認知症を防ぎたいシニアに必要なものは何? - 仕事、健康、筋トレ、暇

私が所属するNPO団体には、約220名のシニア会員がいる。中小企業の経営支援のために設立されたNPO団体なのだが、会員が全てその目的のためだけで参加しているのではない。

多くの会員は、既存会員である方から「お~い、おまえ暇しているならばこのNPO団体に入らないか!用事と行く場所が出来るよ!」と言うお誘いで集まってきている。

私を含めて老いてくると認知症になるリスクが高くなる。暇になると脳を刺激することがなくなる。それが認知症を生み出す土台になる。NPO団体に参加してくるシニアは生活に刺激を求めてやってくる。暇と認知症から逃げるための手段としてNPO団体に参加する高齢者が多い。

認知症を防ぐには脳に刺激を与え続けることである。暇を少なくする活動を生活のリズムの中に取り入れる。

暇を少なくする活動が認知症予防になる

年金生活が始まり、生活するために働く必要が金銭的になくなると生活のリズムが狂い始め生きがいが消える。これは精神衛生であまり良くない。生きて行こうという気力を失い始める。68歳の知人がいる。完全に年金生活をしている。彼は目的を持った生活をしている。

彼なりに自分の生活のリズムを作っている。NPO団体に参加したり、野菜栽培をしたり、山に登ったり、定期的に体を動かしている。彼のように自分で生活の枠を作り上げられる人は認知症になりにくい

NPO団体での活動

私が所属するNPO団体の人は、別に中小企業を支援したくて団体に入ってきたのではないという人が多い。やりたい人がやれば良いという緩いルールで運営されている。むしろ、毎日自宅で何もしないでいる自分を何とかしたいという意欲でNPO団体の定例や活動に参加している人が多い。

ある方は、定例会後の懇親会だけに参加する。仲間がほしいからだ。別な人は、世の中の動きを知るための情報を求めに定例会に参加する。私は、自分の本業があるのでそのスキルが社会に貢献できる「場」として半分ボランティアで参加している。嫌になったら、何時でも退会しても良いという心境で参加している。

目的を持った生活

定期的に目的を持って外出が出来る。そんな機会を求めてNPO団体に参加する人が多い。無目的に残り少ない人生を送っている老人が多い。確かに、現役を退いて新しい世の中の動向に疎い老人に現役と同じような社会的な活動を求めるのは無理である。

社会の負担にならないために老人が出来る事がある。それは、認知症にならないことである。シニアに生きる目的(用事)と行くべき「場と機会」を提供すれば、シニアの健康寿命は延ばせる。シニアの健康は精神的な要素が大きく作用する。目的を持った生活のリズムを持つことで脳を活性化できる。それが認知症予防になる。

体を動かす習慣

定年退職後のシニアの生活で一番悪いことは体を動かすことが少なくなることである。現役時代では通勤と仕事で体を常に動かしていた。それが退職して年金生活を始めると体を定期的に動かす必要がなくなる。脳は体を積極的に動かすだけで刺激を受ける。それが認知症予防になる。

定期的に体を動かすにはどしたら良いか。

  1. 朝夕の散歩
  2. 週2回の筋トレをスポーツジムで行う
  3. アルバイト(チラシの投げ込み)やパートの仕事ができるならやる
  4. 家事の手伝い:自宅とお風呂の掃除、洗濯
  5. 自宅以外の場所に出かける(図書館、カフェ、公園)

自分で目的を作って行動を起こせば、自然と体を活発に使うようになる。

結論

認知症はシニアの老後で誰もが怖がる病気である。認知症予防になる情報はシニアにとって重要。年金生活を送り始めると暇な時間をどう過ごすかという問題に直面する。この暇という問題が認知症を早める原因になる。暇な時間が増えれば増えるほど脳を刺激することが少なくなる。

シニアは暇な時間をできるだけ少なくする生活を送る必要がある。暇な時間を有効に使う事ができれば、自然と認知症予防になる。活動的に体を動かすことになるからである。常に体を動かす活動を生活のリズムに取り入れる。それが認知症予防である。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。