お金の賞味期限が切れる前にシニア夫婦は旅行を楽しむべきでは? - 仕事、健康、筋トレ、暇

Alexsandoria in virginia

この写真は、2015年の4月にWashington, D.C.とVirginiaを訪問したとき海外の観光客があまり行かないAlexandria市のWater Frontである。本当に絵になる光景が沢山あった。

この米国旅行は、私の還暦祝いであった。全てカスタムメイドの旅行スケジュールで時間を自由に使った。私たちにとって時間が一番貴重だ。一緒に楽しい時間を過ごすことが人生の中で最優先される。

米国旅行から既に5年が経過した。コロナ禍で海外旅行も直ぐにはいけない状態になった。今年は夫婦で国内旅行に出かけるしか無い。コストは下がる上に言葉の面での問題も文化の違いもなくなる。旅行は私達シニア夫婦に非日常体験をいつも与えてくれる。

貯めているお金には賞味期間がある。60歳代で行く旅行と80歳代で行く旅行では味わいが違ってくる。老いからくる健康障害で体の調子が良くないと使うお金がたくさんあっても使っただけの感激を受けない。夫婦ともに健康で元気な時に旅行に行くべきだ。同じ20万円の旅行で80歳代よりも60歳代のほうが味わい深い旅行ができる。

夫婦で旅行をして老後の人生を楽しむ 

60歳代、70歳代で普通の生活が出来ていれば、夫婦で時間を共有する「旅行」が一番良い。団体旅行ではなく自分たちで自由に作り込んだスケジュールでゆっくりと旅の時間を味わう。団体旅行は時間に追われる。自分たちで計画した旅行スケジュールであれば、その時の状況に応じて時間を自由に変更できる。

老後は旅行にお金を使う

シニアはいつも老後の事でお金のことばかり考えている。お金を有意義に使うためにはどうしたら良いかを考えない。お金には賞味期限がある。お金を使って味わえる感覚が体にないと使う意味が無い。自分の体が健康で自由に動かせる状態であれば、「賞味期限があるお金」を有効に使う事ができる。体が不自由になったら、お金がどんなに沢山あっても味わえるべきものが味わえない。

まだ体力があり、どこに行っても不自由をしない時期に夫婦で味わい深い時間を旅行で共有する。私たち夫婦は海外旅行で少ないお金を賞味期限があるうちに使った。パッケージ旅行と比較すると贅沢な旅行になる。お金が普通以上にかかるが、夫婦の記憶に残る満足が行く旅行であった。 

旅行は、一人旅もあるが私にとっては一人旅は寂しい。人生の伴侶と一緒に夫婦旅行を楽しむ時が一番幸せである。夫婦で一緒に旅行に出かけられる時間は限られている。70歳を過ぎれば老化現象で体が言うことを聞いてくれなくなる。お金はお互いが元気な内に使う。お金の賞味期限は自分たちが健康でいられる間になる。

夫婦で一緒に旅ができれば何処に行っても楽しい

70歳になるまであと5年間ある。この5年のうちに時間を夫婦で共有する非日常的な旅行体験を沢山しようと思う。子供も大人になり夫婦だけでいる時間が増えている。結婚して子供が出来る前の生活と同じ環境が始まっている。

違うのは、お互いに歳を取っていることだけ。その分、お互いのつながりは太い。以心伝心で物事が伝わる。お互いを思い合い、一緒に生きていられる時間を大切にする。いずれどちらかが別の世界に旅立つときが来る。

それまで、出来るだけ夫婦で旅行に出かけ、人生の寄り道を楽しみたい

今年の4月に夫婦で長崎と博多を観光する予定でいた。新型コロナ感染で旅行はキャンセル。この夏は八ヶ岳のリゾートホテルに夫婦で宿泊する予定。政府が推し進めるGo Toトラベルキャンペーンを活用する。宿泊料金が高いリゾートホテルに宿泊していつもと違った気分を味わいたい。

結論

お金は生きている内に使うほうが良い。それも元気で健康な体を維持できている年齢の時にお金を使うのが老後の生活で重要になる。旅行がシニアにとって一番の楽しみになっている。私達夫婦は70歳になるまでに出来るだけ多く海外、国内旅行に出かけたいと思っている。体が不自由になってからではお金を有効に使えなくなる。お金は人生を楽しむために使う。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。