自分で介護負担を減らすにはどうすれば良いか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

介護されないためにすることは足の筋肉を鍛える事

介護が必要になるシニアは、認知症、他の重い病気、そして、足の筋肉の低下で歩けなくなる人たちが多い。病気で介護になるのはどうしようも無いが、足の筋肉の低下で介護が必要になるのは防げる。

家族に迷惑をかけないようにするには足の筋肉を鍛える事だ!

介護による家族への負担は、大きい。経済的にも労働的にも精神的にも負担は大きい!

この事実を踏まえて、シニアの自分が出来る事は、足の筋肉を鍛え続ける事である。足の筋肉の低下で動けなくなる高齢者は多い。それが当たり前のように思われているが、足の筋肉を鍛え続けていれば歩けなくなる年齢をずっと先に延ばせる。農業をしている高齢者を見てほしい。彼らは90歳以上でも普通の人のように歩いている。

野良仕事で足を鍛えているからだ。自分の体重以上の負荷を体に受けながら毎日野良仕事をしているから自然と体の筋肉が強化される。特に足の筋肉は、野良仕事において一番負荷が大きいので自然と筋肉の低下を防ぐ。

私のように元会社員の出身者は、意識的に足の筋肉を鍛える習慣を持たないと駄目だ。

動物の世界も足を怪我して動けなくなれば死が待っている。人間も同じではないだろうか。寝たきりの生活に入ると体力や筋力が急激に衰える。そこで介護でのリハビリが必要になる。

だから、

家族に迷惑をかけないために普通の人のように自分で歩ける足の筋力を温存する必要がある。自分で歩ければ、介護を必要としない。車椅子も購入する必要も無い。自分で動ける自由を失わないためにも今から足の筋肉を鍛えるのが必須だ。これを真剣に考えていないシニアが多い。

毎日散歩していれば大丈夫と思っている。足の筋肉は、普通の生活での負担では時間と共に衰えていく。普通以上の負荷を足の筋肉に与えて筋肉痛を起こさなければ筋肉は活性化されない。

簡単な足の運動で筋力を付けられる。ただし、継続して行う必要がある。

こちらのページも参考になる:70歳から足の筋力(筋肉)を付けるにはこの運動をしてはどうか!


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。