シニア男性の若さは性欲と食欲か? - 仕事、健康、筋トレ、暇

what

女性 > 盆栽 > 石と興味や趣味が移っていくと男として終わりを告げることになる。若い気持ちを持ったシニア男性は若い女性に魅力を感じる。女性も同じではないか。若いイクメンの男性に目が行かなくなったシニア婦人ならば女性としての本能が薄れていっている。

男性が老いてくると肉体的な老化が生殖活動に影響する。若者のような性生活は出来なくなる。ここに男としての本能的な若さが残っているか、いないかが判断される。本能的な欲として性欲と食欲がある。老いると肉体的性欲が衰える。食欲も少食になる。

シニア男性の若さを計る上で性欲と食欲は良い目安になる。

生まれ持った本能(性欲と食欲)に若さが出る

男は、本能的に種を残すというドライブが植め込まれている。それが、結婚して子供を育て終わっても生き続けるのだが人によってその活力を失う場合がある。

肉体的から精神的な欲求に変わる年齢で若さが分かる

人生を楽しもうとするシニアは、本能を喜ばせる活動を続ける。楽しさは、(1)性欲(2)食欲 に出てくる。性欲は、美しい物への愛着。お金があれば、美しい秘書を雇って身の回りのことをやってもらえる。多くのシニア男性はそんな贅沢な環境を持てない。

しかし、食欲は、多くのシニア男性でも満たせる。死ぬ前に美味しいものを食べてから死にたいという欲求は、お金で解決する。それも安価に解決する場合が多い。

シニア男性の性欲は肉体的欲求よりも精神的な欲求が強くなる。老いてくれば、若者と違って肉体的な欲求が弱まる。マスタベーションもやらなくなったら、おしまいである。本能から来る男としての欲求が弱まってくると肉体的な欲求から精神的な欲求に代る。シニア男性の若さを知るサインとして性的な欲求が肉体から精神に変わっているかどうかで分かる。

いつも不思議に思っていることがある。子供の頃は、若い女性のおしりを見ても何にも感じなかった。大人の男性が女性のおしりを見つめたり、触ったりする理由が分からなかった。子供から少年、青年、大人になるにつれて頭で理解するのではなく本能で理解するようになる。

男の性は本能に依存する。男として性を感じられなくなったら、性の本能が弱まってきたと言うこと。別の言葉で言えば、男としての役割は終わり始めている。その時、肉体的にも精神的にも老人になったと悟ることになる。

若者とシニアでは食欲も消費エネルギーも違う

若さの違いは生命エネルギーになる食べる物と量に出る。若者は高カロリーを求める。たくさん食べても体を動かす活動が多いと消費できてしまう。シニアは高カロリーになる食べ物よりも少カロリーの粗食を好み始める。肉から魚、そば、うどんなどさっぱりした食べ物を好みだす。

70歳を過ぎると体の筋肉が失われ始めて枯れ始める。体を動かす活動量も減るため食欲も減退する。生きていく上で必要以上の食物エネルギー量も減っていく。

体をあまり動かさない生活は食欲を減退させる。若さは使うエネルギーの量で決まる。このチャートを見てほしい。若者とシニアでは消費カロリーがこんなに違う。

年齢別消費カロリー(引用先:日経Gooday知って得する栄養学

18歳から29歳(普通)で消費カロリーが2650あり、70歳以上では2200になる。身体活動レベルが高いシニアは2500カロリーである。若さは消費エネルギーの違いで分かる。

肉体的な若さを高める方法

消費エネルギーを高くさせる生活をすることで生命エネルギーも高くなる。食欲旺盛なシニアとそうでないシニアでは健康寿命が違う。身体的な活動量が少なく、食べる量も少ないシニアは口から取り入れる生命エネルギーの元が小さい。時間の経過で低栄養状態の体になっていく。

若さは口から取り入れる食べ物(生命エネルギーの材料)の量で変わってくる。摂取エネルギーと消費エネルギーがうまくバランスすれば肥満や低栄養状態にならない。自分の体の状態を知る上でBMI値がある。このチャートを見てほしい。

BMI
(引用先:日経Gooday知って得する栄養学

70歳以上のシニアBMI値は上限が24.9で下限が21.5である。若者(18歳から49歳)上限は同じだが、下限が18.5になっている。この違いは「高齢者は痩せすぎは良くない。」ということを意味している。摂取エネルギーを多く取り痩せすぎない。同時に消費エネルギーを増やして肥満にならないようにする。

ここで分かることは

  1. 食べる量を増やす
  2. 筋トレをして消費エネルギーを増やし、余分なエネルギーを消費する
  3. BMI 24.9を越えない

結論

シニア男性の若さは性欲と食欲で判断できる。男性は子孫を増やすために異性との接触を求める性欲が本能として植え付けられている。その欲求度は老化につれて衰えていく。性欲も肉体から精神的な性欲に代わる。そして、最後は性欲がなくなる。この時点で完全な老人になる。

食欲面でも若さの違いが出る。口に入れる食べ物の量は摂取エネルギーとして生活に使われる。摂取エネルギーが少ないと消費エネルギーも少なくなる。シニアが若さを肉体的に保つには摂取エネルギーを増やして痩せすぎないことである。摂取エネルギーでBMI 24.9を越えないで筋トレなどをして消費エネルギーを増やす。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。