買い物難民、ゴミ出し難民になる老人はなぜ生まれるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

買い物難民になる老人問題はニュースなどで知っていたが、ゴミ出し難民になる老人問題は初耳であった。

認知症になるとゴミ出し日が分からなくなる。足が悪くなり、歩くのが難しくなるとゴミをもってゴミ置き場に行けなくなる。一人で生活をしているため誰かがゴミ出しを代行できない。この3つが主な原因のようだ。普通の生活が出来なくなった時点でゴミ出し難民になる可能性は高くなる。

買い物難民になる老人は、電話さえできれば食料品や日常品を配達してくれるスーパーマーケット店が助けてくれる。ゴミ出し問題は、ゴミ出しを代行する便利屋に依頼するしかない。お金がいる。

一人で生活している老人はゴミ出しが出来なくなるとゴミ屋敷を作り出す!

誰もが最後は一人生活を送る可能性がある。長生きをすればするほど一人生活が当たり前になる。ゴミ出し難民になっている老人は、5年先、10年先にはいなくなるかもしれない。A.I.搭載のロボットがゴミ出しが自分で出来ない老人宅を訪問してゴミ出しを代行してくれる。そんなサービスが公共サービスとして生まれて来るのではないだろうか。

現在のゴミ収集車は、道路の脇のゴミ出し場を回ってゴミを収集している。この作業をゴミ出し難民宅まで延ばす事が出来れば、今でも問題を解決できるのだが、それが出来ない。ゴミ問題は、ゴミ出し難民だけに限らない。私たち夫婦にとってもゴミの分別とゴミ出し曜日は面倒な作業だ。

ゴミのリサイクルが家庭内で出来る仕組みが生まれれば、ゴミ出し問題も消えて無くなる。無い物をねだっても何も起きない。一つ思う事が有る。ゴミ出し難民になっている老人宅が分かっているならば、元気で暇な時間がある老人にゴミ出しを代行して戴けないだろうか。地域の自治体がそんなボランティアサービスを出来ると思う。

1週間に2回ぐらいゴミ出しを代行すれば、ゴミ屋敷を生み出さなくなる。継続してやるには、ゴミ出し代行ボランティアグループを結成してグループで対応する必要がある。人数が少ないと途中で止まる。負担が大きくなるからだ。負担を分散するには、ボランティア人数を増やすしかない。 

家事代行サービスでゴミ出しを依頼できるのだが、コストパフォーマンスが悪いので使えない。介護ヘルパーサービスにゴミ出しサービスがあれば、助かる老人は多いはず。それをやってくれる介護ヘルパーサービスが住んでいる地域があれば問題は解決する。横浜市は、ゴミの持ち出し収集サービスを行っている

一度、お住いの自治体でゴミの持ち出し収集サービスを行っているかを調べると良い。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。