シニアの目を引きつける若い女性の美貌はどこから来るのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

シニア男性にとって若い女性(大学生、20歳代、30歳代) はいつも光って見える。私だけであろうか。いいや、若さ自体が引きつけるのだ。若さは、美貌である

若い女性はお化粧をする必要は無いと思う。若さが美貌を引き立てているからだ。肌、体の弾力性、潤いがある髪の毛。見れば若さから来る美が見える。

厚化粧の若い女性は厚化粧が美貌を台無しにしている!

お化粧を否定しているわけでは無いのだが、お化粧を取った時の顔とのギャップが大きいと男性は引いてしまう。男性が求めているのは、お化粧で作り上げた美顔ではなく、明るく健康的な自然な美顔である。

美容整形が当たり前の韓国の女性の顔を見ると人工的な顔の作りを感じる。整形であるか、ないかは見れば分かる。作りすぎた美貌は美貌で無くなる。反動が大きい。どんなに美しい顔をした女性でもキャラクターが面白くない女性は酷くつまらない。

一方で、

お化粧はあまりしないが健康的で明るい笑顔を絶やさない女性は男性を磁石のように引きつける。シニアの男性であればあるほどその傾向が強い。お化粧で作られた美貌はすぐに見破られる。シニアはそれを経験から見分ける力がある。

ケバケバしいお化粧は、 低俗な男性しか引き寄せない。

スイスのジュネーブでソニーがTelecom Conference 2003でブースを構えた。その時、仕事でスイス人の女性アテンダントを数人雇用してブースを運営した。そのアテンダントの一人は、医学生であった。彼女のほかに数人、典型的な美人という女性たちがいたが医学生である彼女の美貌は、ひと味違っていた。

決して、美顔ではなかった。顔は自然なお化粧で柔らかいほほえみでいつも挨拶をしてくれた。ソニーブースには、私を含めて数十名以上のソニー社員が出たり入ったりしていた。懇親会のパーティーでは、なぜかおかしな現象が起きていた。医学生の彼女の前に若いソニー社員が列をなして名刺交換の挨拶をしていたからだ。

モデルのような美人アテンダントもそこにいたのだが、そのような現象は無かった。魅力はその人の心と教養から出てくるのだろうか。

お化粧は、自分の魅力をつぶさないで引き立てるためにある。厚化粧をすることで本来の自分の魅力をつぶしている場合が多い。若い女性は、自然な魅力を醸し出している。30歳代よりも20歳代女性の方がその自然な魅力が強い。若さが自然と体全体の魅力を醸し出しているからだ。

健康的で自然な美は飽きがこない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。