認知症予防でシニアに必要なものは何? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

私が所属するNPO団体には、約220名のシニア会員がいる。中小企業の経営支援のために設立されたNPO団体なのだが、会員が全てその目的のためだけで参加しているのではない。

多くの会員は、既存会員である方から「お~い、おまえ暇しているならばこのNPO団体に入らないか!用事と行く場所が出来るよ!」と言うお誘いで集まってきている。

そうである。用事と行く場所がNPOにあるのである。

用事と行く場所がなくなると認知症が発症する

年金生活が始まり、生活するために働く必要が金銭的になくなると生活のリズムが狂い始め生きがいが消える。これは精神衛生であまり良くない。生きて行こうという気力を失うからだ。68歳の知人がいる。完全に年金生活をしている。

彼なりに自分の生活のリズムを作っている。NPO団体に参加したり、野菜栽培をしたり、山に登ったり、定期的に体を動かしている。彼のように自分で生活の枠を作り上げられる人は認知症になりにくい

私が所属するNPO団体の人は、別に中小企業を支援したくて団体に入ってきたのではないという人が多い。やりたい人がやれば良いという緩いルールで運営されている。むしろ、毎日自宅で何もしないでいる自分を何とかしたいという意欲でNPO団体の定例や活動に参加している人が多い。

ある方は、定例会後の懇親会だけに参加する。仲間がほしいからだ。別な人は、世の中の動きを知るための情報を求めに定例会に参加する。私は、自分の本業があるのでそのスキルが社会に貢献できる「場」として半分ボランティアで参加している。嫌になったら、何時でも退会しても良いという心境で参加している。私の人生にとって必須ではないからだ。

でも、

定期的に目的を持って外出が出来るという機会を求めて参加する人が多い。無目的に残り少ない人生を送っている老人が多いのが現実だからだ。確かに、現役を退いて新しい世の中の動向に疎い老人に現役と同じような社会的な活動を求めるのは無理である。

社会の負担にならないために老人が出来る事がある。それは、認知症予防だ。シニアに生きる目的(用事)と行くべき「場と機会」を提供すれば、シニアの健康寿命は延ばせる。シニアの健康は精神的な要素が大きく作用する。シニアは自分で刺激を受け付けなくなる傾向がある。忍耐力も落ちる。新しい事への好奇心も少なくなる。

無理をする必要はない。適度な刺激と社会へのつながりを維持できれば、バランスが取れたシニア生活が送れる。シニアにはシニアが活躍できる場所と機会があると思う。そんな場所と機会を第三者に期待して出来るのを待つのではなく自分たちで作っていく姿勢がほしい。それ自体がシニアに生きがいを与える。誰もがいずれシニアになるからだ。これからシニアになる人のために作るという目的が生まれる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。