シニア男性は若い女性に何を求めるのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

シニア男性にとって若い女性(大学生、20歳代、30歳代) はいつも光って見える。私だけであろうか。シニアであれば誰でも若さに引きつけられるのだと思う。若さは、美貌である。若い女性はお化粧をする必要がないと思う。若さが美貌を引き立ててくれる。肌、体の弾力性、潤いがある髪の毛。見れば見るほど若さから来る美が見える。

若い女性の美

スターバックスで仕事をしてランチに出るのだが、若い女性たちの姿を遠くから眺めるときが多い。後ろ姿、ファッション、髪型、服装の色使いなど見る。若さが洋服からはみ出している女性もいる。タイトなジーンズ姿などはシニア男性を喜ばせる。

若い女性からシニア男性は若さをもらう

今年65歳のシニア男性であるが、20歳代の女性と会話が出来るスターバックスで仕事をしている。コーヒーを買う時に雑談をするだけであるが、このとき以外は若い女性と会話をするときがない。寂しいものである。若い女性とお喋りをするだけで私は若さのエネルギーを女性から貰う。

老いてくると若い世代に人たちと離れていく。若い世代の人たちと共通の趣味などがあり、趣味の団体で同じ活動をしていれば若い人たちと触れる機会が多いのだが私にはそんな機会がない。94歳の義父などは、長男の嫁31歳が正月にやってきたときほど幸せの顔を見たことがない。彼の生活範囲で若い女性に近づいて話をする機会がない。

私も同じ運命になると思う。それを避けるには若い女性と触れ合う場を自分で確保するしかない。居酒屋に行くと若い女性が注文を聞いてくる。厚化粧が目立つ。そんなにお化粧をしなくても十分美人なのだが、なぜ、お化粧をそんなにするのだろうか。

若い女性の厚化粧は若さを台無しにする

お化粧を否定しているわけでは無いのだが、お化粧を取った時の顔とのギャップが大きいと男性は引いてしまう。男性が求めているのは、お化粧で作り上げた美顔ではなく、明るく健康的な自然な美顔である。

美容整形が当たり前の韓国の女性の顔を見ると人工的な顔の作りを感じる。整形であるか、ないかは見れば分かる。作りすぎた美貌は美貌で無くなる。反動が大きい。どんなに美しい顔をした女性でもキャラクターが面白くない女性は酷くつまらない。

一方で、お化粧はあまりしないが健康的で明るい笑顔を絶やさない女性は男性を磁石のように引きつける。シニアの男性であればあるほどその傾向が強い。お化粧で作られた美貌はすぐに見破られる。シニアはそれを経験から見分ける力がある。ケバケバしいお化粧は、 低俗な男性しか引き寄せない。

美貌とその魅力はその女性が醸し出す雰囲気から生まれてくる

スイスのジュネーブでソニーがTelecom Conference 2003でブースを構えた。その時、仕事でスイス人の女性アテンダントを数人雇用してブースを運営した。そのアテンダントの一人は、医学生であった。彼女のほかに数人、典型的な美人という女性たちがいたが医学生である彼女の美貌は、ひと味違っていた。

決して、美顔ではなかった。顔は自然なお化粧で柔らかいほほえみでいつも挨拶をしてくれた。ソニーブースには、私を含めて数十名以上のソニー社員が出たり入ったりしていた。懇親会のパーティーでは、なぜかおかしな現象が起きていた。医学生の彼女の前に若いソニー社員が列をなして名刺交換の挨拶をしていたからだ。

モデルのような美人アテンダントもそこにいたのだが、そのような現象は無かった。魅力はその人の心と教養から出てくるのだろうか。

お化粧は、自分の魅力をつぶさないで引き立てるためにある。厚化粧をすることで本来の自分の魅力をつぶしている場合が多い。若い女性は、自然な魅力を醸し出している。30歳代よりも20歳代女性の方がその自然な魅力が強い。若さが自然と体全体の魅力を醸し出しているからだ。健康的で自然な美は飽きがこない。

高齢者専用のデリヘリに通うシニア

若い男性たちと違って肉体的に衰えたシニアは20歳代の若い女性の美を求めてデリヘリに通う。若い女性を間近で眺めてお喋りをする行為で満足している。彼らの欲求は若い女性と触れ合う機会をお金で買っているだけ。ホテルの部屋で二人っきりでじっくりと若い女性の美を眺める。

なぜ、眺めるだけなのか。シニアは若さを眺めるだけで感じ、若さのエネルギーを女性からもらっているのではないかと私は思っている。若いものは肉体的欲求を解消するためにデリヘリを利用するが、シニアは若い女性との触れ合いを求めてデリヘリを利用する。

自分が失ってい行く若さを若い女性と触れ合うことで取り戻そうとするのだと思う。

結論

シニアの男性たちは若い女性を眺める習慣を身に付けると若さが体に戻ってくる。肉体的にもう興奮する歳ではないが若い女性の美貌を見るだけで喉の渇きが癒される感じがする。スターバックスのお店で働いている女子大生アルバイト店員は皆美しく見える。若さが顔に、体に出てきている。

高齢者専用のデリヘリに通う高齢者がいる。彼らは肉体的な欲求を満たすためではなく、若い20歳代の女性を眺めたり、会話をしたりするだけで60分間から90分間の時間をお金で買っている。高齢者は若い女性と会話をする機会が少ないし、目の前でじっくり若い女性の体を眺めることもない。

彼らが求めているのは若い女性が持つ若さという美貌ではないか。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。