上にも三年」ということわざがあるようにやり続けなければその恩恵を味わえない。

どんな高齢者でも人生の目標生きる目的は作れる。

今、生きる目的が見当たらないならばこの瞬間に一つでも良いから目標を紙に書くことである。紙に書くというアクションがトリガーになって駒が動き出す。サイコロを振り続けて次のアクションを起こす。駒はどんどん進む。それを続ける事で目標を達成しようとする生きがいが生まれてくる。

新しい習慣を作るとどんな恩恵があるか。誰もメリットがないことはやらない。

新しい習慣はこんな恩恵を与えてくれる

  1. 筋トレを新しい習慣にすれば、健康寿命を伸ばせるだけでなく衰えていく免疫力を強化する
  2. シニア男性が料理作りを新しい習慣にすれば、美味しい料理をいつでも好きな時に自分で味わえる
  3. 写真撮影を新しい習慣にすれば、街を歩く美人を写真に収めて若い女性の園を写真集に収められる
  4. 一日一膳を新しい習慣にすれば、社会に貢献したという満足感と困っている人を助けたという幸せ感を味わえる

新しい習慣作りは簡単に作れる目標になる。そんな目標を達成しようと行動する過程に生きがいが転がっている。

結論

今の人生に生きがいがないならば、生きている目的が見えていないのかもしれない。老後の生活は残りの人生を楽しむためにある。何かに没頭できる趣味や仕事、そして、目標があればそれが自分の時間を有効に使ってくれる。目標がない高齢者は新しい習慣を作れば良い。

新しい習慣は今まで体験したことがない恩恵を与えてくれる。その最大の恩恵は新しい習慣を作っている過程に見つかる生きがいである。新しい習慣作りが楽しくなれば、暇に襲われることが無くなる。残された人生の時間を満足が行くように使える。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。