老いて行く親が子供に出来る事は何か? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

老人になると今まで気にしなかった事が気になる。自分たちの子供の老後は今よりも劣悪になると予想される。それ故に、今子供に親が出来ることは何かを考える

子供にお金を残す事が本当に良いか疑問が残る。子供は親がいなくなっても今までの親からの教育で自分の生活が出来るように育てられてきたはずだ。就職で実家から独立して一人生活を始めれば、その時点で親から離れて自分の人生が始まる。

だが、親はいつまでたっても子供の事を心配する。親として最後に出来る事は何なんだろうか。

子供に自分の力だけで生きて行く「生き方のお手本」を見せる

金融資産など相続させるものがたくさんある老人は、経済的に子どもたちの生活を心配する必要が無いかもしれない。心配するのは、相続があるがために子供同士の関係がギクシャクすることだ。理想は、子どもたちに残すものがなくても子どもたちだけで十分生活が出来ることである。

つまり、

子どもたちは、自分たちで生活防御ができる生き方のスキルを手にしていることである。お金を上げるよりもお金の作り方を子どもたちに教えたほうが良い。

親が築いた会社を子どもたちが引き継いでも会社を倒産させてしまうのであれば相続させる意味が無い。そうなると、子供に生活力を教えるしか無い。自分たちだけで生きていける力だ。学校で学ぶ事は生活力を身につける内容ではない。

生活力は、他人に依存しないで自分の知恵や技術で食べて行く力である。会社に勤めても途中でリストラにあったり、定年退職になったりする。期間限定である。会社を離れたら、自分一人では何も出来ない。私は、子どもたちに一人になっても生きて行けるスキルと知恵を身に付けてもらいたいと思っている。

親は子供が何歳になっても子供の事を心配する。子供にしてみれば余計なお世話だろうが・・・。

親は、この世に生存する時間が短いと認識している。子供はまだまだ生きて行く時間がたくさんあるがため親としては、子供に苦労する生活を送ってもらいたくないと心配する。子供の人生は、お金だけで解決しない。後悔しない生き方をすることが一番重要だ。子供だけでなく老人になった親にも言えることだ。

老人の80%が、一番後悔していることにこんな事がある。

  • 人生を振り返ってチャレンジして来なかったことだ
  • 勇気を持ってリスクに挑戦してこなかったこと
  • 安全パイを摂り過ぎた人生を送ってきたこと

遣りたいことが怖く出来なかったり、勇気がなかったためにタイミングを逸したり、やりたいことを先延ばしにしたり、人生の節目節目に自分の判断で決断できなかったりする事で人生の終盤を迎えようとする人生だ。

人生は一度しか無い。節目節目でやらなかったらそのチャンスを逸する。やろうと思う時は、リスクが有り、勇気が必要になる。その時、どれだけ情熱を持ってアクションが取れるかだ。 

子どもたちにそんなことを教えるには、自分自身が後悔しない人生を送るしか無い。老人になってもやり残したことが有れば、子供に教えるために勇気を出して挑戦してみる。子供は既に大人だ。親の背中を観察しながら何かを学んで行く。なぜ、あの年令になって親はこんなことをやり始めたのかを自然に学ぶ。

親は、何歳になってんも親である。お手本を子供に示す必要がある。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。